イルビゾンテ

イルビゾンテとは、1969年にイタリアで誕生した革製品ブランド。 シンプルでクオリティの高いアイテムを送り出すイルビゾンテは瞬く間に注目を集め、現在では世界中の人々から愛されるブランドに。



フェリージ

フェリージとは、1973年にイタリアのフェラーラで革工房として誕生したブランド。 その後、国内だけでなく海外からも高く評価され、今では世界中から愛されるブランドへと成長を遂げた。



ユナイテッドカラー オブ ベネトン / シスレー

UNITED COLORS OF BENETTON、SISLEYは、どちらもイタリアのブランドであるベネトンが運営するブランド。レディース、メンズ、キッズの様々なアイテムを展開している。



ルチアーノ・ソプラーニ

ルチアーノ・ソプラーニとはイタリアで誕生したブランドです。 創始者であるルチアーノ・ソプラーニ氏は21歳の時にMax.Mara(マックスマーラ)でデザイナーとして働き、1978年には単身ミラノで活動をスタートさせます。



ガス

ガスとはイタリアで誕生したデニムブランドです。 「KEEP IT SIMPLE」をブランドコンセプトに掲げ、デニムを中心にトップスやアウター、フットウェア、アクセサリーなど幅広いアイテムを展開。



フランクリン&マーシャル

フランクリン&マーシャルとは、1999年にイタリアのヴェローナで誕生したブランドです。 「アメリカンカレッジ&スポーツスタイル」をブランドコンセプトに掲げ、カジュアルで味のあるアイテムを展開しています。



ヴァベーネ

イタリアのウォッチブランド。 様々なコラボレーションや、遊び心のあるアイテムを話題を集めてきたブランド。 イタリアはもちろん、世界中の人々から高い評価を得ている。



スーパー

「SUPER(スーパー)」はヨーロッパを代表するセレクトショップで展開している、最も注目を集めているブランド。 性別を問わずに、様々な国の人から高く評価されている。



ソンモ

ブランド名の「sommo」とは、イタリア語で「至高の~」という言葉に由来する。 「ルイ・ヴィトン」をはじめ、多くの一流ラグジュラリーブランドのサンダルの製造、デザイン企画を請け負っていることで知られているブランドでもある。



リトモラティーノ

「Ritmo Latino」のブランド名は「ラテンのリズム」という言葉に由来する。 古代にインスピレーションを受けたというドームウォッチが有名で、世界中におおくのファンを持つブランドである。



ロートレショーズ

1959年に誕生したシューズブランド。 イタリアの老舗靴工場で生産されるアイテムは、クオリティ・デザイン性ともに優れており、多くの女性からの支持を得ている。



リプレイ

デニムを中心に展開するイタリアのカジュアルブランド。 展開するアイテムのほとんどがイタリア国内で生産されており、ハイクオリティなデザイン性の高いデニムが圧倒的な支持を得ている。



アグロナチュラ

「Agronatura(アグロナチュラ)」とは、日本との共同開発によって生まれたイタリアのリアルオーガニックコスメ。 オーガニック原料を使用すること、人の手で生産することにこだわっており、すべての製品でヨーロッパ有機認証を取得している。



ヴァガリー

創業1896年のVeglia社が母体。 フェラーリ、フィアット、アルファオメオ等、ヨーロッパを代表する数々のモータービークルにスピードメーターを提供してきたほどの名門で、かつて存在したイタリアで最も古い歴史を持つ、時計機器メーカーである。



スウィート イヤーズ

2003年に誕生したブランド。 世界的なサッカー選手でありイタリアの国民的英雄、パオロ・マルディー二(Paolo Maldini /AC MILAN)とクリスチャン・ヴィエリ(Christian Vieri/ATALANTA)の二人によって立ち上げられた。



マリオス

2000年に誕生したブランド。 イタリアのミラノにショールームを置き、世界中で幅広く活動している。



マジス

「MAGIS(マジス)」とは、、「日常使いの製品にこそ、優れたデザインを」をテーマに、最先端の技術とデザインを日常の製品に取り入れ、インテリアデザインに新しい変化を与える家具・家庭用品ブランド。 1976年にユージニオ・ペラッツァ氏によって立ち上げられた。



