ティティー&コー

titty & Co.(ティティー&コー)とは、株式会社プレシジョンが展開するレディースブランド。 1960年代を彷彿とさせるようなヴィンテージ調のデザインとトレンドを融合させたデザインを中心に、様々なスタイルを提案している。



キャメロンレイシー

キャメロンレイシーとは、小山景子氏がクリエイティブディレクターを務めるレディースブランドである。 20代前半から25歳の女性をターゲットに、女性らしい可愛いらしさと、小悪魔的要素の2つをかね揃えた女性像をテーマとしたアイテムを展開している。



ナイキ アイディー

NIKIiD(ナイキ アイディー)はナイキから誕生したサービスの名称。 ナイキのスニーカーを自分だけのカラーでデザインできるもので、店舗やインターネットからサービスの申込みができる。



キットソン

kitson(キットソン)はアメリカのロサンゼルスで誕生したセレクトショップ。 好感度なセンスのよいアイテムを集め、人気のハリウッド俳優がこぞって買い物をしていることで注目を集めた。



ワールドオンラインストアセレクト

WORLD ONLINE STORE SELECT(ワールドオンラインストアセレクト)とは、株式会社ワールドが運営する全80以上の人気ブランドのアイテムが揃うオンラインストア。



インデックス

INDEX(インデックス)とは株式会社ワールドが運営するブランドの一つ。 SPB、after all、Eproveなど、働く女性にとって活躍度の高いアイテムを中心に取り扱うブランドをミックスさせたブランドである。



ボイコット

BOYCOTT(ボイコット)とは株式会社ワールドが運営するブランドで、仕事も遊びも真剣な永遠の少年たちへ向けてキレイめなモードスタイルを提案。



ティーケー

TK(ティーケー)とは株式会社ワールドが運営するブランドの一つで、アメリカンスタンダードをベースとしたカジュアルウェアを展開。



リフレクト

Reflect(リフレクト)とは、株式会社ワールドが展開するブランドの一つ。 自分らしく輝きながら、同時に女性らしい優しさ・柔らかさを忘れない、そんな女性のためのブランドでありたい、というコンセプトを掲げている。



エブリデイバイコレックス

everyday by collex(エブリデイバイコレックス)とは株式会社アバハウスインターナショナルが展開するブランド。 北欧デザインの食器やファブリック、雑貨をはじめ洋服など、幅広いアイテムを取り揃えている。



トラベルショップゲート

トラベルショップゲートとは「旅」というテーマのもとセレクトされたトラベルグッズを取り扱うブランド。 こだわりのあるセンスのいい旅行グッズは定番のものからオリジナルまで幅広く揃っている。



ジュピター

jupiter(ジュピター)とは、モデルやタレントとして活動する梨花(りんか)がプロデュースを手がけるジュエリーブランドである。



canal4℃

canal4℃(カナル ヨンドシー)は、ジュエリーブランド「4℃(ヨンドシー)」から誕生したセレクトジュエリーブランド。



ヨンドシー

4℃(ヨンドシー)とは、リング、ネックレス、ピアス、時計などを取り扱うジュエリーブランド。 繊細で力強く、生命を潤おしてくれる「水」に強いこだわりをもつ4℃。



アナウトコミューン

アナウトコミューンとは、株式会社アナウトコミューンが手がけるセレクトショップ。 センスの良いスタイルの提案と品揃えで注目を集めている。



ミッシェルクラン オム

ミッシェルクラン オムとは、フランスのパリで誕生した「ミッシェルクラン」のメンズライン。



ギルドプライム

ギルドプライムとは、10代後半から30代のファッション感度の高い男女を対象に様々なスタイルを提案するセレクトショップ。



タビオ

タビオは、靴下、タイツ、レギンスなどのフットウェアを中心に取り扱うオンラインストア である。 メンズ・レディース・キッズの様々なフットウェアを幅広いラインナップで展開し、多くのファンからの支持を得ている。



ジラフ

ジラフとは、ネクタイを中心に展開をすすめるブランドで2006年に誕生した。 そのときの気分でネクタイを選べるように、と34℃~40℃の間で4段階に分けられている。



イルビゾンテ

イルビゾンテとは、1969年にイタリアで誕生した革製品ブランド。 シンプルでクオリティの高いアイテムを送り出すイルビゾンテは瞬く間に注目を集め、現在では世界中の人々から愛されるブランドに。



ツモリチサト スリープ

ツモリチサト スリープとは、リラックスできる空間に欠かすことのでいないルームウェ...



サザビー

サザビーとは1972年に誕生したバッグブランド。 自分らしさを失うことなく、自分らしさにさらなる魅力を加える、という理想のスタイルを目指して、様々なアイテムを展開している。



フェリージ

フェリージとは、1973年にイタリアのフェラーラで革工房として誕生したブランド。 その後、国内だけでなく海外からも高く評価され、今では世界中から愛されるブランドへと成長を遂げた。



ステューシー ウィメン

Stussy Womenは、ショーン・ステューシーによって設立された「Stussy」のウィメンズライン。 カジュアルなものからモードでロックテイストなものまで、ストリート性の強い「Stussy」よりも幅広いスタイリングを提案し注目を集めている。



アナトリエ

アナトリエとは、株式会社ワールドが運営するブランドの一つ。 シンプル・シック・ベーシックに、流行のデザインや世界中からセレクトしたアイテムをミックス。



アンタイトル

アンタイトルとは、株式会社ワールドが運営するブランドの一つ。 シンプルで女性らしいスタイルを提案している。



クードシャンス

クードシャンスとは、株式会社ワールドが展開するブランドの一つである。 「Cool Feminity」をブランドコンセプトに掲げ、大人の女性のセクシーさや気品を取り入れたデザインのアイテムを展開。



インディヴィ

インディヴィとは、株式会社 ワールドが運営するブランドの一つ。 シンプルでベーシックだが、フェミニンな女性らしさも忘れていないスタイリングを提案し、多くの女性から支持を得ている。



ディッシー

D'issyとは「優雅」をブランドコンセプトに掲げ、洗練されたアイテムを展開するブランド。 大人の女性に似合うスタイリングの提案を行っており、ファッションに敏感な女性たちから高く評価されている。



チチカカ

チチカカとは、世界各国の伝統的な文化を取り入れたアイテムを展開するブランド。 中南米の民芸品の取り扱いからスタートした。



HAKKA

HAKKAでは、遊び心のある女の子のためのデイリーウェアを取り扱う「SUPER HAKKA(スーパーハッカ)」、二面性を追求した「H.A.K(ハク)」、個性的な着こなしができる「hakka kids(ハッカキッズ)」や「hakka baby(ハッカベビー)」を取り扱っている。



ウィゴー

WEGOとは、1994年に大阪で古着ブランドとして誕生したブランド。 “我々は行く(「WEGO」)”という意味の名前は、“スタッフとお客様、ともに進む”という思いを込めたもの。



クレードスコープ

クレードスコープとは、株式会社ナルミヤ・インターナショナルが手がけるブランド。 子供服や雑貨を中心にアイテムを展開している。



パタシュー

パタシューとは、石川理香が手がけるブランドで、子供服を中心に展開。 洗練されたワンランク上の子供服やスタイルを提案し、人気を集めている。



ネイバーフッド ワンサード

ネイバーフッド ワンサードとは、1994年に誕生した「ネイバーフッド」のキッズライン。 カジュアルでデザイン性の高いアイテムを中心に展開を進めている。



ユナイテッドカラー オブ ベネトン / シスレー

UNITED COLORS OF BENETTON、SISLEYは、どちらもイタリアのブランドであるベネトンが運営するブランド。レディース、メンズ、キッズの様々なアイテムを展開している。



チャビーギャング

チャビーギャングとはベビーからジュニアまで本格ロックな子供服やスタイルを提案するブランドで1980年に誕生した。



マックレガー クラシック

マックレガー クラシックとは、マクレガーが展開する新しいブランド。 レディースを中心に30代の親子層を対象としたアイテムを展開している。



ルチアーノ・ソプラーニ

ルチアーノ・ソプラーニとはイタリアで誕生したブランドです。 創始者であるルチアーノ・ソプラーニ氏は21歳の時にMax.Mara(マックスマーラ)でデザイナーとして働き、1978年には単身ミラノで活動をスタートさせます。



ガス

ガスとはイタリアで誕生したデニムブランドです。 「KEEP IT SIMPLE」をブランドコンセプトに掲げ、デニムを中心にトップスやアウター、フットウェア、アクセサリーなど幅広いアイテムを展開。



フランクリン&マーシャル

フランクリン&マーシャルとは、1999年にイタリアのヴェローナで誕生したブランドです。 「アメリカンカレッジ&スポーツスタイル」をブランドコンセプトに掲げ、カジュアルで味のあるアイテムを展開しています。



ヌーディジーンズ

ヌーディジーンズとは、2001年にスウェーデンで誕生したジーンズブランドです。 トレンドに左右されず、独自の世界観をもって提案されるアイテムたちは多くの人々からの中網を集めています。



スティーブマデン

スティーブマデンとは、1990年にアメリカで誕生したシューズブランド。 独自の世界観を取り入れたアイテムは遊び心に溢れていますが、ハイセンスで洗練されたものばかりです。



ナインウエスト

ナインウエストとは1978年に誕生したアメリカのシューズブランドです。 ブランド名の「ナイン ウエスト」とは、ブランドが誕生した住所に由来しています。



カンペール

カンペールとは、1975年に誕生した歴史あるシューズブランド。 1877年に始まった靴作りから現在までに培われた靴に関する知識・ノウハウから誕生したアイテムたちは、130年以上たった今でも世界中の人々に愛されています。



シューバー

シューバーとは、世界中から厳選したシューズやスニーカーを展開する靴のセレクトショップです。 バイヤーがこだわりを持って厳選したハイセンスなアイテムたちが、多くの人々からの注目を集めています。



モード・エ・ジャコモ

モード・エ・ジャコモとは、「旬」に敏感な女性の為のライフスタイルシューズショップです。 トレンドを加えたシューズはもちろん、オフィスシーンやフォーマルシーンでも使用できるような長く使えるシンプルなシューズも展開しています。



アバハウス ピシェ

アバハウス ピシェとは「大人のオシャレ可愛いシューズ」をコンセプトに掲げるシューズブランドです。 トレンドを加えながらも、シンプルでスタイリングしやすいシューズや、ソックスやレギンスを組み合わせた業界初のレッグファッションも提案。



ル・タロン

ル・タロンとは、「可愛い」を愛するすべての女性に向けて毎日のシーンをこころときめかせるような靴を提案するシューズブランド。 ベイクルーズグループが運営するラインの一つです。



インター ショシュール

インターショシュールとは、カジュアルなものからエレガンスなものまで、幅広いテイストのバッグやシューズを中心に取り扱うセレクトショップです。



コロンビア

コロンビアとは、アメリカのオレゴン州で生まれたアウトドアブランド。 1982年にアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで脱着して3ウェイの着こなしができるインターチェンジシステムを開発しました。



ドレスレイブ

ドレスレイブとは、デイリーでカジュアルな感覚で日常のモードを楽しむ女性へ、本当に欲しいもの、着たいものを中心とした新しいスタイリングを提案するブランドです。



ジネス

ジネスとは、「ノーブルな女らしさ」をキーワードにトレンドを品良く取り入れ、ミステリアスでリラックス感のあるスタイルを提案するブランドです。



アルアバイル

アルアバイルとは、『Loulou Willoughby』(ルル・ウィルビー)を中心に遊びのスパイスを感じるベーシックなアイテム(ウェア、小物他)を国内外から幅広くセレクトするブランド。



空ku

空kuとは、仏教の教えである「色即是空、空即是色」に触発されて誕生したブランドです。 「自然体の精神」をキーワードに物づくりを行っています。



フーズフーチコ

who's who ChicoChico(フーズフーチコ)とは、株式会社パルが運営するブランドの一つです。 ブランド名になっている「チコ」とは、芸術が盛んなカリフォルニアの町の名前、また、スペイン語で“男の子・生意気な”等の意味を持つ言葉。



ラシット

ラシットとは、株式会社パルが運営するブランド。 デザインと使い心地にこだわり、モノグラムナイロンやレザーのバッグ、財布、小物などを中心におしゃれアイテムを展開しています。



パピヨネ

パピヨネとは、移り気な女心や日々変化するファッションに対応する株式会社パルが運営するブランドです。



ラブドゥローズアンドコー

Lovedrose&Co.とは、株式会社 ナノ・ユニバースが運営するブランドです。 トレンドを取り入れたフェミニンなアイテムを中心に展開していますが、個性的なデザインもディティールに組み込まれており、そのセンスに注目が集まっています。



カスタネ

カスタネとは、アメリカンクラシックをベースとし、世代・性別を超えたリアルスタイルの提案するブランド。 株式会社パルが運営するラインの一つです。



ディスコート

ディスコートとは、株式会社パルが運営するブランドのひとつです。 「心地よい 素材 着ごこち」「ほど良く体になじむシルエット」トレンドだけに流されない、身も心も優しくする洗練されたアイテムを展開しています。



ミスティウーマン

ミスティウーマンとは、株式会社アリシアが展開するブランドで、透明感を大切にした優しいスタイルとベーシックカジュアルをベースにトレンドを取り入れたアイテムを展開。



ドットアンドストライプス

ドットアンドストライプスとは株式会社アンビデックスが運営するラインの一つです。 相反するバランスを取り入れたアイテムを表現したアイテムを展開しています。



カロリナグレイサー

カロリナグレイサーとは、シンガーでもありデザイナーでもある「MEG」によって手がけられるブランド。 ナチュラルで女性らしいシルエットのアイテムを中心に展開を進め、多くのファンから高い支持を得ています。



レプシィム ローリーズファーム

レプシィム ローリーズファームとは、気取らないカジュアルスタイルを提案するブランドで、株式会社ポイントが運営するラインの一つです。



グローバルワーク

グローバルワークとは、株式会社ポイントが運営するブランドで、時代の変化に対応しながら素材の持つ、暖かさ、温もり、風合いを生かした独自のナチュラルテイストなスタイルを提案しています。



ラボラトリーワーク

ラボラトリーワークとは、トレンドの中にも個性を残す、素材・ライン・デザインにこだわるレディースブランド。



レイカズン

レイカズンとは、株式会社レイ・カズンが運営するブランドです。 ベーシックとシンプルを基軸にトレンドをさりげなく取り入れたナチュラルでリラックスできる服を展開しています。



テチチ

テチチとは、スタンダードな価値観や女性として心の中に存在する『かわいいモノ』への...



