ブロンティベイパリス

brontibayparis(ブロンティベイパリス)とは、フランス人のオリビエ・ナイムと、オーストラリア人のペネロープ・ロバートソンによって創設されたバッグブランドで、1994年に誕生した。



ボイコット

BOYCOTT(ボイコット)とは株式会社ワールドが運営するブランドで、仕事も遊びも真剣な永遠の少年たちへ向けてキレイめなモードスタイルを提案。



ブロンティベイパリス

1994年にフランスで誕生したバッグブランド。 誕生以来、世界中の人々から愛されている。



ブリジットバーキン

デザインの中に織り込まれた女性らしさが人気を集めているブランド。 やわらかな印象を引き出し、洗練されたアイテムを展開する。



ビットブルー

シルエットの美しさにこだわりを持つデニムブランド。 履き心地や素材にもこだわったスタイルを提案し、多くのファンからの支持を得ている。



ビーラディエンス

ブランド名にも入っている「RADIANCE(ラディエンス)」とは、「光り輝く」という意味をもつもので、光り輝き続ける女性のためのアイテムを展開している。



ビアッジョブルー

株式会社ビッキーが展開するブランド「Viaggio Blu(ビアッジョブルー)」。 都会的な洗練された女性から、高い評価を得ているブランドのひとつである。



ブラックバイマウジー

「URBAN CLASSIC」をブランドコンセプトに掲げている。 上質な素材、美しいシルエットにこだわりぬき、誰からも愛されるシンプルなスタイルを提案。



ブラウニービー

フェミニンとカジュアルをミックスさせたスタイルをベースにアイテムを展開している「Brownie bee(ブラウニービー)」。 クールにもフェミニンにもなれるアイテムを幅広く取り扱っている。



ボールルーム

ディテールはもちろん、デザインにも遊び心が施されているballroomのアイテムに話題が集まっており、今後も注目しておきたいブランドのひとつである。



バビロン

ファッションという言葉のもつ意味を、単に“服装”や“流行物”と捉えるのではなく、文化、風俗として捉えていきたいというブランドコンセプトを掲げるブランド。



ベベローズ

トレンド感を取り入れながらも、女性らしさ可愛らしさをベースに決して幼くはならないようなアイテムを展開している。



バービー

2003年に誕生したブランド。 誰もが憧れたバービーの世界観を守りながらも、新しいテイストを取り入れた独特の世界観を通してアイテムを展開している。



ボシュプルメット

2008年にアートディレクター野田凪によって立ち上げられたブランド。 新たに吉田ユニ、大島慶一朗らを迎え入れ、デザイナーは優哉が務める。 ブランド独自の世界観から展開されるアイテムは多くの人々の心をつかんでいる。



ベンデイビス

1935年に誕生したワークブランド。 西海岸を中心に人気を集め、現在では世界中の人々から愛されるブランドへと進化を遂げた。



ビリティス ディ セッタン

星丈二、瀬下裕子 がデザイナーを務めるブランド。 素直な感受性を失わない大人の女性に向けたアイテムを展開している。 「今の時代」の時代性と乖離しないシルエットディティール、素材感などファッション性などをとても大切にしている。



ベイク

2009年に誕生したアイウェアブランド。 山崎省吾がデザイナーを務めており、「beik」から展開されるアイウェアは多くの人々からの注目を集めている。



ボニカ

2009年に誕生したブランド。 野崎 玲欧奈がディレクターを務めており、「bonica」から展開されるアイテムは多くの女性から注目を集めている。



バーニーブーツ

北欧デンマークで誕生したキッズブランド。 ゴム長靴が有名で、可愛らしいデザインの長靴を多数展開し、話題を集めている。



バルーシュ

「barouche(バルーシュ)」とは、19世紀からの旅の移動手段であった「馬車」を指し示す言葉。 派手な形や色ではなく「空間の中で美しく存在を消し去る、その行為の美しさ」をデザインコンセプトに掲げ、様々なアイテムを展開している。