カルテル

1949年に創業された、イタリア最大のプラスチック家具メーカー「kartell(カルテル)」。 「アンティークになり得るプラスチック家具」をポリシーに、プラスチックのイメージを覆す、機能も兼ね備えた美しい家具を提案し続けている。



ロメオ・ジリ

創始者であるロメオ・ジリは1949年、イタリアのファエンザ州に生まれた。大学では建築学を専攻し、20代の頃に南北アメリカ、中国、インド等を巡り、その後独学でデザインを手がけることとなる。1978年、ニューヨークで本格的にファッションデザイナーとして活動を始め、1983年「ロメオ・ジリ」でミラノコレクションで発表し、評価を得る。



ロベルト・カバリ

創始者であるロベルト・カバリは、1940年にイタリアのアーティスト一家に生まれた。幼少の頃から芸術に触れて育ち、自身もフィレンツェ・アート・アカデミーで学ぶ。アートとファッションの関係に興味を持ちはじめ、様々なパターンのプリント技術を施したTシャツを作成し、これを売って収入を得た。その後、革にプリントするという技術の特許を取得し、この技術はのちにテキスタイル業界で、話題となった。後にこの技術は幅広く活用されることとなる。



ロベルタ・ディ・カメリーノ

ジュリアーナ・カメリーノによって設立されたブランド。イタリアのヴェニスに工房を持ち創業された「ロベルタディカメリーノ」のブランド名は、俳優であるフレッド・アステアの「ロバータ」をイタリア読みにした「ロベルト」と、自身の名前である「カメリーノ」を組み合わせたもので、青春時代の思い出にちなんで名付けられた。



レネ・カオヴィラ

「レネ・カオヴィラ」は1934年に、創始者であるレネ・カオヴィラによって設立された高級靴ブランドである。もともと父がオーダーメイドのようなスタイルで行っていた靴作りの手法に、自身のスタイルを加えた形でブランドは創業した。イタリア・ヴェネチア郊外のストラ地方を拠点にしており、職人が手作りで生産を行った。



ミュウミュウ

「プラダ」創業者である、マリオ・プラダの孫であるミウッチャ・プラダによって設立されたブランドである。ミウッチャ・ブラダは1950年にイタリアのミラノに生まれた。ミラノ大学では政治学を専攻し、博士号を受ける。「ミュウミュウ」のブランド名は、ミウッチャ・プラダの幼少時代の愛称に由来しており、清楚でシンプルなデザインが女性から絶大な支持を得て、国内外を問わず進出し急成長を遂げた。



ミスシックスティ

創始者であるヴィッキーハッサンは1955年リビアのトリポリに生まれた。ミラノ大学を卒業し、1984年にセレクトショップ「エナジー」をオープンさせ注目を集める。その翌年にはデニムコレクションを発表し、1989年、シックスティグループを立ち上げ、1991年にブランド「ミスシックスティ」を設立。



マンダリナダック

「マンダリナダック」は、1977年にパオロ・トレントと幼馴染みのピエロ・マンナートによって設立されたブランドである。幸福と誠実の象徴でもある東洋のカモから影響を受けてバッグを作られたことから、そのロゴマークにもカモが使用されている。



ボルボネーゼ

ボルボネーゼ家によって設立されたブランドである「ボルボネーゼ」をだが、ブランド開始以前はバッグ、帽子、ジュエリーなどアクセサリー系のブティックを営んでいた。ブランドとしての始まりは、1950年代にエマニュエル・ウンガロとコラボレーションを行い、「ボルボネーゼ」を立ち上げたことから始まる。



ペルソール

「ペルソール」は1938年にジュゼッペ・ラッティによって設立されたアイウェア・ブランドである。ブランド名はイタリア語で「太陽のため」を表し、「太陽光線を防ぐ」という意味合いが込められている。



プレミアータ

イタリアのシューズ・メーカー。プレミアータを手がけるGRAZIANO MAZZA社(G.M社)は、イタリアのモンデグラナーロにて1885年に創業した長い歴史を誇るメーカーである。



ブリオーニ

「ブリオーニ」は、1945年に「アトリエ・ブリオーニ」として設立された紳士服ブランドである。



ブライアン・アトウッド

創始者であるブライアン・アトウッドはアメリカのシカゴ郊外に生まれた。南イリノイ大学で芸術と建築学を専攻し、その後ニューヨークに渡り、FITで服飾デザインを学ぶ。卒業後は、ヨーロッパに渡りデザイナーのキャリアを積む。96年から「ヴェルサーチ」で靴などのアクセサリーを中心としたラインを手掛ける実力を積み重ねた。2001年、独立して自身のシューズブランドとなる「ブライアン・アトウッド」を立ち上げ、世代を問わず人気のブランドとなった。