サマンサモスモス

サマンサモスモスとは、1986年に誕生したブランドで、ココロの豊かさを求める女性たちに向けて、「遊び心」を大切に「楽しさ・やさしさ・心地よさ」を提案。



チャオパニックティピー

チャオパニックティピーとは、株式会社パルが運営するブランド。 自分らしいライフスタイルを求める男女へ、少しのこだわりと肩肘はらないリラックス感を併せ持ったスタイルを提案しています。



アンティローザ

アンティローザとは、「小さな都会の隠れ家のような空間で、女性が宝箱を開けるような気分でおしゃれを楽しんでほしい」という想いから、オリジナリティのあるスタイリングを提案するブランドです。



ダズリン

ダズリンとは、MARK-STYLER株式会社が運営するブランドで、トレンドを取り入れた可愛らしいカジュアルスタイルを展開。



リップサービス

リップサービスとは、株式会社クレッジが運営するブランドです。 クールでセクシーな大人の女性に向けて様々なアイテムを発信しています。



ランゲージ

ランゲージとは、相反するテイストを組み合わせたフェミニンなスタイルを提案するブランドです。



ジャイロ

ジャイロとは、元気でセクシー、ちょっと目立ちたい、上品でシックなだけでは物足りないと感じる遊び心いっぱいの若い女性のためのラインで、ジュングループが運営しています。



ミッシュマッシュ

ミッシュマッシュは、女性らしい可愛らしさと賢さを併せ持つ、知的で品質の良いスタイリッシュなアイテムを展開するブランドで、株式会社 玉屋が運営しています。



シーバイクロエ

シーバイクロエとは1952年に設立された「クロエ」のセカンドラインとして2001年に誕生したブランドです。



ランバン オン ブルー

ランバン オン ブルーとは、フランスで誕生した「ランバン(LANVIN)」が伊藤忠グループと展開をスタートしたセカンドラインです。2004年に誕生しました。



グースィー

グースィーとは、株式会社パルが運営するブランドの一つです。 アメカジをベースにヴィンテージのリメイクアイテムから、独自にチョイスしたセレクトブランドまで幅広いアイテムを取り揃えています。



コーエン

コーエンとはファッション感度の高いメンズ、レディスに向けた、ユナイテッドアローズグループのカジュアルウェアブランドです。



チャオパニック

チャオパニックとは株式会社パルが運営するカジュアルブランドです。



アーサスベイプ

アーサスベイプとは、ア ベイシング エイプの新ラインとして2010年に誕生したブランド。 「Placing Things where they should be」(あるべきものをあるべき場所へ)をブランドコンセプトに掲げている。



アグ

UGG(アグ)とは、シープスキンブーツ(羊の毛皮を使ったブーツ)の総称。



トッカ

トッカとは1997年に誕生したブランドで、マリー・アン・オーディアンズによって設立された。 「クラシック」「エレガント」「トラディショナル」をコンセプトに、レディースやキッズの洋服やバッグ、アクセサリーなどの小物を展開している。



ルージュヴィフ

ルージュヴィフとは、(株)アバハウスインターナショナルが運営するブランドの一つ。



ロッソ

ロッソとは、株式会社アーバンリサーチが運営するブランドの一つである。



レッドウィング

レッドウィングとは、1905年チャールズベックマンよって設立されたシューズブランド。 1912年に発売されたブラウンチーフシリーズが注目を集めた。



ラヴィジュール

ラヴィジュールとは、若い世代の女性を中心に人気を集めているランジェリーブランド。 エゴイストのランジェリーラインとして誕生した。



ペーパーチェスト

ペーパーチェストとは、旬のトレンドを提案するメンズ、レディースのセレクトショップ。



ニトカ

ニトカとは、シンプルで上質なアイテムを展開するブランド。遊び心のある大人の女性に向けたスタイルを提案している。



マーキュリーデュオ

マーキュリーデュオとはMARK-STYLER株式会社が運営するブランドの一つ。



エムエイチエル

MHL(エムエイチエル)とは、1970年に誕生したマーガレットハウエルが運営するライン。 ワークウエア、ユニフォーム、ミリタリーなどのジャンルを中心としたアイテムを展開している。



ミスティック

ミスティックとは、株式会社パルが運営するラインの一つ。 女性らしいシルエットやラインを生かした可愛らしいアイテムが豊富に揃っており、若い女性を中心に人気を集めている。



エイチエムエル

MHL.(エイチエムエル)とは、1970年に誕生した「マーガレットハウエル」から2003年に誕生したライン。 ワークウエア、ユニフォーム、ミリタリーなどのジャンルを中心に、モダンでシンプルなアイテムを展開している。



ランチ

LuncHとは、くワコールホールディングスの国内グループ企業「ウンナナクール」の姉妹ブランドとして誕生したアンダーウェアブランド。



ルシェルブルー

ルシェルブルーとは1987年に誕生したドメスティックブランド。 ワンランク上のオシャレを目指す女性に向けて洗練されたスタイルを提案している。



エルエイチピー

L.H.Pとは、北欧テイスト、アメリカンテイスト、UKテイストを合わせた新スタイルを提案するセレクトショップ。 独自の世界観というフィルターを通して厳選されたアイテムを取り揃えている。



エルディーエス

L.D.Sとは株式会社ララ・プランが運営するラインの一つで、ファッション雑貨のドラッグストアとして誕生した。



カンゴール

カンゴールとは、1938年にジャック・スプライルゲンによって設立されたブランド。 第二次世界大戦ではイギリス軍にベレー帽を提供したことで国内的にその名が知られるようになる。



ジョイリッチ

ジョイリッチとは2007年にアメリカのカリフォルニアで誕生したブランドである。



グリード インターナショナル

グリード インターナショナルとは、欲張りな大人の女の子をコンセプトとしたブランド。 人気ブランド「blondy」の大人ラインとしてに2006年に誕生した。



インターステイプル

インターステイプルとは、上質なレザーでデザイン性の高いアイテムを展開するバッグブランド。 トレンドを取り入れたベーシックなアイテムや、ディテールにまでこだわりを持って作られるアイテムが人気を集めている。



エリオポール オム

エリオポール オムとは、インターブリッジ株式会社が運営するメンズライン。 上質な大人の男性のためのアイテムを幅広く展開し、多くのファンからの支持を得ている。



エリオポール

エリオポールとは、インターブリッジ株式会社が運営するラインのひとつ。 洋服はもちろん、シューズやバッグ、雑貨など幅広いアイテムを展開。



グレースコンチネンタル

グレースコンチネンタルとは株式会社アイランドが運営するブランドの一つで、1997年に誕生した。



フィガロ パリ

フィガロ パリとは、フランスで最も伝統のあるファッション誌「madame FIGARO」の「Passion for unique fashion style」をコンセプトに様々なアイテムを展開するブランド。



エテ

eteとは、上質で個性のあるジュエリーを展開するブランド。 ジュエリーを通してかけがえのないストーリーを届けたいというコンセプトを掲げている。



エモダ

EMODAとは松本恵奈氏によって設立されたブランド。 前身はアパレルショップの店長であり読者モデルとしても活躍していたが、2009年に「EMODA」を立ち上げた。



ドレステリア

ドレステリアとは株式会社ワールドが運営するブランドで、メンズ・レディースアイテムを取り扱っている。



デビーバイフリーズショップ

デビーバイフリーズショップとは、FREE'S SHOP(フリーズショップ)が運営するラインのひとつで2007年に誕生した。



ダナー

ダナーとは、1932年にアメリカのオレゴン州で誕生したアウトドアブーツブランド。 1952年にはアメリカで初めてビブラムソールを用いたクライミングシューズを生み出し、1980年には世界初のゴアテックスブーツを発表。



コロンビア

コロンビアとは、アメリカのオレゴン州で生まれたアウトドアブランド。 1982年にアウタージャケットとインナージャケットをジッパーで脱着して3ウェイの着こなしができるインターチェンジシステムの開発。



チープマンデー

チープマンデーとは、スウェーデンのジーンズブランド。



アウラ アイラ

アウラ アイラとは、川島幸美氏がデザイナーを手がけるドメスティックブランドである。



アパート バイ ローリーズ

アパート バイ ローリーズとは、25歳から35歳の女性をターゲットとしたブランドで、株式会社ポイントが運営するブランドの一つ。



ソアリーク

ソアリークとは2010年の3月に誕生したレディースブランド。 ブランド名の「Soareak(ソアリーク)」とは、「飛翔する快感、開放感をこよなく愛すること」を表現するために作られた造語である。



フリークスストア

フリークスストアとは、アメリカンカジュアルスタイルを提案するセレクトショップ。 独自の世界観を通して洋服、アクセサリー、雑貨、小物など様々なアイテムが取り揃えられている。



エディション

エディションとは、株式会社トゥモローランドが運営するブランド。 メンズ、レディースのファッションアイテムはもちろん、小物や雑貨なども幅広く展開している。



ガラアーベント

ガラアーベントとは、大河原氏によって2004年に設立されたメンズブランドである。



ロペ ピクニック

ロペ ピクニックとは、株式会社ジュンが運営するレディースブランドの一つ。



トリッカーズ

トリッカーズとは、靴作りの名人だったジョセフ・トリッカーによって1829年に設立されたブランドである。セント・ミッシェル通りにある工場にはチャールズ皇太子より王室御用達を表す「ロイヤル・ワラント」が掲げられている。



アガット

ageteとは、その時々の女性の生き方やファッションを反映した、「常に新しい物」「今までの市場に無かった物」を提案し、「時代の流れにそったジュエリー」を提供するブランド。



ケービーエフ

KBFとは、株式会社アーバンリサーチが展開するブランドのひとつ。 女性らしい柔らかさを持ったモード系中心のアイテムを提案。



ローズバッド

ROSE BUD(ローズバッド)とは、トレンドと独自の世界観を通してセレクトされたアイテムを取り揃えているブランド。ブランド名の「ROSEBUD」は英語で「薔薇のつぼみ」を意味する。



ヘザー

Heather(ヘザー)とは、ナチュラルでガーリーなアイテムを展開するブランド。 レディースアイテムを中心に取り扱っており、トレンドを取り入れた最新のアイテムを手に入れることができる。



ソメスサドル

ソメスサドルは、日本馬具メーカーで革製品などを提供するブランド。 バッグやペンペースなどの革を使った小物が中心で革の品質の高さには定評がある。



キタムラ

キタムラ(Kitamura)とは、創業1882年のバッグブランド。レザーを使用したハンドバッグ、財布などの革小物が有名。「K」のマークがトレードマークとなっている。いわゆる「ハマトラ(横浜トラディッショナル)」ブームを巻き起こしました。



アダム・ジョーンズ

アダム・ジョーンズによって2001年に設立されたブランド。 アダム・ジョーンズはイギリスに生まれ、ユニバーシティ・ブライトンにてファッションを学んだ後、パリに渡り、ケンゾーやクリスチャン・ディオールで経験を積んだ。



福助

長い歴史の中で、上質でデザイン性の高いアイテムを展開質付けているブランド。 多くの人々から愛されるブランドとして、不動の地位を築き上げている。



アツギ

ストッキング・タイツ・インナーウェアなどを展開するブランド。 上質で様々なシーンで活用できるスタイルを提案している。



靴下屋

包まれて、暮したい。」というコンセプトは、「靴下は足を優しく包みこむもの」という私たちの考えがベースとなって誕生したブランド。



ハンキー パンキー

アンダーウェアブランドで、展開するアイテムはデザイン性、機能性だけでなく素材・質感にこだわられたものばかり。 世界中の人々からの注目を集めている。



エスマイル

「生活する女性のための実用衣料」をブランドコンセプトに掲げ、リラックスして毎日を過ごすことができるよう、シンプルでナチュラルなアイテムを展開するブランド。



プリンセスガールズ

デザインや素材だけにこだわるのではなく、プリンセスガールズの商品を購入すると、ミャンマー・ラオスの子供ひとりの命が救われるための募金、捨てられた犬たちのための募金もできるなど、様々な問題に目を向けるブランド。