ベイビー

「Baby!」は、ワンマイルウェアを中心に展開するベビー服ブランド。



ブバルディア

2008年に誕生したブランド。 山本麗子らがデザイナーを務めており、デザイン性はもちろん素材やシルエットなど細かい部分にまでこだわりをもって展開されるアイテムが人気を集めている。



ビービーピー

2006年に誕生したブランド。 ブランド名の「BBP(ビービーピー)」は、「Business Before Pleasure(楽しむ前にやることをやる)」の頭文字に由来している。



ベンシャーマン×エリミネイター

イギリスの老舗シャツブランドである「Ben sherman」と、ELIMINATORの2ブランドがコラボレーションという形で展開するブランド。 遊び心のあるデザインでありながら、モードな雰囲気を持つアイテムは多くの人々からの支持を得ている。



バカナル

U$Kとma2によって立ち上げられたブランド。 「シンプル」「カラー」「遊び」をブランドコンセプトに掲げ、こだわりを持ったアイテムを展開している。



ビューティーアンドユース ユナイテッドアローズ

「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」ユナイテッドアローズで展開していたカジュアルラインのより深い世界観を表現するブランド。 「精神的な美しさ」、「若さの永続」をブランドコンセプトに掲げ、幅広いアイテムを展開する。



バウンティーハンター

1995年に誕生したブランド。 岩永光によって立ち上げられたもので、ブランド名である「BOUNTY X HUNTER」はスターウォーズのボバフェっトに由来している。



バル

1999年に誕生したブランド。 流行と定番を取り入れたデザインが人気を集めている。



ボンブーグ

ブランド名の「bonboog(ボンブーグ)」とは、「ブンボーグ(文房具)」の「ブ」と「ボ」を入れ替えたもの。 2004年より吉井智子がデザイナーを務める「SALCO(サルコ」)を結成し、オリジナル雑貨ブランド『bonboog』の企画・デザイン・製造・販売がスタートした。



ブロンドシガレッツ

「派手」、「にぎやか」、「現実的」。 この3つのキーワードをベースにアイテムを展開しているブランド。 遊び心のあるデザインや、カラフルな色使いなどが話題を集めている。



バイアス

ブランド名の「BIAS」とは、直訳すると、斜め、または偏りや歪みや性癖を意味し、転じて偏見や先入観という意味をもち、心理学や社会学などの統計から一般論を導く分野でも広く使われることが多い用語。 ファッションという既成概念に対し常に問題定義を意識した斜に構えた目線での物作りを目指す、という想いが込められている。



バックドロップ

1977年創業のアメリカンカジュアルブランド。



バイタススタンダード

福澤弘康がデザイナーを務めるブランド。 シンプルで落ち着いたデザインが人気を集めてている。



バートン

「BURTON(バートン)」は世界初のスノーボードブランド。 機能性とファッション性を兼ね備えたアイテムは、スノーボーダーだけでなく世界中の人から愛されている。



バグスアンドガーデナー

2005年に設立したブランドであり、小林美紀がデザイナーを務めている。 自身が子育てをする中で、オーガニック感とデザイン性を兼ね備えた衣服が手に入らないことをきっかけに、商品の提案を始めるようになった。



ブディスト パンク

2001年にスタートしたブランド。 「BUDDHIST PUNK(ブディストパンク)」のTシャツがローリングストーンズのミックジャガーの目に止まり、現在でもステージ衣装を担当するなど、多くの人からの支持を得ているブランドである。



ブラザーフッド

1999年に設立されたストリート系ブランドで、杉山力也氏がデザイナーを務める。 スケートスタイルを取り入れた、新しいデザインが話題を集めている。



ブリングオンザノイズ

2007年にスタートしたメンズブランド。 ブランド名である「BRING ON」(病気を起こす、舞台に上げる)、「THE NOISE」(雑音、快音)は、洋服をNOIZEにたとえて自分たちが考える価値観の提供をコンセプトとしている。



ブライトン

2002年からスタートしたブランド。 ブランド名である「BRAITONE(ブライトン)」とは、「BE」、「RATE」、「ONE」かな成る造語で「一つのスタイルの存在の意味」という思いが込められている。