フルラ

1927年にアルド・フルラネットがアクセサリー関連のレザーを取り扱う企業を創業したことが「フルラ」の始まりだった。



フランチェスコ ビアジア

1977年、イタリアのビチェツァで、フランチェスコ・ビアジアによって設立されたことがブランドの始まりとなる。「ラグジュアリーだが、多くの人が楽しめるバッグ」をコンセプトに、美しい色使いと、個性的なデザイン作りが人気のバッグブランドとなっている。



フィオルッチ

1967年イタリアのミラノに設立されたブランドである。1970年代には若者に人気となり急成長を遂げるが、1980年代からは経営的な問題を抱え、1990年、日本のジーンズメーカー「エドウィン」が「フィオルッチ」を買収する。



パオラ・フラーニ

創始者であるパオラ・フラーニは、1962年イタリアに生まれる。モデナの芸術学校で学ぶび、80年代半ばに会社を設立して、ブランドを開始する。



トラモンターノ

トラモンターノは、1865年にアルド・トラモンターノによって設立されたブランドである。イタリアの伝統的な縫製技術を持つ衣料メーカーなどで構成される、クラシコ・イタリア協会の会員の中では、唯一のバッグ&レザーアクセサリーの由緒あるブランドであり、第二次世界大戦後、革製品を中心に、小物、財布、バッグ、旅行用バッグ、スースケース、ベルトなど、展開を進めた。最高品質の素材を使用しているブランドであり、オーダーメイドやバッグの修理など、顧客へのサービスも高い品質となっている。



デュベティカ

「デュベティカ」はジャンピエロ・バリアーノによって設立されたブランドである。ブランド名の由来は、フランス語で「ダウン」を意味する「デュベ(DUVET)」と、イタリア語で「倫理・道徳」を意味する「エティカ(ETICA)」を組み合わせて造られた言葉から成る。



デズモ

1975年イタリアのフィレンツェで、ガブリエル・ファンタッピエとその父が親子で創業したことから始まる。「デズモ」は、バッグを中心としたアクセサリーを取り扱う、イタリアのレザーブランドであり、バッグの他にも、財布、キーケース、靴など幅広く取り扱っているブランドである。



ディーゼル

創始者であるレンゾ・ルッソは1955年イタリア北東部のパドヴァに生まれた。産業織物製造学校を卒業。1978年には、地元の幾つかの製造業者から構成される団体に加わり「ジーニアスグループ」を形成する。その後、レンゾ・ルッソとアドリアノ・ゴールドシュミッドにより、「ディーゼル」が誕生する。



ディースクエアード

ディーン・ケイティンと、ダン・ケイティンらの双子の兄弟によって設立されたブランド。ディーン・ケイティンとダン・ケイティンは1965年、カナダに生また。1994年、パリの展示会「SEHM」で初めて「ディースクエアード:D2」の名でコレクションを発表し評価を得る。その後、レディスラインも発表し、全国的に展開を進める。



ディエゴ・ドルチーニ

ディエゴ・ドルチーニはイタリアのシューズブランドである。デザイナーのディエゴ・ドルチーニはイタリアのナポリに生まれた。大学では建築学を専攻し、その後ファッション・デザインを学んだ。主にブランドのシューズデザイナーとして活躍し、GAPや、ブルーノ・マリ、トム・フォードに招かれ、グッチ、ドルチェ&ガッバーナなどでシューズデザイナーとして経験を積み実力をつけたまた、。グッチではクリエイティブディレクターとして活躍し話題となる。



ダーク・ビッケンバーグ

創始者である、ダーク・ビッケンバーグは1962年にドイツのケルンに生まれた。1981年、アントワープ王立美術アカデミー卒業し、卒業コレクションでは「アントワープの6人」の1人として注目を集めるたことで知られる。1984年より、ジャン・ポール・ゴルチエで経験を重ね優秀な成績を収める。その翌年にはメンズのシューズコレクション「DB」で会社を設立し、1986年のコレクション発表によって、ファッション業界での地位を確立する。