フォリフォリ

Folli Follie(フォリフォリ)とは、1982年にギリシャで生まれたジュエリーを核としたブランド。 現在では世界中の人々から愛されるジュエリーブランドへと発展している。



デコバ

ブランド名の「DECOBA(デコバ)」とは「デコレーション」と「バッグ」を合わせた言葉。 アクセサリー、付属、ハンドルなどを付け替えることが可能で、自分だけのオリジナルアイテムを使うことができる。



リルリモ

「ちょっとした贅沢と心地よさ」という意味を持つブランド名を掲げる。 カラフルでポップなアイテムが揃う。



オーバーライド

世界から注目を集めている日本人特有の感性、帽子の歴史を大切にしたいというブランドコンセプトを掲げているブランド。



ジェリービーンズ

ナチュナルでさり気ないかわいらしさを持つアイテムを展開するブランド。 自己主張し過ぎず、あくまでも自然にトレンドを取り入れたスタイルや、大人っぽいシンプルさと女性らしい甘さのミックス感覚を提案している。



ノー ネーム

名前のないブランドとして誕生したフランスのスニーカーブランド。 ヒップラインを美しく見せることのできるアイテムを展開し、多くの人々から注目を集めているブランドである。



ブロンティベイパリス

1994年にフランスで誕生したバッグブランド。 誕生以来、世界中の人々から愛されている。



アートディレクト

トレンド感を取り入れながらも、シンプルで使いやすく、飽きの来ないアイテムを展開するブランド。



サック

みんなが欲しいものという想いを大切に新鮮な物づくりをめざしているブランド。 多くの情報や知識、感性と思い入れ、そして、人と人とのコミュニケーションから生まれる物づくりに、限りない可能性を感じ、たくさんのスタイルを提案する。



ラシット

様々なものが時代の流れとともに消えていくなかで、懐かしいものにスポットを当て、ぬくもりを感じることができるアイテムを展開するブランド。



タンブゥ

上質な素材・デザインにこだわり、アイテムを展開する。 ブランド名の「タンブゥ」とはアフリカの伝統的な原始太鼓の名前に由来している。



アクセソワ バイ エーディーエムジェイ

世界中から集められたレザーとオリジナルの金具を使い、東京で手作業による縫製を行っている。 メーカーと共同開発したミシンによるスパンコールや手縫いのスワロフスキークリスタルをあしらうなど、ADMJならではの技術が込められたアイテムを東京から世界に向けて発信している。



フリーストア

自分の価値観を大切にし、精神的に自立した女性へ向けて発信されるブランド。 上質で洗練されたアイテムが注目を集めている。



ヒットマン

パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨークなどから、いちはやく話題のブランドを買い付け、日本に紹介しているシューズのインポートブランド「HITMAN(ヒットマン)」。



レシピエ

ブランド名であるRecipier(レシピエ)は、“調理法”、“秘訣”という意味の「Recipe」から来る造語で、ファッションにおけるレシピをお客様に提案する、という想いが込められている。



ブリジットバーキン

デザインの中に織り込まれた女性らしさが人気を集めているブランド。 やわらかな印象を引き出し、洗練されたアイテムを展開する。



ヒップス

シンプルでナチュラル。 リラックス感のあるシューズを展開するブランド。 上質な素材にもこだわり、多くのファンを獲得している。



イーボル

フェミニンにもエレガンスにもなれるアイテムを展開するブランド。幅広い年齢層やさまざまなジャンルの女性からの支持を得ている。



セヴン トゥエルヴ サーティー

デザインはもちろん、機能性や素材など様々な要素にこだわって展開されるアイテムが多くの人からの支持を得ている。



キラリー

日本人デザイナーによる注目のレディースバッグブランド。 カラフルでポップなデザインのアイテムが多くの人々からの注目を集めている。



ジュジュ

ブランドコンセプトを設けず、そのときに感じた感性やひらめきを大切にアクセサリーを作り続けるブランド。



ファナ

トレンドを取り入れたデザインと実用性が備わったアイテムを展開するブランド。 多くの女性から人気を集めている。



ルミノール

女性らしいシルエットや素材感にこだわりを持つブランド。 ナチュラルでフェミニンなスタイルを提案している。



エクリュフィル

トレンドを取り入れた、女性らしいスタイルを提案するブランド。 シルエットなどのディテールにこだわれられたアイテムを展開し、注目を集めている。



パオデロ

本当に気に入ったものだけに囲まれる贅沢…そんな豊かな時間を提供してくれる神戸の老舗ブランド「Pao.de.lo(パオデロ)」。



ルキシヴィル

女性らしいシルエットや素材感にこだわりを持つブランド。 ナチュラルでフェミニンなスタイルを提案している。



レアック

普遍的なカジュアルスタイルをベースに、時代の気分をミックスし、着る人が自分らしさを表現できるリアルクローズを展開するブランド。



ナチュラルランドリー

自然素材を使い着苦しくないサイズ感で提案するブランド。 機能性のあるワークウェアをベースに展開されるアイテムが注目を集めている。



パドカレ

ほどよいリラックス感でありながら、女性らしさを引き立たせるシルエットが女性から定評のあるブランド。 デザイン、素材、質感にこだわられたアイテムを展開している。



アビエニア

遊び心を忘れない洗練された女性をイメージしたアイテムを展開するブランド。 都会的で上質なスタイルが多くの女性からの支持を得ている。



メルベイユアッシュ

優しい気持ちになれる服、少しだけ特別な気持ちになれる服を展開しているブランド。 素材感や風合いにこだわり、他では見ることができないオリジナルの生地、色、柄を提案する。



ルラシェトワフォン

トレンドを意識しすぎず、それでいて都会的、そして洗練されたファッションアイテムを展開するブランド。 大人の甘い雰囲気を上手に引き出すスタイルを提案している。



スリードッツ

1995年にアメリカのロサンゼルスに誕生したブランド。 ハリウッドセレブやモデルをはじめとする多くの著名人から注目を集め、以来世界中の人々から愛されている。 プレミアム カット&ソーのブランドとしての地位を築いたTシャツがU cut-TのJessica(ジェシカ)であり、絶妙なカッティングのUネックラインは女性のデコルテの美しさを際立たせる。



ハク

トレンドに左右されること無く、独自の世界観を通して展開されるアイテムが多くのファンから支持されている。



マリンフランセーズ

フレンチ、トラッド、ワークをベースにした、マリンテイストのアイテムを展開するブランド。 都会的で上質なデザイン・素材にこだわられたアイテムが注目を集めています。



シャンブルドニーム

女性らしいデザイン、モチーフを展開するブランド。 リラックスしてデイリーに使えるスタイルを提案している。



ピュアルセシン

株式会社ナイスクラップが展開するブランドライン。 ナチュラルで優しいデザイン、素材、質感にこだわられたアイテムを展開し、注目を集めている。



フランシュリッペ

「素朴でお金をかけないご馳走」という意味があるネーミングのこの洋服には女性へのあこがれとして求められる可愛らしさや優しさを主張させるファッションとして、多くの女性に気軽に選んでもらえるスタイルを提案しているブランド。



コンジェ ペイエ アデュー トリステス

休日にリラックスして着ることのできるアイテムをベースに、様々なアイテムを展開しているブランド。



アデュー トリステス

大人の女性らしいデザイン、素材、質感にこだわられたアイテムを展開し、注目を集めているブランド。 デイリーユーズできる、着ていてリラックスできる、そんなスタイルを提案しています。



フレディ

2009年に誕生したブランド。 お茶目でキュートなフレンチカジュアルスタイルを提案する。



ビットブルー

シルエットの美しさにこだわりを持つデニムブランド。 履き心地や素材にもこだわったスタイルを提案し、多くのファンからの支持を得ている。



ジョーズ

海外セレブが数多く愛用していることで知られるジーンズブランド「JOE'(ジョーズ)」。 素材や質感はもちろんのこと、シルエットなどのディテールにも深くこだわられたアイテムを展開し、世界中に多くのファンを持っている。



ヤヌーク

2003年に誕生したアメリカのジーンズブランド。 アメリカ国内だけでなく、ヨーロッパ、日本など、世界中の人々から高い評価を得ている。



カルチャーミディアム

独自の世界観を通して展開されるアイテムが話題を集めているブランド。 女性らしい質感をもつカジュアルスタイルを提案している。



シンシア

ちょっとした外出着や普段着、背伸びしなくてもいいカジュアルスタイルを実現するアイテムを展開している。理想のスタイリングを提案するブランド。



シェーネ フラウ

シンプルで女性らいしいデザインのアイテムを展開するブランド。 トレンドに振り回されない自己を確立した女性から注目を集めている。



プードゥードゥー

いつまでも輝きを失わない個性と有機的な都会のイメージ。 明るく知性的でいつまでも少女の心を忘れない女性をイメージしたスタイルを提案するブランド。



ジョンブル

カジュアルでシンプルなスタイルと、独自の世界観を表現した遊び心あるデザインが話題のブランド。 シルエットなどにもこだわられたアイテムは多くの人からの高い支持を得ている。



ウエストウッドアウトフィッターズ

デニムの無限なる魅力を伝えたいという想いを掲げ、「旬のデニムウェア」を展開するブランド。 雑誌など多くのメディアからも取上げられ、注目を集めているブランドのひとつです。



エーアイシー

60'sボヘミアンのワードローブを表現したファッション・ブランド 。 独自の世界観を通して表現されたアイテムを展開し、注目を集めている。



ロッタラブ

人気ブランドである「ユナイテッドアローズ」からデビューした、通信販売ブランド。 ブランド名である「Lotta Love(ロッタラブ)」には「a lot of love(溢れる愛)」という意味が込められており、デザインはもちろん、素材、質感、遊び心にこだわられたアイテムを展開している。



リップスター

決して華やかではないけれど、小さな「元気」がいっぱいギュッと詰まっているスタイルを提案し続けるブランド。



キャンツー

トレンドのポイントを押さえ、女の子が欲しい!と思うアイテムを独自の世界観を通して展開するブランド。 カジュアルにもエレガントにも、自分次第で色々な自分を発見できるスタイルを提案している。



トピックラックス

トレンドを取り入れた、女性らしいスタイルを提案するブランド。 シルエットなどのディテールにこだわれられたアイテムを展開し、注目を集めている。



イーハイフンワールドギャラリー

カジュアルスタイルと女性らしさをミックスさせたアイテムを展開しているブランド。 トレンドを独自の世界観で表現したスタイルを提案し、人気を集めている。



ビス

時代と遊び心を表現できる女性にアイテムを発信し続けるブランド。 ブランド名である「VIS(ビス)」とはフランス語で「ネジ」を表すもので、色々なものをつなぎ合わせ形を創る大切なパーツ、というニュアンスを独自の世界観で表現し、展開するという意味が込められている。



ヴェールダンス

落ち着いたシンプルなスタイルとトレンドを押さえたスタイルをミックスしたアイテムを展開するブランド。



オズモシス

着る人の一部になるようなアイテムを展開し続け、多くの女性から高い支持を得ているブランド。 様々なシーンに対応できるスタイルを提案している。



アイズビット

トレンドに独特のエッセンスをプラスしたエッジーなセレクトに、スタイリストやモデルなど業界の間でもコアなファンを多く持つブランド。



スーパーハッカ

ベーシックなラインでありながら、素材やカラーで微妙なニュアンスを表現し続けるブランド。 『ありそうだけどなかなか出会えなかった服』をコンセプトに、いつまでも遊び心のある女の子のためのデイリーウェアを展開する。



ナイスクラップ

シンプルでありながら、トレンドを取り入れたスタイルを提案するブランド。



ミスティ ウーマン

トレンドのポイントを押さえたアイテムを、独自の世界観を通して展開されるアイテムが人気を集めているブランド。



ページボーイ

トレンドをいち早く取り入れ、カジュアルスタイル、フェミニンスタイルなど、なりたい自分になることができるアイテムを展開するブランド。



レイカズン

ベーシックとシンプルをベースにトレンドをさりげなく取り入れたナチュラルでリラックスできる服を展開するブランド。



アースミュージック&エコロジー

毎日でも使えるベーシックスタイルで女性らしさを意識したアイテムを展開するブランド。 トレンドを取り入れながらも、シンプルで着こなしやすいスタイルを提案し、多くの女性からの人気を集めている。



ガブリエル

自分に正直であることを貫き誰にも屈しない常に自分で決断して生きてきた、女の生き方に共感。誰かが決めた゛こうでなければならない″を打ち破り自分に自分のスタイルを貫いていく、そんな女性をイメージし、アイテムを展開しているブランド。



スウィングル

ロンドンでは限られたエリアに住む(S、W、SWといった番地名が住所に入る)住人達はSwingleと呼ばれ、彼らのハイセンスなライフスタイルはみんなの憧れの的となっている。



デュラスアンビエント

トレンドを意識した、洗練されたアイテムを展開し続ける「DURAS ambient(デュラスアンビエント)」。 クールでリッチな、力強い大人の女性をイメージして展開さえるアイテムが話題を集めている。



ビーラディエンス

ブランド名にも入っている「RADIANCE(ラディエンス)」とは、「光り輝く」という意味をもつもので、光り輝き続ける女性のためのアイテムを展開している。



ピンキーガールズ

「CUTE」、「SEXY」を部r何度キーワードとして掲げ、お洒落をする事が大好きでかわいらしさを忘れない全ての女性に向けたブランド。 ブランドの「イメージカラーであるピンクを使い、フェミニンなアイテムを展開している。



