ソニア・リキエル | ブランド名

ソニア・リキエルによって立ち上げられたブランド。リキエルは1930年、フランスのパリに生まれた。専業主婦となった彼女は、自分の気に入る妊婦服を見つけられず、服作りの教育を受けたことはなかったが、マタニティドレスをデザインする。これが評判を呼び、当時の夫が経営していたブティック「ローラ」に自らデザインした服を置き始め、パリのグルネル通りにブティックをスタートさせる。

その後、活動の幅を飛躍的に広げ、子供服、化粧品ライン、ディフュージョン・ライン、男性服などを次々と展開し注目を集める。
特に、それまで普段着でしかなかったニットのセーターやカーディガンは、「ソニア・リキエル」ではファッショナブルに生まれ変わった。リキエルが「ニットの女王」と呼ばれる所以である。


ソニア・リキエルのブランド詳細情報

ブランド名 ソニア・リキエル:(ソニア・リキエル)
ブランド名(英語) SONIA RYKIEL
ブランド 発祥国(地域) 国: フランス(地域: パリ)
ブランド販売ショップ(楽天) ソニア・リキエル

 

 

 

ファッションブランド図鑑では、人気ブランドから、新しくリリースされた新進気鋭のブランドまで多数のファッションブランドを紹介する図鑑的なサイトです。情報の正確性には注意しておりますが、完全性は保証いたしません。もし、このサイトの情報について間違いを見つけた方は恐れ入りますが「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただけますと幸いです。

 

 

ファッションブランド一覧(索引)