ダニエル&ボブ

「ダニエル&ボブ」は、1976年に創立されたバッグを中心に取り扱うイタリアのブランドである。本来、ブランドとしてのスタートは、1本のベルトの企画と生産からスタートしたが、現在ではバッグを中心に、その他にも財布やポーチなどレザーアクセサリーを幅広く取り扱っており、その中でもシンプルでありながら機能性の高いショルダーバッグが人気の高いブランドとなっている。



セルッティ

1881年に設立された「セルッティ」は当初イタリアの綿工場だったが、50年代半ばにアパレル製品の生産に乗り出し、1957年、「ヒットマン」というブランド名でミラノコレクションにてメンズウェアを発表した。自身のブランド内で製造から完成品に仕上げるまで一貫して行う手法が注目を集めた。



セルジオ・ロッシ

セルジオ・ロッシはイタリアのシューズブランドである。レディースの靴を中心に取り扱っており、その他にハンドバッグや、メンズシューズも限定的に取り扱っている。



ジョルジオ・ブラット

イタリアに生まれた、ジョルジオ ブラットによって設立されたブランド。イタリアの革職人の家系に生まれ、2003年に父親から事業を引継だ際に設立された。



ジャンヴィト・ロッシ

「ジャンビト・ロッシ」はイタリアのシューズブランドである。イタリアの有名靴ブランドの一家に生まれ、父は有名なセルジオ・ロッシである。20年以上父の元で経験を積み、2007年の春夏シーズンから自身のブランドとなる「ジャンヴィト・ロッシ」を設立し、カーボンファイバーをソールに使用した軽量サンダルが話題となり、注目を集める。その新しい発想が評価され、アメリカの高級雑貨店などで取り扱われるようになる。



サントーニ

「サントーニ」は1977年にアンドレア・サントーニによって設立されたイタリアの靴ブランドである。「サントーニ」は「グッドイヤー・アルタッコ」という独自の製法で有名であり、その他にも「マッケイ、グッドイヤー」などの製法や、「サンクリスピーノ、ベンティヴェーニャ」などの製法もモデルに合わせて用いている。



クルチアーニ

1966年にイタリアのペルージャでMaglital社が創業した、ニットウェアのブランドである。クルチアーニはカシミアを全てハンドメイドで編んだコレクションなど、最高級の素材を使用し、現代的で洗練されたニットコレクションが人気となっている。



クリスティーナ・ティ

「クリスティーナ・ティ」は、クリスティーナ・タルディートがイタリアのトリノで、1987年に創業したことから始まる。父が下着のメーカーである「TAMIGI」を経営していたことから、工場系のランジェリーブランドからスタートした。



カサディ

1958年にクイント・カサディとフローラカサディによって設立されたブランド。「カサディ」は、イタリアのシューズブランド。ジュゼッペザノッティやマノロ・ブラニク等もカサディで経験を積んだ後に独立し、靴のブランドを設立した。



オロビアンコ

1996年、ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニとエリサ・ロヴァティによって立ち上げられたブランド。「オロビアンコ(Orobianco)」とは「黄金、貴重なもの」という意味のイタリア語で、ブランド名の由来となっている。イタリアで生産することや、生地やデザインにこだわり、熟練したイタリアの革職人の手に委ねられており、その品質の高さは現在でも絶大な支持を得ている。



エンリーベグリン

1984年、エンリーベグリンがイタリアのエルバ島で設立したブランドである。「エンリーベグリン」はベルトとバッグから展開し、その後、靴、カゴバッグ、家具と幅広く展開していった。エンリーベグリンのバッグはハンドメイドですべて作られ、高級素材を使用するというこだわりの強いブランドである。シンプルで、丁寧な作品が人気となっている。



イオセリアーニ

「イオセリアーニ」は、ロベルタ・パルオッチ、パオロ・ジャッコメリによって立ち上げられた、イタリアのアクセサリー・ジュエリーのブランドである。1997年、ロベルタ・パルオッチ、パオロ・ジャッコメリがブランドを設立。



ア・テストーニ

創始者であるアメディオ・テストーニによって設立された紳士靴ブランド。1929年、イタリアのボローニャに「ア・テストーニ」を創業し、第二次大戦後にボロネーゼ製法という独自の技術を完成させた。