エフデ

上品で、女性らしいシルエットが着る人の心を優しくする。 フェミニンなイメージでありながら、大人の女性らしいデザインを取り入れているアイテムを展開し、注目を集めている。



メイソングレイ

「キレイ」、「シンプル」、「かっこいい」。 これらの要素全てを満たした、大人のきれいめカジュアルスタイルを提案するブランド。



ビアッジョブルー

株式会社ビッキーが展開するブランド「Viaggio Blu(ビアッジョブルー)」。 都会的な洗練された女性から、高い評価を得ているブランドのひとつである。



ヴィニー

シンプルでラフなスタイルの中に、まるでセレブのようなラグジュアリーな雰囲気を持つアイテムを展開しているブランド。



ライフ ドルチェ ラボ

いくつ歳を重ねても変わらない、エイジレスな感性とセンスを持ち合わせている、魅力に溢れた女性に向けて発信してゆくセレクトショップ。



スマッキーグラム

様々な要素を自由にミックスし、自分なりのスタイルを楽しむ女性へアイテムを展開する「Smacky Glam(スマッキーグラム)」。



リティラ

カジュアルにも、フェミニンにも、エレガンスにもそれぞれのシーンで妥協せずに好きなものを選ぶことができる女性をイメージし、アイテムを展開し続けるブランド。



ミッシュ マッシュ

女の子なら誰でも持っている「理想の自分」をテーマに様々なアイテムを展開している。 シックでちょっとレトロなムードをまとった、フェミニンでキュートなスタイルをご提案します。



ファビュラス セシル マクビー

ブランド名に用いられている「Fabulous(ファビュラス)」とは、「最高、素晴らしい」という意味を持つ言葉。 人生をいつも思いっきり楽しんでいる、最高の女性たちへスタイルを提案し続けるブランドである。



セシル マクビー

18歳~25歳の女性を対象としたブランド。 いつでも自分が一番輝けるファッションを大切にした女性へ向けて、様々なシーンで使えるアイテムを展開している。



ブラックバイマウジー

「URBAN CLASSIC」をブランドコンセプトに掲げている。 上質な素材、美しいシルエットにこだわりぬき、誰からも愛されるシンプルなスタイルを提案。



プレミアムバイビッキー

リッチカジュアル、リッチ通勤服を表現する、クールでかっこいい大人の女性をイメージし、アイテムを展開するブランド。



ビッキー

コンサバティブをベースに上品でクオリティの高いコンテンポラリー&シンプルスタイルを、素材、ディテール、シルエットにこだわりを持ちエレガントに表現するブランド。



ジョイアス

ブランド名の「Joias(ジョイアス)」は「宝石、貴重な人々」という意味を持つ。 その言葉通り、輝く大人の女性をイメージし、ビジネスシーンや、日常の恋愛や遊びなどの様々なシーンに対応できる、上質でエレガントなスタイルを提案している。



キスミス

流行を程よく取り入れ、フェミニンさを大切にしたヤングキャリアブランド。 ちょっと大人の女性を意識したエレガンスなスタイリングを提案している。



シーシークロス

甘かっこいいハイスタイルを提案するブランド。 リッチでクールなカジュアルスタイルの中に、女性らしさを引き出すディテールが加えられたアイテムを展開し、人気を集めている。



ジャイロ

上品でシックだけでは物足りないと感じる若い女性への遊び心のあるアイテムを展開するブランド。 ブランドキーワードには「COOL&SEXY」を掲げている。



ロペ

1968年に誕生したブランド。 「ROPE'」というブランド名は、南フランスのコートダジュールにあるリゾート地「ST.TROPEZ サントロペ」に由来している。



クイーンズコート

可愛らしくなりすぎない、リッチでフェミニンな女性のためのアイテムを展開し続けているブランド。 シンプルで甘すぎないかわいらしさを追求した ニューキュートコンサバティブをブランドコンセプトに掲げている。



ブラウニービー

フェミニンとカジュアルをミックスさせたスタイルをベースにアイテムを展開している「Brownie bee(ブラウニービー)」。 クールにもフェミニンにもなれるアイテムを幅広く取り扱っている。



レストローズ

キュートでフェミニンなスタイルを提案する「L'EST ROSE(レストローズ)」。 大人らしさを表現しつつも、可愛らしさを忘れない女性のてめのアイテムを展開し続けている。



デビュー ド フィオレ バイ レッセパッセ

「Debut de Fiore by LAISSE PASSE(デビュー ド フィオレ バイ レッセパッセ)」とは、可愛らしい女性の定番アイテムを展開する「LAISSE PASSE」からの新ブランド。



レッセ パッセ

1986年に誕生したブランド。 女性ならではの可愛らしいデザインが人気。 また、素材も女性らしいやわらかい素材、質感にこだわっており、長く愛されているブランドのひとつである。



アプワイザーリッシェ

フェミニンにもキュートにもなれる、かっこいいだけでなく様々なシーンで色々な顔を持つ確立した自分なりのスタイルを持つ女性に人気のブランド。



ルビーリベット

オフィススタイルを作るうえで「合わせやすさ」、「きちんと感」を大切にしながら「旬を押さえたほどよいデザイン」で、働く女性の等身大のスタイルを完成させる。



ボールルーム

ディテールはもちろん、デザインにも遊び心が施されているballroomのアイテムに話題が集まっており、今後も注目しておきたいブランドのひとつである。



グラムス

株式会社 アパラが手がけるブランド。 独特の世界観を通して発信されるアイテムが多くの女性から注目を集めている。



パラビオン

ブランド名である「Par Avion」とは、フランス語でエアメールを意味する言葉。 どこか懐かしさの有る可愛いさと、今取り入れたい旬なトレンドアイテムをMIXし、自分らしい着こなしを提案するブランド。



ル シンクロニシティ

「SYNCHRONICTY」とは心に描いたものと現実が一致するという意味を持つ。 2001年に誕生したブランドで女性が持つ内面のエレガントさや、グラマラスさを引き出すようなアイテムを展開している。



ミラーミラーオンザウォール

様々なファッションの中から、自分なりのスタイルを持ち、選ぶことができる女性へ向けてアイテムを発信するブランドである「Mirror Mirror on the wall(ミラーミラーオンザウォール)」。



バビロン

ファッションという言葉のもつ意味を、単に“服装”や“流行物”と捉えるのではなく、文化、風俗として捉えていきたいというブランドコンセプトを掲げるブランド。



サロン デュ ラ トリニテ

モード感のあるシンプルスタイルを提案するブランド「Salon de la Trinite'(サロン デュ ラ トリニテ)」。 ハイクオリティで、ディテール、素材、質感にこだわられたアイテムが話題を集めている。



クルーン ア ソング

2005年に誕生したブランド。 年齢を問わず、自由な感性を持つ人々に向け提案し続けるセレクトショップで、モードとカジュアルがミックスされたアイテムが多くの人から高い支持を得ている。



ジル バイ ジルスチュアート

ジル・スチュアートによって設立されたブランド「JILL STUART(ジルスチュアート)」によって展開されているライン。



ベベローズ

トレンド感を取り入れながらも、女性らしさ可愛らしさをベースに決して幼くはならないようなアイテムを展開している。



ジョリーブティック

架空のおしゃれなセレブ「miss JOLLY」をイメージし、様々なアイテムを展開するブランド「Jolly Boutique(ジョリーブティック)」。 自分に自信のあるグラマラスな女性、時代に即した自分に似合う商品を迷わず選択できる自分らしさを持つ女性を対象としている。



バービー

2003年に誕生したブランド。 誰もが憧れたバービーの世界観を守りながらも、新しいテイストを取り入れた独特の世界観を通してアイテムを展開している。



ティティ アンド コー

「SWEETすぎず、CUTEすぎず、着心地のいいシルエットにちょっぴりSexyさをプラス」したアイテムを展開しているブランド。



ダズリン

ブランド名である「Dazzlin'」には、「常にキラキラ、華やかに輝き続ける」という想いが込められている。 可愛らしく女性らしいアイテムを展開し、若い世代を中心に人気を集めているブランドである。



ラグナムーン

インナーウェアとウェアを展開するブランド。 ガーリーにもセクシーにもなれるアイテムを展開し、話題を集めている。



ドロシーズ

自分のスタイルを確立した大人の女性へのアイテムを展開し、話題を集めているブランド。 かっこいい女性のリアルクローズが手に入る。



ラブフール

2009年に誕生したブランド。 流行を抑えたマニッシュスタイルと、女性らしいフェミニンなスタイルの両方を兼ね備えたアイテムを展開する「Lovefool(ラブフール)」。



ムルーア

「Charming Girl」をコンセプトに掲げるブランド。 MURUA(ムルーア)が考える「Charming Girl」とは、「時にはSWEETに、時にはCOOLに、その日の気分によってCHANGEする、魅惑的で女の子に憧れられる女の子」である。



ロミィジュリエッタ

ガーリ-にもセクシーにも、自分がなりたい自分を演出するためのアイテムを抱負に展開しているブランド「Romeo y JuLieta(ロミィジュリエッタ)」。



フィッタ フィッタ

ブランド名である「fita fita(フィッタ フィッタ)」はポルトガル語でリボンを表すもので、ブランドのトレードマークとなっている。



ディグレース

シンプルな中にも常にかわいらしさや上品さを忘れない大人の女性に向けたリアルクローズブランド。



ロシカリエ

トレンドを意識しながらも、流されすぎない大人の女性をイメージして展開されるアイテムが話題を集めている。



ビルカフレーズ

自分のスタイルを確立した大人の女性をイメージしてアイテムを展開しているブランド。



ヴァンキッシュ

㈱せーのが展開する「VANQUISH」は、渋谷メンズファッションの聖地「109メンズ」で人気のモード系メンズブランド。



アルバローザ

「海を目の前にしたときにこみ上げてくる喜びや、リゾートという夢を作り出す楽園をファッションを通じて表現し、伝えていく」というブランドコンセプトを掲げているブランド。



シャーロットロンソン

"シャーロットロンソンがデザイナーを務めるニューヨーク発祥のブランド。 「cute、sexy、sporty and elegance」をブランドコンセプトに掲げ、2000年に誕生した。



ホワッツニュー?

外見だけでなく、内面から輝く女性をイメージしたコレクションを手会し、話題を集めているブランド。



モロコバー

"「違う毎日を自分らしく過ごせる女性」をブランドコンセプトに掲げ、2007年に誕生したブランド。



アミリス

2006年に誕生したブランド。 小川知子がデザイナーを努めており、自分自身が本当に着たいと思えるアイテムを展開している。



デイシー

ブランド名であるdeicy(デイシー)とは、架空の女の子。 デイシーはカリフォルニア出身で、ニューヨークでデザイナーを目指しセレクトショップで働きながらオシャレに生活する明るい性格。 20~25歳の自由なライフスタイルを愛する女性を対象にアイテムを展開している。



ヴァベーネ

イタリアのウォッチブランド。 様々なコラボレーションや、遊び心のあるアイテムを話題を集めてきたブランド。 イタリアはもちろん、世界中の人々から高い評価を得ている。



ボシュプルメット

2008年にアートディレクター野田凪によって立ち上げられたブランド。 新たに吉田ユニ、大島慶一朗らを迎え入れ、デザイナーは優哉が務める。 ブランド独自の世界観から展開されるアイテムは多くの人々の心をつかんでいる。



ジュコ

2006年に誕生したブランド。 2008年2月より浅草にアトリエを構え、コツコツと製作し、日々、試行錯誤しながらの靴作りを行っている。 オーダー靴から撮影用の一点モノまで、様々な靴を手がける。



リタジーンズトウキョウ

2008年に誕生したブランド。 大人のためのカジュアルアイテムを展開し、注目を集めている。



ベンデイビス

1935年に誕生したワークブランド。 西海岸を中心に人気を集め、現在では世界中の人々から愛されるブランドへと進化を遂げた。



メイデン・ノワール

2006年に誕生したブランド。 様々なアイテムをアメリカやヨーロッパを中心に展開している。



デュルブイ

2009年に中津 由利加によって立ち上げられたシューズブランド。 福岡に生まれ、アパレル勤務、留学など様々な経験を積んだ後、独立。 独自の世界観から展開されるアイテムが注目を集めている。



ジェレメッツソロ

流行から得た刺激をそのまま取り入れるのではなく、自分というフィルターを通して個性を発揮することができる女性になるためのアイテムを展開しているブランド。



セクスプリメ

Sexyかつ気位の高いスタイリッシュなシルエット、繊細なアプローチから生み出される「飾らないエレガンス」という世界観をもつブランド。 伝統的なテーラーリング技法を駆使し、常に時代の先を行く洗練されたスタイルを追及し、性別を超越したSexyさを “to be fascinated” としてシンボルに掲げ、提案し続ける。