ビーピーアールビームス

既成概念に捕らわれずに世界中から集めた多種多様のアイテムを展開する「bpr BEAMS(ビーピーアールビームス )」。 2000年に「BEAMS(ビームス)」から生まれた、新しいライン。



ボタニカ/タイシ ノブクニ

「植物のエネルギーを持った衣服の創造」、「感情や知性ある生き物を殺さず、土壌などの環境に害のない方法で植物の生命力を最大限に活かすこと」をブランドコンセプトに掲げ、一切のファーを使用しないことをポリシーとしている。 オーガニックコットンや天然染色によって創り出される優しいアイテムが多くの人から支持されている。



ブートレグブース

1994年からスタートしたブランド。 シンプルでありながらディティールにこだわられたアイテムを展開している。



ボンジュールレコーズ

「bonjour records(ボンジュールレコズ)」は、音楽を中心としたセレクトショップ。



ブロッサムデイズ

「赤ちゃんができても、かっこよくおしゃれしていたい」という女性のニーズに合わせ、トレンドと機能性を兼ね備えたウエアや小物を提案し続ける「BLOSSOM DAYS(ブロッサムデイズ)」。



ブロンディー

オーナー兼デザイナー山田あゆみ氏が、バイヤー兼スタイリストを経て2000年8月11日に渋谷店をOPENしたことから始まる。 女性らしいデザインや色合いが多くの女性から支持されている。



ブランク

2004年にスタートしたブランド。 第5回SICF出展作品「TEA BAG BAG」で浅井賞を受賞するなどの経歴をもつ。 2006年にはイタリアのファッションブランド「MARIOS」とのコラボレーションライン「BLANK+MARIOS」や、小物ライン「blankblankblank」を展開するなどして、話題を集めている。



ブラックカード

2007年の夏に立ち上げられたブランド。 トレンドを取り入れたストリートファッションを展開している。



ビジュー アール・アイ

2006年に立ち上げられたジュエリーブランド。 イエロゴールド、ホワイトゴールド、ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルドなどでひとつひとつ丁寧につくられたLuxuryなJewely ラインとbijou R.Iだけのオリジナルパーツなどを仕様したAccessoryラインを展開している。



ビアンカズ クローゼット

2000年に山崎 嘉子、南 リカによって立ち上げられたブランド。 遊び心のあるデザインとポップな色使いで作られたクオリティの高いアイテムが女性から注目を集めている。



ベニコ トイ

見ているだけでもわくわくするような、かつシュールさを備えた小物たちが注目を集めている。 ファッションの一部、というよりはポイントとなるほどに存在感を放つアイテムを次々に展開している。



ベンシャーマン

1963年イギリスのブライトンでシャツ工場がスタートしたことから始まったブランド。 その後60年代のシャツの代名詞となるまでに発展した。 メンズ、レディースのアイテムを次々に発信し続け、現在でもなお人気の高いブランドとなっている。



ベットサイドドラマ

2006年に立ち上げられたブランド。 独創的で、素材感や質感にこだわってデザインされたアイテムたちが注目を集めている。



ビームスプラス

「BEAMS PLUS(ビームスプラス)」は、「アメリカがもっとも良かった頃のスタイル」を提案するためにスタートしたビームスのメンズライン。 「永年着られる飽きのこない本物の男服」をコンセプトとしている。



ビームスライツ

2007年にスタートしたビームスの新しいライン。 シンプルなデザインに、素材やクオリティー、ディテールへのこだわりを加え、遊び心も忘れないアイテムを展開している。 清潔感、上品さを兼ね備えつつ大人の色気を表現したメンズ、レディースアイテムを作り出している。



ビームスボーイ

「"BASIC & EXCITING"」をコンセプトとしたレディースライン。 メンズアイテムをサイズダウンしたオリジナルレーベルとインポートブランドを展開している。



ベースコントロール

メンズ、レディース共に、アンダーウェアや雑貨などのアイテムも豊富に展開しており、低価格に感度を持ち込んだ商品開発を行っているブランドである。 また、Tシャツなどのカットソーやアンダーウェアは日本製中心であり、品質にこだわったもの作りを行っている。