アンナ・モリナーリ

創設者のアンナ・モリナーリと夫であるジャン・パオロ・タラビーニとともに1977年にニットウエアの事業を開始したこがブランドの始まりとなる。



アントニオ・ベラルディ

創始者であるアントニオ・ベラルディはイギリスに生まれた。セントマーチンズを卒業後、ジョン・ガリアーノ、ポール・コステロ、ジャスパー・コンラン等でアシスタントを行う。1996年に「アントニオ・ベラルディ」という自身のブランドでロンドンコレクションにデビューを果たし、定評を得る。



アレッサンドロ・デラクア

アレッサンドロ・デラクアによって設立されたブランド。アレッサンドロ・デラクアは1962年にイタリアのナポリに生まれ、名門美術学校でグラフィックを学び、卒業後はマルゾットグループで働き始める。1987年、ニットウエアのデザイナーであるピエトロ・ピアンフォリーニのチーフデザイナーに就任し5年間「Genny」(ジェニー)のマリッジコレクションを担当した。



アレグリ

「アレグリ」はイタリアのヴィンチで創業した。設立時はレインコートメーカーであったが、徐々にハイブランドへと進出し様々なラインを展開するまでに至った。



アルベルタ・フェレッティ

創始者であるアルベルタ・フェレッティは1950年にイタリアにドレスメーカーの娘として生まれた。1968年、18歳にしてセレクトショップ「Jolly Shop」を設立し、主にデザイナーズブランドを取り扱った。その後、フェレッティは、自らデザインするようになり、1974年に「アルベルタ・フェレッティ」のブランドを設立し、コレクションを発表し次々と展開していった。また、カッティングや縫製の技術が非常に優れていると、注目を集めている。



ボッテガ・ベネタ

「ボッテガ・ベネタ」はモルテド夫妻が、家族だけのビジネスとして高級革製品の生産を始めたことから始まる。ブランドの代名詞ともいえるなめし革を編みこんで作られたデザイン、「イントレチャート」が人気を集めている。



モスキーノ

「モスキーノ」は、1984年秋冬のミラノ・コレクションでデビューした。シャネルやヴィトン、エルメスなど老舗ブランドのロゴやスタイルをパロディ化し、ユーモアと皮肉を織り交ぜながら、新しい情報に盲目的に従う「ファッション・ヴィクティム」たちをからかった。



ミラ・ショーン

設立者のミラ・ショーンは、1919年にユーゴスラビアのダルマティアで上流階級の家庭に生まれる。その後、両親とともにイタリアに移住し、裕福な男性と結婚した。1958年に、ミラノに小さなアトリエを開設。当時、流行の中心であったパリのデザインを、イタリア人のために再解釈して支持を得た。



ミッソーニ

オッタヴィオとロジータ夫妻によって設立されたブランド。着心地の良いスポーツ・ウェアを一般的に売り出すために、オッタヴィオはすでに友人とニットの会社を始めていたが、妻となったロジータとともに1953年にニット工房を設立。地味で単色使いが一般的であったニットに、鮮やかなストライプの柄を用いて評判を得る。



マルニ

スイス生まれのコンスエロ・カスティリオーニによって設立されたブランド。フェンディなどのファーを扱う毛皮メーカーの社長夫人であったカスティリオーニは、毛皮を現状と違うイメージで表現したいと「マルニ」をスタートさせた。



マックスマーラ

イタリアのアキーレ・マラモッティが設立したブランド。ブランド名は「Max」(最高の)「Mara」(マラモッティの名前の一部)から成り立つ。



ベネトン

正式名称は「UNITED COLORS OF BENETTON(ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン)」。レディス、メンズ、子供服、マタニティ服など幅広く取り揃えており、サイズやカラーバリエーションも豊富で、現在、世界120カ国、5000拠点でビジネスを展開している大企業である。



ブルガリ

ギリシアの銀細工師の一族の子として生まれた、ソティリオ・ブルガリがローマで宝飾店を創業したことから「ブルガリ」が生まれる。ソティリオの跡を継いだ二人の息子が徐々にブランドの地位を確立していき、また独自のスタイルも生み出した。



プラダ / ミュウ ミュウ

「プラダ」は、1913年にマリオ・プラダとその兄弟が、質の高い革や外国の商品を集めてミラノに設立した店から始まった。



フェンディ

日本ではバッグ類で名を知られている「フェンディ」だが、高級毛皮のコートをはじめ、モール(モグラ)やウィーゼル(イタチ)などの毛皮の概念になかったものを思いがけない色に染織し、特殊加工したTシャツやドレスなど、革新的な毛皮で有名なブランドである。