レン

2005年に誕生したレザーバッグを中心に展開するブランド。 デザイン性・機能性を兼ね備えた、ハイクオリティなバッグは高く評価されている。



エカム

2009年に誕生したブランド。 三木勘也によって立ち上げられたもので、革と確かな技術によって展開されるアイテムが注目を集めている。



ファンデーションアディクトボーイズ

「FOUNDATION ADDICT」のユニセックスラインとして2009年に誕生したブランド。 様々なテイストをミックスしたアイテムを展開し、人気を集めている。



ギャラクシー

2007年に誕生したブランド。 スタジオぴえろの80'sアニメ「魔法の天使 クリィミーマミ」とのコラボレーションによって、メディアから話題を集める。



ココマ

「cocomma」とは北欧のキッズシューズブランド。 クオリティ・デザイン性の高いアイテムを展開し、多くの人々から愛されているブランドである。



アトモスガールズ

レディースファッションとして楽しめるスニーカースタイルをテーマに掲げ、トータルコーディネートを展開している。



イージーゴーイージー

2009年に誕生したブランド。 Mai,Koto,Kon,Satoがデザイナーを務める。



ロンドンソール

有名な老舗シューズブランド「ジミーチュウ」の創始者であるジミーチュウの姪によって設立されたブランド「LONDON SOLE」。 デザインやカラーバリエーションが豊富で、多くの人々から愛されているバレエシューズブランドとなっている。



ストラマ

2009年に誕生したブランド。 谷田浩、さとうかよらがデザイナーを務める。



リバルテ

TAKUYA YAMAGUCHIがデザイナーを務めるブランド。 ブランド名である「revarte」とは、REVOLUTIONARY(革命)、ART(芸術)、EXPLOSION(爆発)の3つの単語を合わせた造語となっている。



リーバイス レディース

リーバイ・ストラウスによって設立されたブランドである「Levi's 」が展開するレディースライン。 定番の形はもちろん、新しい部分もとりいれたアイテムを提案している。



エムティー

2008年に誕生した文房具ブランド。 マスキングテープに着目し、現在70以上の色・柄を展開している。



リベンハム

スイスの二人の兄弟によって立ち上げられたウォッチブランド。 ブランドを象徴する赤いロゴマークは、スイスの国旗をイメージし、「Libenham」の頭文字である「L」を組み合わせたシンプルでありながら印象的なデザインが特徴。 機能性を反映させた美しいデザインが人気を集めている。



ビリティス ディ セッタン

星丈二、瀬下裕子 がデザイナーを務めるブランド。 素直な感受性を失わない大人の女性に向けたアイテムを展開している。 「今の時代」の時代性と乖離しないシルエットディティール、素材感などファッション性などをとても大切にしている。



キーン

2003年にアメリカで、ローリー・ファーストによって立ち上げられたフットウェアブランド。 創業モデル「Newport」は、オリジナルのトゥ・プロテクション(つま先の保護機能)を備えた「靴を超えたサンダル」として、「KEEN」の名を世界に知らしめた。



ジョエル・ガニャール

2008年に、山本洋史がディレクターを務めるBloc de l'artから誕生したオリジナルブランド。 デザイン性、機能性に優れアレンジがしやすい、より季節感を持たせたアイテムなどの展開を強化し、ファッションシーンにおける重要アイテムとしての提案を行っている。



レミ レリーフ

古き良きアメリカ衣料の雰囲気を再現した、カットソーを中心にリリースするブランド。 ヴィンテージアイテムの雰囲気を高いレベルで再現しながら、独自の素材開発と加工技術により、当時のアイテムの復刻に留まらず、現代のデイリーウェアへと昇華させたアイテム展開が特徴とされている。



ベイク

2009年に誕生したアイウェアブランド。 山崎省吾がデザイナーを務めており、「beik」から展開されるアイウェアは多くの人々からの注目を集めている。



エヌドゥ

2002年に誕生したアクセサリーブランド。 パスカルとエンゾー夫婦によって展開されるアイテムは、多くの人々を魅了し、世界中にたくさんのファンを得ている。



ボニカ

2009年に誕生したブランド。 野崎 玲欧奈がディレクターを務めており、「bonica」から展開されるアイテムは多くの女性から注目を集めている。



レ・シス

「Les Six」とはデザインとタッセルを融合させたタッセルブランド。 伝統的な部分を守りながら、いままでのタッセルにはない斬新なデザインと色合いが特徴的。 職人が一つ一つを手作りによって作り上げるアイテムは、デザインはもちろんクオリティの高さが注目を集めている。



ガカモレ

2007年に誕生したブランド。 仕事、遊び、仲間などに自分のスタイルを持っている人々へ、遊び心のあるアイテムを提供しているブランド。



クロニクルズ オブ ネバー

2006年にガレス・ムーディー(Greth Moody)によって設立されたブランド。 創業当初はリング、ネックレス、ブレスレットのジュエリーコレクションなどを展開していたが、その後デニム、レザーシューズなどを含めたトータルブランドへと成長している。



ティプトー

「e.m」が展開するオリジナルブランド。 スカルやスパイダー・蝶々などさまざまなものをモチーフにしており、大きめのチャームが特徴。



イー・エム ノアール

1996年に誕生した「e.m」からのオリジナルブランド。 仲谷英二郎、飛田眞義らがデザイナーを務める。



サウザンドリーブス

谷田浩、會本久美子、穂井田卓志、御徒町理理の4人によって2008年に立ち上げられたクリエイブィブユニット。 ファッションデザイナー、イラストレーター等、メンバー全員が異業種のクリエイターとしての顔を持ち、それぞれの特徴を生かしたクリエイティブワークが特徴。



ナッツ

2002年に誕生したブランド。 中村達がデザイナーを務めるもので、独自の世界観で展開されるジーンズが人気を集めている。



バーニーブーツ

北欧デンマークで誕生したキッズブランド。 ゴム長靴が有名で、可愛らしいデザインの長靴を多数展開し、話題を集めている。



クリスティーナ・ローデ

「CHRISTINA ROHDE」は、マタニティウェアや子ども服を展開する老舗ブランド。 明るく優しい色使いや、元気なデザインの子供服が人気を集めている。



エンファンティーノ

シャルロット・フォーボーによって立ち上げられたブランド。 シンプルながらもハイエンドな子供服を展開し、多くの人々からの支持を得ている。



ミニアチュア

2002年に誕生したブランド。 カトリーヌ・ヴィードが出産を経験した際に、理想的な赤ちゃんのための洋服が見つからなかったため、自分で作り出したことがブランド誕生のきっかけとなる。



アイシッケライ

2004年に誕生した子ども服ブランド。 元看護師であるマーギットと元教師であるマリーネによって立ち上げられたブランドで、創業後またたくまにヨーロッパ、アメリカ、カナダで人気を集めた。 現在でも世界各国に多くのファンを持つブランドである。



ノモク

ブランド名は「COMMON(普通、ありふれたもの)」をさかさまにしたもの。 つまり「普通ではない、ありふれていないもの」という逆の意味を込めて名づけれた。 それは決して奇を捉えたものではなく、服飾の歴史や伝統を踏まえデザイナーの解釈を基に人の手による温かみを大切にした洋服作りを行うという思いが込められている。



ギザ

2009年に誕生したブランド。 MADEMOISELLE YULIAがデザイナーを務める。



トウキョウカルチャートバイビームス

過去30年に渡り世界中のファッション、カルチャー、ムーヴメントを日本に紹介してきた「BEAMS」が展開するオリジナルブランド。



プラッシュアンドラッシュ

「FREE'S SHOP」のオリジナルブランドである「Plush&Lush」。 バック、シューズ、アクセサリーを中心とした小物のセレクトショップである。 インポートブランドだけでなくオリジナルブランドも取り扱っている。



シェロム

上原さくらがメインプロデュースを務めるブランド。 ブランド名の「chelom」は自身の名前である「さくら」を英語にした「cherry blossom」を略したものとされている。



ホワイト

2009年に誕生したブランド。 シンプルでベーシックな定番アイテムを展開。 デザインに折り込まれた遊び心あるディテールが評価されている。



ココ

itazuraからのオリジナルブランド。 女性らしいアイテムを展開し、注目を集めている。



リエンダ

幾つになっても自分でありたい、エイジレスでアイデンティティを失わない全ての女性のためのブランド。 常に女であることを忘れない女性へ向けて、様々なシーンでのアイテムを展開している。



ロデオクラウン

様々な要素を折り込んだ、カジュアルでポップなアイテムを展開するブランド。 若い世代を中心に女性からの支持を得ている。



サイファー

香港に拠点を置く、カナダ人デザイナーCollin Thompsonによって立ち上げられたブランド。 2007年に行ったコレクションで注目を集め、世界各国への進出も果たした。



ケイキィー

2003年に誕生したブランド。 様々なコラボレーションも展開し話題を集めている。



アナログ クロージング

地球上で最も「斬新」、「テクニカル」、「機能的」、そして「スタイリッシュ」な商品開発をコンセプトに、BURTON のスタイルラボとして、2001年に誕生したブランド。 スノーボーダー、スケーター、サーファーなどからの熱い支持を得ている。



バルーシュ

「barouche(バルーシュ)」とは、19世紀からの旅の移動手段であった「馬車」を指し示す言葉。 派手な形や色ではなく「空間の中で美しく存在を消し去る、その行為の美しさ」をデザインコンセプトに掲げ、様々なアイテムを展開している。



高蔵染

京都に生まれた兄弟によって展開されるブランド。 地に足をつけて、時代に流されることなく、自分たちのこだわりを一歩ずつ踏みしめていくという思いから、デビュー作のテーマとして「スニーカー」を選択し、世界中の人々へ向けて展開。 「染め」の概念にとらわれず、人の日常を「染め」を通して豊かにするために、あらゆる「染め」に挑戦しながらアイテムを展開し、注目を集めている。



ジェラートピケ

コンセプトは「大人のデザート」女性特有の別腹を心地よく刺激する「ファッションのスウィーツ」を表現したNewルームウェアコレクションです。全ての女性に「お部屋の中のファッション」を贈ります。



ジエダ

2007年に誕生したブランド。 独自の世界観を通して展開されるアイテムが注目を集めている。



タビタ

ブラジル誕生したシューズブランド。 36年という歴史を持ち、デザインチームによって展開されるシューズは、美しさや履き心地にこだわれられたアイテムである。



アンブッシュ

2004年に誕生した、ジュエリーデザイナー、ミュージシャンというクリエイティブなバックグラウンドを持つ3人によって立ち上げられたブランド。



マニーク

2001年に誕生したブランド。 様々なアーティストとのコラボレーションが注目されており、スケートデッキやTシャツ等のアイテムを展開している。



ムドカ

只友敦士、上妻かおりがデザイナーを務めるブランド。 一般的に普及しているものではなく、一部の人に長く大切にされるアイテムを展開。



フォーティーファインクロージング

セレクトショップUSから派生したブランド。 アルファベットのUはAから数えて21番目、Sは19番目であり、その数を足すと21+19=40となることからFORTYというブランド名が名づけられた。



クリンク

グラフィックアーティストCraig"KR"Costelloが開発、リリースしているインクとマーカーのブランド。 世界中のグラフィックアーティスト、ライターからストリートライターから熱い支持を得ている。



ザノースフェイス×テイラーデザイン

2008年からスタートしたブランド。 ザノースフェイスが得意とするアウトドアブランドとしての洋服の機能性を、モードデザインに落とし込んだアイテムを展開。



スタンプドエルエー

2006年にクリススタンプによって立ち上げられたブランド。 DJスティーブ青木コラボモデル、N.E.R.Dコラボモデル、アフロボッツコラボモデルなど、コラボレーションという形で多くのアイテムを展開し、話題を集めた。



シークレットベース

2001年に誕生したブランド。 遊び心に溢れたアイテムを展開し、注目を集めている。



チーズ

2008年に誕生したブランド。 遊び心のあるストリートファッションを提案し、注目...