バナーバレット

2002年に立ち上げられ、モデルやスタイリストから好んでファッションアイテムとして取り入れたことから、人気が広がった。 いつまでも遊び心を失わない大人の女性の服、というブランドコンセプトを掲げており、多くの女性から注目を集めている。



バロー

「上質」、「懐かしさ」、「ぬくもり」、「やさしさ」、この4つのキーワードをもとにアイテムを展開する雑貨ブランド。 財布やカバンに定評があり、使いこめば使い込むほどに味が出る、そんなアイテムが注目を集めている。



バルコニー アンド ベッド

「リラックス感」をテーマに、ナチュラルでワイルドな、ガーデナーをイメージして作り出されるアイテムたちは、女性から高く評価されている。 ナチュラルな素材感やデザインが特徴。



バックチャンネル

1999年に創立されたブランド。 当初はトランクスブランドとして立ち上げられたが、現在ではトランクスだけではなく、トップス、ボトムス、小物など多くのアイテムを展開している。



ベイビー・ジェーン・キャシャレル

「Baby Jane Cacharel(ベイビージェーンキャシャレル)」とは、「CACHARE(キャシャレル)」のセカンドラインとして、2005年からスタートしたブランド。 キャシャレルの若い世代のためのブランドであり、カラフルな色使いなどが特徴のフェミニンブランドとしても知られている。



ビーブイディー

1876年に、ブラッドレー(Bradley)、ブーヒーズ(Voorhees)、デイ(Day)の三人によって、婦人肌着の製造工場を立ち上げたことからブランドが始まる。 ブランド名は三人それぞれの頭文字をとって「B.V.D」とされた。



ベイプランド

「BAPE LAND(ベイプランド)とは、国内外で人気の「A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)」のオフィシャルオンラインモールパーク。 ここでは、「A BATHING APE」が展開するメンズ、レディース、キッズアイテムなど、全取扱商品の販売を中心に、様々なアイテムの提供を行っている。



ベースステーション

様々なファッションのベース(定番、基本)となるアイテムを提供するブランド。 コーディネートの補完的要素の印象が強い商品を、メインとして展開する。



ビームス ティー

“ART FOR EVERYDAY”をテーマにスタートしたブランド。 有名無名を問わず、多種多様なアーティスト達のTシャツを販売しており、男性女性を問わず注目を集めている。



ビームスウィメン

独自のセレクトと柔軟性のある感性で様々な商品を取り入れ展開するビームスの女性向けブランド。 様々な年代の女性から注目を集めている。



ボンジュールレコード

「bonjour」という言葉はジャンル、国籍を問わず良いものをセレクトし、発信していくという意味が込められたもの。 音楽を中心としたセレクトショップで、若い世代を中心に注目を集めている。



ビームス

ビームスは、独自のセレクトと柔軟性のある感性で様々な商品を取り入れ、展開するセレクトショップ。 年代を問わずに長く愛されているブランドである。



ボトキエ

創始者であるモニカ・ボトキエはニューヨークのブルックリンに生まれた。ボトキエ自身の求めるものを作ろうと決断したことからバッグを作り始め、機能的、実用的、スタイリッシュなデザイン性、ディテールへのこだわり、「日常で使用できる」をキーワードに「ボトキエ」のバッグ、「トリガー」が誕生した。



ブルックスブラザーズ

「ブルックス ブラザーズ」は1818年に、ヘンリー・サンズ・ブルックスによって設立されたブランドである。当初のブランド名は「HSブルックス商会」だであったが、1850年に現在の「ブルックス・ブラザーズ」に改名された。創業者の孫であるジョン・ブルックスがポロ選手のシャツからインスピレーションを受けてボタンダウン・シャツを初めて商品化したと言われている。



バーカーブラック

「バーカーブラック」は2005年にニューヨークに創業された靴ブランドである。デザイナーのミラー兄弟のカーク・ミラーは、バーカーブラックの創業前に、トム・ブラウンで働いていた、デリックミラーもまたラルフ・ローレンで働いた経験を持っている。