フィラ

イタリアのビエラ市に住んでいたフィラ兄弟によって、 1926年に創業された「フィラ」。その頭文字の「F」をきちょうとしたロゴマークには、赤、青、白の三色が使用されている。これは、赤は太陽、青は地中海、白は雪をイメージしている。



ドルチェ & ガッバーナ

1958年にパレルモで生まれたドメニコ・ドルチェと、1962年にミラノで生まれたステファノ・ガッバーナの2人によって設立されたブランド。2人は、1980年にミラノでデザイナーのアシスタントをしている時に出会い、その2年後に独立。1985年には、ミラノで初のレディス・コレクションを、その5年後にメンズ・コレクションを発表する。その後1994年に、イタリアのイッティエレ社から、セカンドラインとなる「D&G」を発表する。



トラサルディ

「トラサルディ」は、1910年イタリアのベルガモで、ダンテ・トラサルディが高級皮手袋メーカーを創業したことから始まる。なめし革で作られた上質な手袋は社交界で評判となり、注目を集めた。



トッズ

イタリアで三代続く靴メーカーであったEMA社(現「トッズ社」)は、1979年に、靴底に133個のゴム突起のついた一枚革の靴を売り出した。履き心地のいいその靴は欧米の人々の支持を得て、急成長を成し遂げる。



ジョルジオ・アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニによって設立されたブランド。ミラノの郊外で生まれたアルマーニは、ミラノ大学医学部へ進学するが、兵役後に進路を変え、大手百貨店リナシェンテでショウウィンドウの飾りつけや展示会場の経営、メンズ・ウェアの担当として働いた後、1970年にフリーランスのデザイナーとなる。そして、1975年のミラノコレクションで「ジョルジオ・アルマーニ」を立ち上げた。



ジャンフランコ・フェレ

1944年にイタリアのレニャーナに生まれた、ジャンフランコ・フェレによって設立されたブランド。フェレはミラノ工科大学建築学科を卒業するが、アクセサリーのデザインからファッションの世界に足を踏み入れ、1978年に会社を設立、「ジャンフランコ・フェレ」でミラノ・コレクションに初参加した。



サルヴァトーレ フェラガモ

イタリアのフィレンツェに本拠地を置く、サルヴァトーレ・フェラガモによって設立されたブランドである。彼は9歳にして既にイタリアの伝統の技を習得し、15歳で渡米、ハリウッドで役柄に合わせて一点一点手作りで靴を製作した。当初は映画の衣装としての靴を手がけたが、次第に俳優たちの私用の靴も請け負うことになり、チャールズ・チャップリンなどの靴も作っていた。



エミリオ・プッチ

色彩の魔術師、プリントのプリンス、などの異名を持つ、イタリアのデザイナーである、エミリオ・プッチは、デザイナーとしては珍しくフィレンツェの名門貴族として生まれた。彼は生来スポーツマンであり、実際デザイナーとしてのプッチの作品が認められたのも、スキーウェアによってだった。一族の歴史のなかで初めての「働く男」が誕生した。



エトロ

「エトロ」はペイズリー柄で知られるイタリアのファッションメーカーである。創設者である、ジェロラモ・エトロはミラノで生まれ建築家を志していたが、ファション・デザイナーなどに生地を提供するテキスタイル・メーカーを設立する。優れた品質と美しいデザインで、世界的な評価と注目を集める。



ヴェルサーチ

創始者のジャンニ・ヴェルサーチは、ジャンフランコ・フェレ、ジョルジオ・アルマーニと共に「ミラノの3G」と呼ばれた、イタリアを代表するブランドである。



ヴァレンティノ ガラヴァーニ

デザイナーの、ヴァレンティノ ガラヴァーニは1932年にイタリアで生まれた。幼児期からファッションに興味を持ち、高校卒業後ミラノでデザインスクールとフランス語スクールに通い、パリへ移る。1959年に、ローマにサロンをかまえ、翌年、長年にわたって彼を支えることになるビジネスパートナーの、ジャンカルロ・ジャンメッティを迎え、次々とコレクションで成功を収めた。



 

 

 

 

ファッションブランド一覧(索引)