ゲットライ

海外限定モデルや別注モデルを中心に独の目線で様々なシューズをセレクトしているブランド。 スニーカーだけでなくバッグやTシャツなども扱っており、足元だけではなくトータルでのコーディネートを提案している。



プロトタイプ バイ ミロック

島田勝則がデザイナーを務めており、ベーシックなカジュアルラインを中心にハイクオリティなアイテムを展開している。



パルサー

1970年代にアメリカで誕生したウォッチブランド。 ブランド名は精密な周期で電磁波を発する天体の名前に由来している。 1979年にはSEIKOのブランドに加わっており、現在でも圧倒的な人気を誇っている。



ゴム オム

1989年に誕生したブランド「GOMME(ゴム)」からのオリジナルブランド。 シルエット、素材、質感など様々な要素にこだわられて展開されるアイテムが注目を集めている。



スーパー

「SUPER(スーパー)」はヨーロッパを代表するセレクトショップで展開している、最も注目を集めているブランド。 性別を問わずに、様々な国の人から高く評価されている。



シックスパック

1998年に誕生したデザインチーム。 結成当初はポストカードやCDのジャケットのデザインなどを主に手掛けていたが、1999年にはメディアとしてのTシャツデザインを開始。 様々なコラボレーション商品も展開し話題を集めている。



ドーピー

ENGLAND LONDONのROYAL COLLEGE OF ARTの産業デザインコースプロジェクトにより誕生したブランド。 足の指ではさむ形で固定するデザインが特徴的で、遊び心が満載のサンダルとなっている。 デザイン性だけでなく、ベルトでの固定が可能など機能性にもこだわって展開されているアイテム。



エイチティーシーブラック

BLACKという単語の、色としての認識ではないエッジがあるイメージを特化させたブランド。 世界中に多くのファンを持つ。



スーザンベル

2000年に誕生したブランド。 デザイナーはスーザンベルが務めており、Willem de Kooning School of Artsで学んだ後、 「明るい色使いと機能性」をテーマに自身の名を冠したブランドを立ち上げる。



カージュシップスジェットブルー

「SHIPS(シップス)」が展開するオリジナルブランド。 20~30代のトレンドに敏感な女性を対象に、ガーリー、セクシー、遊び心のあるデザインのアイテムを展開している。



ウィルソン

「wilson(ウィルソン)」は、アメリカで誕生した老舗スポーツブランド。 1914年の創業以来、様々な分野のスポーツ用品を展開し、世界中の人々から愛されている。



パティ

2007年に誕生したブランド。 デザイナーはモデルでもあるパトリシオが務めている。 シンプルでありながらメッセージ性の強いアイテムが人気を集めている。



メイドインコルキニカ

酒井景都によって2005年に立ち上げられたブランド。 柔らかいシルエットや女性らしいデザインが人気を集めている。



フレーバー

1998年に誕生したブランド。 東美和子がデザイナーを務めており、福岡県の大川に生まれ、日本宝飾クラフト学院で彫金を学んだ後に自身のブランドを立ち上げた。



サーカ

アメリカで誕生したウォッチブランド。 1920~1950年代の当時のアメリカのスタイルを再現した、アンティークなデザインが特徴。 多くの人々からの支持を得ている。



シャリーフ

毎日身につける服だからこそ、着心地だけなく服を着る喜びや楽しさという魅力を大切にし、人と服との関係をより幸せなものへと変えるための提案をし続けるブランド。



プッシュ コネクション

2009年に株式会社TSVから誕生したオリジナルブランド。 株式会社TSVは、ディレクターである岡田晋がデザイナーの田口悟を招いて立ち上げた会社。



タマオ

沼田真央がデザイナーを務めるブランド。 デザイナーである沼田真央は山口県に生まれ茨城県で育った。 多摩美術大学を卒業後、本屋、画材会社などで経験を積み上げ、自身のブランドである「tamao」を立ち上げた。



ダダ フローラ

内藤陽子がデザイナーを務めるブランド。 フラワーアーティストとして展開するアイテムのクオリティーは高く、多くの人々から高く評価されている。



スカーゲン

「SKAGEN(スカーゲン)」は1992年にヘンリックヨースト、シャーロットヨースト夫妻によって設立されたウォッチブランド。



オーロラグラン

川口育代によって2000年に立ち上げられたジュエリーブランド。 華奢でモードなデザインが特徴で、多くの女性ファンを獲得している。



フォルク バイ オジャガ

2008年に小川正によって立ち上げられたブランド。 自身のブランドである「Ojaga design」からのオリジナルブランドである。



プレイプレイプレイ

2008年に誕生したブランド。 Manydopeの別ラインとして立ち上げられたもので、Mai,Koto,Yukiがデザイナーを務める。



ソンモ

ブランド名の「sommo」とは、イタリア語で「至高の~」という言葉に由来する。 「ルイ・ヴィトン」をはじめ、多くの一流ラグジュラリーブランドのサンダルの製造、デザイン企画を請け負っていることで知られているブランドでもある。



ベイビー

「Baby!」は、ワンマイルウェアを中心に展開するベビー服ブランド。



センス オブ ワンダー

「sense of wonder(センスオブワンダー)」とは、素材、質感にこだわりぬかれたアイテムを展開するベビー服ブランド。 アメリカ認定のオーガニックコットンを使用しており、主に女の子のアイテムを展開している。



ジャーナルスタンダードファニチャー

「journal standard Furniture 」とは、古いモノと新し いモノが混在した空間をコンセプトに、商品の年代やブランド、カデゴ リーといった枠組みを超えてミックスしたライフスタイルを提案するブランド。



ラブクレール

「女性の脚」をキーワードに≪おしゃれの達人は足元から ファッションコーディネイト≫をテーマにしたセレクトショップ。



キャンバスマージ

2008年に誕生したブランド。 スポーツ、アウトドア、アメカジをMIXしたアイテムを展開する。



マージン

2004年、宮内宏樹によって立ち上げられたブランド。 シンプルでありながら、シルエットや素材にこだわられた美しいアイテムが注目を集めている。



ジャーナルスタンダードレサージュ

「journal standard」が展開するレディースライン。



バルチャー

「Vulture(バルチャー)」とは、「JOUNAL STANDARD Men's」が展開するオリジナルブランド。 時代性を考慮したアメリカ的ベーシックアイテムにスポーツブランドをミックスしトータルウエア&ライフスタイルアイテムを展開している。



ブバルディア

2008年に誕生したブランド。 山本麗子らがデザイナーを務めており、デザイン性はもちろん素材やシルエットなど細かい部分にまでこだわりをもって展開されるアイテムが人気を集めている。



サラジョーンズ ロンドン

2006年に誕生したシューズブランド。 大人の女性が仕事でもプライベートでも様々なシーンで活用できるパンプスを中心に展開し、注目を集めている。



ホリデイ

2008年に立ち上げられたルームウェアブランド。 「ホリディーライクな時間の過ごし方もお洒落の一つになれるブランド」をコンセプトに、元モデルであり、現在は歯科医師にして「holiday」のディレクターも務める李珦(リーヒャン)によって立ち上げられた。



リス

2005年に誕生したブランド。 特定のカテゴリーに属することなく、身近で特別な存在であり続けるために、エンドユーザーの顔が見える商品の構成を展開している。



リトモラティーノ

「Ritmo Latino」のブランド名は「ラテンのリズム」という言葉に由来する。 古代にインスピレーションを受けたというドームウォッチが有名で、世界中におおくのファンを持つブランドである。



リフラッティ シップス

「SHIPS」が展開するオリジナルライン。 「ナチュラルでいること」をブランドコンセプトに掲げ、現代的でシンプルな価値観を持った女性に向けたアイテムを展開している。



パメラマン

イギリスのレッグウェアブランドである。 デザイン性だけでなく、機能性、質感にこだわられたアイテムが人気を集めている。



アールケイ オーバーシーズ

「R.K.Overseas(アールケイ オーバーシーズ)」とは、伝統的な手法と確かな技術によって展開されるインドのストール、パシュミナ専門ブランドである。 素材や質感にこだわれた、味のあるアイテムが人気。



エオトト

エオトトはアメリカの先住民ホピ族がその存在を信じ、崇拝するカチナの中の一人。 チーフカチナと呼ばれる最も神聖なカチナの一人で、現在でも行われている儀式において非常に重要な役割を持っている。



ホット ココ

2008年に誕生したブランド。 菅沼志乃がデザイナーを務めており、都会的な女性らしいアイテムを展開している。



ナダ

2008年に、Rebirthのデザイナーを経て独立した堀木厚志によって立ち上げられたブランド。 遊び心のあるプリントやデザインが人気を集めている。



クララビー

マーカー・クレア・オースティンによって2000年に立ち上げられたブランド。 aka award(年間国家賞)の受賞などの経歴を持ち、多くの人々から注目を集めている。



ゲージ

1996年レザージャケットの製造をする会社として設立し、2006年に「Cages」を香港にて立ち上げた。 デザイン性はもちろん、素材や質感、シルエットにこだわれたアイテムに注目が集まっています。



コドモビームス

2008年に「BEAMS」から誕生したキッズブランド。 心を豊かにするモノ、親とこどもが一緒になって楽しむコト。製品の安全性を重視しながらこどもにまつわる全てのモノやコトをビームスらしい視点で選択し、展開している。



ニーナ ミュウ

2007年に誕生したブランド。 内田新菜がデザイナーを務める。 可愛らしく、元気なアイテムが女性からの支持を得ている。



ホワイトライン

2006年に誕生したブランド。 各シーズンにテーマを設け海外からのアーティストとコラボレーションするなど、話題を集めている。 深みのあるシンプルなデザインが、おおくの人から支持されている。



ケンアンドユータ

2005年に誕生したブランド。 アーティストである加賀美健とスタイリストである梶雄太によって立ち上げられたブランドで、ブランド名は両者の名前に由来している。



アヤメ

2007年に、アガオカアヤによって立ち上げられたブランド。 こだわられ、作りこまれたアイテムが話題となり、注目を集めているブランドである。



ジュピター ゴールドレーベル

人気モデルである梨花(りんか)がデザインを手掛けるジュエリーブランド。 「ありそうでなかった」こだわりを随所に散りばめた華奢なジュエリーを中心に、ファッションとリンクした高感度なアイテムを展開し、多くの女性からの支持を得ている。



フランクワンファイブワン

1998年に誕生したブランド。 現在は本拠地のNY以外にTokyo,LA,Parisにブランチを持ち、幅広く活動している。



クラスキー

エレガンス感を大切にし、遊び心のある大人の女性の為のアクセサリースタイル『大人POP』を提案するブランド。 ポップなデザインでありながら、上品さのあるチャームが人気を集めている。



エナソルーナ

2006年に誕生したジュエリーブランド。 「Enasoluna」の「Ena」はギリシャ語で「1」。 「soluna」はラテン語で「太陽と月」を現す。



イレブンシックス

素材、シルエット、被り心地にこだわり、リーズナブルでハイクオリティな帽子を提案するブランド。 不定期にリリースされるが、おおくの人に支持されている。



スモーク

2001年、デザイナーである斉藤洋美とディレクター中西篤志を中心に『嬉しいムダのある服』をテーマに立ち上げられたブランド。 ディテールにこだわられた、女性らしいアイテムを展開し人気を集めてる。



ランゲージ

中西篤志がディレクターを務めるブランド。 遊び心もあり、モード、カジュアル、フェミニン・・・様々な要素を兼ね備えたアイテムを展開し、多くの女性からの支持を得ている。



セイバー

2007年にアメリカで誕生したアイウェアブランド。 ハザードロゴ(海外の警告マーク)をブランドのトレードマークとしたアイテムを展開し、西海岸を中心に支持を得ていった。



ニニータ

ブランド名である「ninita(ニニータ)」とは、スペイン語で「愛くるしい娘、愛しい孫娘」を意味する言葉に由来している。 「ninita」のブランドコンセプトは「大人のかわいいカジュアル」をブランドコンセプトに掲げ、素材にこだわり、ファッションに敏感な遊び心ある大人の女性に向けたアイテムを展開している。



ヴィーダフェリス

2002年にマエダサチコによって設立されたブランド。 全て手作りで作られたこだわりのあるキャンドルは、多くの人々からの支持を得ている。



パドローネ

熟練した職人が「手作業」の「業」に機械の「技」を融合させ、一足一足にフカミとヌクモリのある靴を展開しているブランド。 一貫して自社工場で作り出された靴は、履き心地・デザイン性はもちろん履きふるしたような美しさまで兼ね備えている。



マーブル・アンド・コー

「贈った人も贈られた人も幸せな気持ちを感じれますように」というブランドコンセプトを掲げている。 独自の世界観を大切に作られたアイテムが話題を集め、多くの人々からの支持を得ているブランドである。



マコットン

2004年にイガワマサコによって設立されたブランド。 一点もの制作、手仕事、偶然性を大切にしながら、ふっと見えたイメージを大切に、トレンドや流行からは離れた、ストーリー性のある物づくりを展開している。



エムスール

2006年に誕生したブランド。 「やわらかい世界観」をブランドコンセプトに掲げ、花やレースをモチーフにクラシカルで独創的なアイテムを展開し話題を集めている。



フェニカ

2003年に誕生したブランド。 デザインとクラフトの橋渡しをブランドコンセプトに掲げ、日本を中心とした伝統的な手仕事と、主に北欧から集められた新旧デザインを合わせたアイテムを展開している。



バルデセブンティセブン

2006年に誕生したブランド。 アメリカのアリゾナ州にあるトゥーソンという街にあるビンテージホテル『コングレス』をテーマに菱形の中心のアイテムを展開している。



オールマイティ

1998年に誕生したブランド。 岡田洋介、馬場雅宏らがデザイナーを務めており、一時活動を停止するも2008年に再開し話題を集めた。



キープ

2005年に誕生したシューズブランド。 男性向けのシューズの良い所を女性向けに改良して製品化するところから立ち上げられたブランドで、他に見ないデザインからメンズでの需要が拡大し、ユニセックスのシューズブランドとなった。



アコースティック バイ リコ

2002年に望月唯が創業したブランドである「RICO(リコ)」が展開するオリジナルブランド「acoustic by RICO(アコースティック バイ リコ)」。 カットソー特化したブランドであり、遊び心のある女性らしいデザインが多くの人々からの支持を得ている。



トワ

2008年に誕生したブランド。 スズキタカユキが展開するオリジナルブランドであり、カットソーをメインとしたアイテムを展開している。



イクナ/スズキタカユキ

ブランド名はフィンランド語で「窓」を意味する言葉。 その窓の外に向かって、自分たちにできることや、世の中に伝えたいことを、洋服を通して伝えたいとしている。



スナイデル

2005年に誕生したブランド。 可愛らしい大人の女性を意識したアイテムを展開し、またたく間に多くの女性からの支持を得る。



ミュージアム ニュー

「museum neu」とは、様々な時代の音楽と共に歩み、その時代を作り上げてきた芸術家やアーティストを現在の視点から捉え、プロダクトとして、また純粋なアートとして提案するためのプロジェクト。