バンド・オブ・アウトサイダーズ

2004年に設立されたブランド、「バンド・オブ・アウトサイダーズ」のデザイナーであるスコット・スタンベルグはもともと映画業界でエージェントをしていた。



バリー

1951年にカール・フランツ・バリーは弟とともに「Bally&Co」設立する。リボンメーカーから開始した「バリー」だが、パリの靴に影響を受け、靴の開発を試みる。徐々に規模を拡大した「バリー」は、1970年代には最新の技術を取り入れたことで製造工程の効率化に成功し、また素材の品質と、洗練されたデザインで高級品として取り扱われるようになった。その後、海外への進出もはたし、高級ブランドとしての地位を確立する。



ボルボネーゼ

ボルボネーゼ家によって設立されたブランドである「ボルボネーゼ」をだが、ブランド開始以前はバッグ、帽子、ジュエリーなどアクセサリー系のブティックを営んでいた。ブランドとしての始まりは、1950年代にエマニュエル・ウンガロとコラボレーションを行い、「ボルボネーゼ」を立ち上げたことから始まる。



ブリオーニ

「ブリオーニ」は、1945年に「アトリエ・ブリオーニ」として設立された紳士服ブランドである。



ブライアン・アトウッド

創始者であるブライアン・アトウッドはアメリカのシカゴ郊外に生まれた。南イリノイ大学で芸術と建築学を専攻し、その後ニューヨークに渡り、FITで服飾デザインを学ぶ。卒業後は、ヨーロッパに渡りデザイナーのキャリアを積む。96年から「ヴェルサーチ」で靴などのアクセサリーを中心としたラインを手掛ける実力を積み重ねた。2001年、独立して自身のシューズブランドとなる「ブライアン・アトウッド」を立ち上げ、世代を問わず人気のブランドとなった。



ボッテガ・ベネタ

「ボッテガ・ベネタ」はモルテド夫妻が、家族だけのビジネスとして高級革製品の生産を始めたことから始まる。ブランドの代名詞ともいえるなめし革を編みこんで作られたデザイン、「イントレチャート」が人気を集めている。



ベネトン

正式名称は「UNITED COLORS OF BENETTON(ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン)」。レディス、メンズ、子供服、マタニティ服など幅広く取り揃えており、サイズやカラーバリエーションも豊富で、現在、世界120カ国、5000拠点でビジネスを展開している大企業である。



ブルガリ

ギリシアの銀細工師の一族の子として生まれた、ソティリオ・ブルガリがローマで宝飾店を創業したことから「ブルガリ」が生まれる。ソティリオの跡を継いだ二人の息子が徐々にブランドの地位を確立していき、また独自のスタイルも生み出した。



ビルケンシュトック

ヨハネス・アダム・ビルケンシュtックによって設立されたブランド。彼は足裏の凹凸にあわせた中敷の第一号を考案したとされている。その後の経営は息子のコンラッド・ビルケンシュトック、さらにその息子カール・ビル堅守とっくに受け継がれている。



ビバ

「ビバ」は、デザイナーのバーバラ・フラニッキと、その夫でビジネスパートナーのスティーブン・フィッツサイモンが作り出したブランドである。ブランド名は、バーバラの妹であるビバの名前が由来となっている。 アートスクール卒業後、フリーランスで新聞や雑誌にファッションイラストを描いていたフラニッキは、メールオーダーによる衣料品販売を開始する。



バレンシアガ

クリストバル・バレンシアガによって設立されたブランド。ジバンシィ、クレージュ、ウンガロらがバレンシアガのアトリエから独立し、パコ・ラバンヌやイヴ・サンローランに多大な影響を与えたファッション・デザイナーである。



バーバリー

バーバリーの創業は、ロンドンのサリー州に生まれた、トーマス・バーバリーによって設立された。1856年に洋服店を開業したことから始まる。服の機能性や実用性に着眼したトーマスは、試行錯誤の末に「ギャバジン」を生み出す。その後、ロンドン進出を果たし、英国の宮殿などで愛用され英国王室御用達商であり続ける。



 

 

 

 

ファッションブランド一覧(索引)