オルタモント

2006年に誕生したブランド。 シンプルながらも、メッセージ性のあるデザインが人気を集めており、多くのファンに支持されている。



オーレット

「BLACK RESORT」をコンセプトにアイテムを展開するブランド。 大人らしいシンプルなデザインで、ディテールに深いこだわりを感じさせるようなアイテムを提案し、多くの人から注目を集めている。



マッドティーパーティ

A) MAD T PARTYの『T』は『TEE』の略で、[永遠に終わりのないTシャツの会]という意味を持つもので、「不思議の国のアリス」の「終わらないお茶会」に由来している。



サイモンカーター

サイモンカーターによって1985年に設立されたブランド。 創業当初はピューター製のブローチを手掛けていたが、1980年代後半にカフスリンクスと時計のコレクションを展開したことにより、その斬新なデザインが「カフスカーター」という名前を知らしめることになる。



スント

1936年、トーマス・ヴォホロネンが溶液充填コンパス発明することから「SUUNTO」の歴史は始まる。 現在では、SUNNTO社はスキー、ハイキング、ダイビング、セーリング、ゴルフなど豊富に網羅しているスポーツ機器製造のトップメーカーにまで発展し、世界中の多くの人々から愛されるブランドへと大きく発展している。



アンドロイド

1991年のアメリカに誕生したウォッチブランド。 Wing Liangsによって立ち上げられたブランドで、シンプルなものから遊び心のあるデザインまで幅広くアイテムを展開し、多くの人々からの支持を得ている。



エルネスト

ARATAが手掛けるメンズアパレルブランドである。 デザインはもちろん、ディテールや素材にまでこだわられたアイテムを展開し、話題を集めている。



サビ

2006年に誕生したブランド。 日本人デザイナーのSHOがニューヨークで立ち上げたブランドで、「たのしんで!」をコンセプトに様々なアイテムを展開している。



システレ

2004年に京都に誕生したブランド。 男性・女性などの性別に関係なく、独自の世界観で繰り広げられるアイテムが話題を集めている。



ツモリチサトキャリー

「津森千里デザインスタジオ」が展開するバッグ・小物ブランド。 女性らしい色使いやデザインが人気を集めている。



スリープ

元JUDY AND MARYのヴォーカルのYUKI、スタイリストである大森よう子、アートディレクターの平野文子 の3人によって立ち上げられたブランド。 「世界中をカッコよく、世界中に笑顔を。」という企業理念、「いい人をつくる」という経営理念のもとに活動を行い、アイテムを展開している。



サグライフ

2003年に誕生したバッグブランド。 「過酷な雪山で通用する多機能さと、ストリートでも映えるシンプルなバッグ」をブランドコンセプトに掲げ 、アイテムを展開している。



ミタスニーカーズ

何十年も前に下駄や草履を売る日本古来の履物屋からスタートした「三田商店」は、現会長「三田 耕三郎」の決断で40年前ぐらいから本格的にスニーカーを取り扱い始め、アメ横の老舗スニーカーショップ「スニーカーの三田」として再出発を図る。



リクワイア

2005年に誕生したブランド。 ブランド名である「REQUIRE(リクワイア)」とは「必要とする」という意味を持つ言葉。 創業当初よりずっと変わらずにリアルクローズを提案し続けている。



イデアインターナショナル

「I.D.E.A international(イデアインターナショナル)」は、時計・家電・インテリア雑貨などのデザイン性の高いライフスタイルプロダクトや、オーガニックコスメの企画開発、生産を行うブランド。 生活シーンを美しく豊かに演出するアイテムを展開し、注目を集めている。



ピーエス ピクトグラム

2005年に誕生したブランド。 プレイステーションをもっと身近に感じてほしいという願いが込められており、プレイステーションの△○×□がモチーフのピクトグラム柄を使用ししている。



チャプターセレクト

情報はありません



グレンダ

アクティブで変化し続ける世界に生きる現代女性のためにデザインされているブランド。 生活の中の様々なシーンに合わせて選べるたくさんのデザイン、カラー、ディテールを取り揃えており、また、それぞれの女性の個性を引き立てる商品としての価値がある、としている。



ユクス

2005年に誕生した、玉城裕子がデザイナーを務めるブランド。 玉城裕子は、パーソンズで靴作りを学び、FITでアクセサリーデザインを学んだのち、ユージニアキムで経験を積んだ後に独立した。



マグナマーテル

上質なリアルレザーだけを使ったバッグブランド。 デザイン性だけでなく、素材、質感など全ての要素が丁寧に仕上られたアイテムは、多くの人々からの支持を得ている。



レイナ・デ・カサ

魚谷隼人がデザイナーを務めるブランド。 日常生活の中でもわくわくできるアイテムにこだわり、遊び心のある商品を数多く展開している。



ヨダ ヒデミ

古書や紅茶染めをした布を使った、アンティークな雰囲気のアイテムを展開。 非現実的な美しさや可愛らしさを兼ね備えた作品が、多くの人々からの評価を得ている。



ヘプト

グローバルスタンダードを意識したバッグブランド。 デザイン性はもちろん、素材、質感にまでこだわられた、都会的なバッグを展開し、話題を集めている。



イソラディスキア

一つ一つ丁寧に仕上られたバッグを展開するブランド。 個性的でありながら、伝統を感じさせるアイテムは、多くの人々からの支持を得ている。



リハーズオール

独自の世界観をフィルターにして、新しいアイテムを展開している「RehersalL」。 素材や質感にまでこだわられたアイテムは新しい世界を提案してくれる。



イラストレイティッドピープル

シルクスクリーンプリントでカットソーを中心にしたコレクションを展開するブランド。 世界中からさまざまなアーティストが参加することで完成するコレクションが注目を集めている。



ポーリン

シンプルでありながら、遊び心を取り入れたデザインが話題の「Pollin」。 天然素材を用いた服作りを行っており、女性からは高い評価を得ている。



ルゥファ

2006年に誕生したブランド。 華奢なデザインでありながら存在感のあるアイテムが、多くの女性から注目を集めている。



ジョリーモンド

Yoko Amanoによって2007年に立ち上げられたブランドである。 女性にしか分からない「愛しい」と思ってしまう感覚を刺激するようなアイテムを展開し、注目を集めている。



エム&エム&エムズ

三津間智子(melon)、ミスミノリコ(min.)、macareroの三人によって設立されたブランド。 独自の世界観で表現されたアイテムは、多くの女性から高い評価を得ている。



ステファニエ

1987年に誕生したシューズブランド。 1969年の操業当初は子供靴を専門とするブランドであったが、徐々にレディースシューズを扱うブランドへと方針を転換し、現在に至る。 ブラジルだけでなく世界中の女性から注目を集めているブランド。



ミネトンカ

1964年にアメリカで誕生したモカシンの伝統を守るブーツブランド。 モカシンとは、「1枚の皮で足を包む」という意味をもつ靴の名称で、先住民であるインディアンが履いていたことでも知られている。 「Minnetonka」では一品一品がハンドメイドで丁寧に作られており、その品質の高さとディテールへのこだわりが人気を集め、現在では世界中の人々から愛されるブランドとなっている。



ダフナブーツ

1964年に誕生したブランド。 ヨーロッパ各国、アメリカなどの乗馬愛好者から愛されており、近年ではそれ以外の人々からも注目を集めている。



レックスモーダ

ユニークかつエレガントさを失わない靴作りをブランドコンセプトに掲げ、アイテムを展開するブランド。 デザインや履き心地はもちろん、素材にまでこだわりぬかれたアイテムは、世界中の人々からの高い支持を得ている。



ルフト

メンズのアンダーウェアを展開するブランド。 豊富なアイテムとデザインが人気を集めている。



ヴィーダプラス

1981年に誕生したブランド。 いつまでも人々の心を引きつけるアンティーク時計の魅力を損なわない様にケース・針・ダイヤル・リューズはもとより細部にわたり細心の注意を払い、アイテムを展開している。



ディア ザムラーソロ

ヴィンテージコレクターやデザイナーを務める寺本欣児が、アメリカやヨーロッパで見つけたものをベースに、今の気分を沢山取り入れてものづくりをしているブランド。



リー バイ ザムラー

KEMPEL等を手掛ける35サマーズの寺本欣児が2002年に<Lee JAPAN>とコラボレーションという形で、オリジナルアイテムや復刻アイテムを誕生させたことからブランドがスタートしたものである。



アントニオ マーフィー&アストロ

2004年、ジュエリーデザイナー、ミュージシャンというクリエイティブなバックグラウンドを持つ3人によって立ち上げられたブランド。 「今までありそうでなかった」ジュエリーを作る為に集まったのがきっかけでスタートしたもので、展開されるアイテムは遊び心にとんだものが中心となる。



リカーウーマンティアーズ

「革靴を磨くことと、スニーカーを磨くことは同じ」をコアコンセプトに掲げ、いままでの日本のマーケットには存在しなかったファッションの新しい価値観を提案、創造していくストブランドである。



アイファニー

「永遠」という言葉にふさわしい非現実的な美しさを持つ「DIAMOND」をブランドコンセプトの象徴として、美しいアイテムを展開しているブランド。



ビービーピー

2006年に誕生したブランド。 ブランド名の「BBP(ビービーピー)」は、「Business Before Pleasure(楽しむ前にやることをやる)」の頭文字に由来している。



アーモンド

2004年に、デザイナーである外山聡とプロデューサーの畠山浩行らによって立ち上げられた、メンズブランド。 男性下着ブランドとして、下着を中心にアイテムを展開している。



サウンズグッド

「SOUNDS GOOD(サウンズグッド)」とは、ユナイテッドアローズから生まれたスポーツウェアブランド。 「心とカラダの健康、それがおしゃれです!」をブランドコンセプトに掲げ、ファッションと機能を融合したスポーツウェアや 世界一流のスポーツブランドから、まだ見たこともないスポーツウェアなど「楽しい」を切り口に選りすぐった商品を展開している。



ピーピーキュー

エイミー モリノーとパーシー パーカーの二人によって設立されたブランド。 音楽にインスピレーションを受けて展開されるアイテムは、多くの人からの支持を得ている。



ホーボー

朝倉秀樹がデザイナーを務めるブランド。 今までの小物ブランドには無かった自由な発想から生まれるデザイン・機能性・風合いを追及し、かつ長年愛用できる物創りをブランドコンセプトに掲げている。



アンスクウィーキー

1999年に鑑田幸代によって立ち上げられたブランド。 リラックス感のある大人のカジュアルスタイルアイテムを展開し、そのシルエットの美しさやデザインへのこだわりが多くの女性から支持されている。



クリスタルボール

石丸アキヒコがデザイナーを務めるブランド。 「Crystal Ball」から展開されるアイテムは、多くの女性から支持を得ている。



シップスジェネラルサプライ

「SHIPS(シップス)」が展開するオリジナルブランド。 古きよきアメリカンベーシックアイテムをブランドコンセプトに掲げ、今風のFITで表現しているベーシックアイテムの提案と原産国にこだわったくらっしくアイテムの提案によってアイテムを展開し続けるブランドである。



アドバンテージサイクル

志鎌英明がデザイナーを務めるブランド。 「Advanteage cycle」のデザイナーを務めながら、ヘッドショップであるエイシクル シップスジェットブルーのバイヤーも務めるなど、幅広い活動を行い、注目を集めている。



クレートデニム

クレートのデニムは、1960年代~80年代半ばのアメリカ産100%のコットンデニム地が使用されている。 コットンデニムのロール生地は、未処理、未加工のまま使われ、ジーンズの製作には50年ほど前の工業用ミシンを使い、一つ一つのジーンズが丁寧にこだわりを持って作られている。



レッドシーム

「アーバンリサーチ」が展開するオリジナルブランドの一つである「RED SEAM」。 古きよき伝統的な技法によって作られたミリタリーウェアを現代的にモデファイし、シンプルかつミニマムなリアルクローズとして、数々のアイテムを展開している。



リアクト

2005年に誕生したブランド。 TRIP、TRAVELINGなどをブランドコンセプトに掲げ、アイテムを展開している。 レザーアイテムに定評があり、多くの男性からの支持を得ている。



ベンシャーマン×エリミネイター

イギリスの老舗シャツブランドである「Ben sherman」と、ELIMINATORの2ブランドがコラボレーションという形で展開するブランド。 遊び心のあるデザインでありながら、モードな雰囲気を持つアイテムは多くの人々からの支持を得ている。



パーカー

日下部 司によって2006年に立ち上げられたブランド。 リラックス感のある大人スタイルが特徴的で、多くの人々からの支持を得ている。



クラクト

植野 隆充によって立ち上げれたブランド。 「ベーシック+αの落とし込み」をブランドコンセプトに掲げている。



エーダブルエー

下野宏明によって立ち上げられたブランド。 「最高の定番」をブランドコンセプトに掲げ、アイテムを展開している。 こだわれたクオリティの高いアイテムが注目を集めている。



アメリカンレトロ

GregoryとDavidParienteの兄弟によって立ち上げられたブランド。 ジーンズにコーディネイト出来るラインを作り、抱き合わせ展開を思いついたのがきっかけとなり、2002年パリでコレクションデビューを果たす。 現在では海外にもアイテムを展開し、人気を集めている。



インホームアウト

2005年に誕生したブランド。 洋服と言う概念を取り、家の物など様々な身の回りの物が自分(HOME)の中に入った物をインスパイアし、違う形で掘り起こしアウトプットしていく、というブランドコンセプトを掲げながら、多くのアイテムを展開している。



ダブルジェイケイダブル

2007年に誕生したブランド。 素材、質感、デザイン性にこだわられたアイテムを展開し、多くの女性から注目を集めている。



ユニフル

プロスケーターである岡田晋が、2004年に立ち上げたブランド。 様々なアーティストやブランドとのコラボレーションを展開し、話題を集めている。



リーバイスストア スペシャルモデル ポーター

吉田吉蔵氏によって創業された吉田カバンと、リーバイ・ストラウスによって設立されたLevi'sによってコラボレーションという形で展開されるアイテム。 それぞれの伝統や歴史を尊重しあいながら、新しいデザインを創り出していく。



バカナル

U$Kとma2によって立ち上げられたブランド。 「シンプル」「カラー」「遊び」をブランドコンセプトに掲げ、こだわりを持ったアイテムを展開している。



ハイライトキャバレー

2005年に誕生したブランド。 デザイナーは山崎省吾が務めており、デザイン性の高いアイテムを展開している。



ウエンディーネ

寺島なぎさによって設立されたブランド。 寺島なぎさは北海道に生まれ、服装専門学校を卒業後、様々な賞を受賞し注目を集める。 ブランド名はフリードリヒ・フーケによって作られた物語に由来している。



クラシック

リーバイスジーンズの歴史的なディティールを、現代風アレンジして装備した「CLASSIC」。 色落ちを楽しめる濃色のデニムを使用しており、長い時間をかけて自分なりの履き方で楽しむことができる。



エイモス

ジェームス・ジャービス、ラッセル・ウォーターマン、ソフィア・ブランテラによって立ち上げられたブランド。 ジェームス・ジャービスはフィギュア製作に力を入れており、フィギュア界での不動の地位を確立している人物となった。



エクスパンション

デザイナーであるKIRK KAKIAGEによって立ち上げられたブランド。 1974年に東京で生まれ、LA、日本、NYなどで過ごした後、アパレルのキャリアを10年以上積んで独立し、自身のブランドを立ち上げた。



フランクリン

2006年に誕生したブランド。 遊び心のあるアイテムを展開し話題を集めている。



ジュリアナジャボール

2007に誕生したブランド。 NYを代表するデザイナー「Alexander Wang」らと共に、「UNIQLO」とのコラボなどで話題を集めた。



マンハッタンポーテージ

1983年にアメリカで誕生したバッグブランド。 ブランドコンセプトとして「A Bag For Everyone」を掲げる。 フランス、イギリス、イタリアなどのヨーロッパや日本にもアイテムを展開し、人気を得ている。



ビューティーアンドユース ユナイテッドアローズ

「BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS」ユナイテッドアローズで展開していたカジュアルラインのより深い世界観を表現するブランド。 「精神的な美しさ」、「若さの永続」をブランドコンセプトに掲げ、幅広いアイテムを展開する。



アールエヌエーエヌ

「RNA」が展開するライン。 肩肘を張り過ぎない、現代に生きる自然体の女性へアイテムを展開。 エスニック、フォークロア、クラフトワーク、アンティーク感覚をエッセンスに、フェミニンなリラックススタイルを提案している。



アールエヌエースラング

2006年にRNAから誕生したライン。 ジーニングをベースに、シーズン毎に新しいテイストでエッジを効かし、キッチュで非日常なストリートスタイルの提案をブランドコンセプトに掲げている。



ルミノックス

2001年に誕生したウォッチブランド。 「何時、いかなる状況であっても時刻の確認ができる視認性の確保」にこだわり、その評価は高く、米海軍特殊部隊SEALsをはじめ、警察特殊部隊SWATや特殊戦闘機パイロットから数々の特殊時計の開発要請を受けている。



フォッシル

1984年に誕生したウォッチブランド。 ’50年代のアメリカン・デザインにヒントを得てブランドイメージを展開し話題を集めた。 現在でもブランドコンセプトを大切に数多くのアイテムを展開し、多くの人々から愛されている。



クイックシルバー

1969年にオーストラリアで誕生したブランド。 サーフ・スケート・スノーボードのスポーツアイテムを中心にアイテムを展開し、多くの人々から高く評価されている。 自然環境保護に対しても真剣に取り組んでいる。



ディッキーズ

1922年にアメリカで誕生したブランド。 作業着の為に作られた機能性、耐久性にこだわれたパンツを展開。



アシックス

1949年に鬼塚株式会社として誕生したブランド。 1969年には現在のブランド名である「アシックス」へと商号を変え、現在に至る。



ロートレショーズ

1959年に誕生したシューズブランド。 イタリアの老舗靴工場で生産されるアイテムは、クオリティ・デザイン性ともに優れており、多くの女性からの支持を得ている。



イーリーキシモト

1992年にテキスタイルデザインの会社を設立し、テキスタイルデザイナーとしての地位を築いた後、1995年にはイーリーキシモトとしてオリジナルファーストコレクションを発表した。 ELEY KISHIMOTOが展開する上品でこだわられたアイテムが人気を集めている。



ハーレー

ボブ・ハーレによって1999年に立ち上げられたブランド。 「HURLEY」は、今迄の固定概念にとらわれない自由で新しいスタイルを提案している。



オニツカタイガー

1949年にオニツカ株式会社を設立したことから始まる。 「スポーツを通じて青少年の健全な育成を」とう企業理念を掲げ、創業当時から「スポーツシューズの専門メーカー」であることにこだわりアイテムを展開し、多くの人々からたくさんの支持を得ている。



ナンバーナイン

1996年に宮下貴裕が立ち上げたブランド。 レクトショップやネペンテスでの企画・バイヤーとしての仕事を通じ 洋服の知識と 服作りの手法を独学で覚えた後に独立。



ネイバーフッド

1994年に滝沢伸介が立ち上げたブランド。 「モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッド等の要素を独自の解釈で消化したベーシックな服作り、またそのライフスタイルの提案」というブランドコンセプトを掲げている。



モーティブ

1998年に設立されたブランド。 着心地(きごこち)の良さを追究することをブランドコンセプトにアイテムを展開。 牧田耕平を中心に活動しており、シルエットの美しさを素材へのこだわりに定評がある。



オークリー

「OAKLEY(オークリー)」とは、1975年に設立された、米国カリフォルニア州に本社を構えるスポーツ&ライフスタイルブランド。 「あらゆる状況下においてどのように眼を守るか?」を第一に考えて技術開発を行い、様々なアイテムを展開している。



オーバーザストライプス

1996年に立ち上げられたブランド。 ロックテイストを取り入れたポップなデザインをベースに、様々なコラボレーションアイテムを展開し話題を集めている。



リプレイ

デニムを中心に展開するイタリアのカジュアルブランド。 展開するアイテムのほとんどがイタリア国内で生産されており、ハイクオリティなデザイン性の高いデニムが圧倒的な支持を得ている。



ローター

2000年に誕生したブランド。 カメラマンの内藤啓介を中心に、役者の渋川清彦(KEE)、モデルの大柴裕介、竹之内太門によって立ち上げられた。 遊び心のあるハイクオリティなデザインが注目を集めている。



アンダーカバー

1989年に立ち上げられたブランド。 高橋盾がデザイナーを務める。 文化服装学院を卒業後、友人とともに自身のブランドを設立した。 また、岩永ヒカルとともに「東京セックスピストルズ」というパンクバンドを組んでいる。



ユナイテッドバンブー

日本人の青木美帆(Miho Aoki)と、ベトナム系アメリカ人のThuy Pham(テュイ・ファム)がデザイナーを務めるブランド。 1998年に設立され、エレガントで女性らしいアイテムが特徴。 多くの女性からの支持を得ている。



トーキング アバウト ザ アブストラクション

2001年に誕生したブランド。 現状の嫌いな事や人、場所からしばし離れ、妄想の中で自由に旅をするアジア、アフリカ、オセアニア・・・・・どこへでも行く事が出来るような妄想旅行をテーマとしている。



スライ

バロックジャパンリミテッドが展開するブランド。 様々なシチュエーションにおいて女性らしさを感じることができるようなアイテムを展開し、多くの女性からの人気を集めている。



マークバイマークジェイコブス

「Marc by Marc Jacobs」は「 Marc Jacobs」から展開されているライン。 創始者であるマーク・ジェイコブスは1963年にアメリカのニューヨークに生まれた。



リー

1889年にH.D.Leeが「H.D.リー・カンパニー」を設立したことから「Lee」の歴史は始まる。 創業当初は香辛料やコーヒーなどと言った食料品と雑貨類を取り扱う会社であった。 その後、カバーオールジャケットとダンガリーズを縫い合わせた作業着が注目をあつめ、その後は多くのアイテムを展開し世界中の人々から愛されるジーンズブランドとなった。



ジャンクフード

1998年にナタリー・グロフとブレイン・ハルバーソンによって立ち上げられたブランド。 ポップカルチャーやノスタルジックな レトロブランドを融合したレトロでソフトなビンテージTシャツをブランドコンセプトに掲げ、メンズ・レディース・キッズなど幅広いラインを展開。



イズネス

「is-ness(イズネス)」は2001年に立ち上げられたブランドである。 独自の世界観を表現したアイテムが注目を集めている。



ハイドアンドシーク

1995年に誕生したブランド。 遊び心のある、メッセージ性の強いデザインが注目を集めている。



グレゴリー

1977年にウエインによって設立されたブランド。 人間工学に基づき、耐久性などの機能性、デザイン性を兼ね備えたアイテムを展開。 アウトドアだけでなく、都会でも使えるバッグが、世界中の人々から愛されている。



ゴム

1989年に誕生したブランド。 真木洋茂がデザイナーを務める。 素材やシルエットにこだわられたアイテムが、多くの女性から注目を集めている。



ファンデーションアディクト

2005年に誕生したブランド。 ファッションコンシャスな人のために、今の気分をファッションで表現する」というブランドコンセプトを掲げ、アイテムを展開している。



ファドスリー

2002年に誕生したブランド。 遊び心のある繊細なデザインのアイテムを展開し、注目を集めている。



ダブルハード

2002年に誕生したブランド。 DJ HAZIMEを中心にスタートし、現在では国内だけでなく海外でも多くのファンを得ている。 他ブランドとのコラボレーションなども勢力的に行い、話題を集めた。



キャンディストリッパー

板橋よしえによって立ち上げられたブランド。 1995年のバンタンデザイン研究所在学中に「Candy Stripper」を立ち上げる。 現在では様々なラインを展開し、世代を問わず多くの人々から愛されるブランドへと発展している。



アナログライティング

山本威史によって立ち上げられたブランド。 1998年に内装職人として働きながら、小さなコレクションによる展示会を行ったことが始まり。 現在では、国内だけでなく海外へも進出し、多くのファンに支持されている。



バウンティーハンター

1995年に誕生したブランド。 岩永光によって立ち上げられたもので、ブランド名である「BOUNTY X HUNTER」はスターウォーズのボバフェっトに由来している。



シックスティエイトアンドブラザーズ

1997年に誕生したブランド。 ディテールにこだわられたハイクオリティなアイテムが、男性からの高い支持を得ている。



バル

1999年に誕生したブランド。 流行と定番を取り入れたデザインが人気を集めている。



ヤスエカーター

ロンドンを拠点に置くブランド。 日本人デザイナーがデザインを務めており、流行を取り入れながらも懐かしさのあるデザインが話題となっている。



ホワイトマウンテニアリング

アウトドアと都会での生活の両方でスタイリッシュでいられる服というブランドコンセプトを掲げている。 元ジャンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソンの企画を担当していた相澤陽介がデザイナーを務めるブランド。



トノ

デザイナーである小野剛義は、独学でアクセサリーを学び、個展を開催していたが、2005年セレクトショップで取り扱いと同時に、「TONO」としてブランドを立ち上げた。



シアターエイト

2006年に誕生したブランド。 毎回キャスト(出演者)として、ファッションブランドのデザイナーを迎え、「THEATER8」という仮想の劇場を通じてキャスト独自の世界観を創出している。



スズキタカユキ

2002年にスズキタカユキによって立ち上げられたブランド。 東京造形大学在学中に開いた展示会がきっかけとなり、映画や舞台衣装などを手掛けたのち、自身の名前を冠したブランドを設立。 現在ではオーダーメイドでの服作りなど、活躍の幅を広げている。



スティッフ

2006年に誕生したブランド。 デザイナーの世界観が表現されたアイテムを展開。



スプリングコート

1936年に誕生したシューズブランド。 著名アパレルブランドとのコラボレーションなどに取り組み、話題を集めている。



ソルプレーサ

沓名忠司がデザイナーを務めるブランド。 流行を取り入れたモードなデザインのなかにも、独自の世界観をディテールに取り込んでおり、多くの女性から高い支持を得ている。



サラナン

2005年に誕生したブランド。 榊原崇寛がデザイナーを務めており、たくさんの人から高い評価を得ている。



セーブルクラッチ

2007年に誕生したブランド。 山口 征孝がデザイナーを務めている。



メリッサ

ブラジルのシューズブランド。 特許の樹脂素材を用いた靴が話題となり、多くの人々から高い支持を得ている。



マリアボニータエクストラ

1990年に設立された。 ブラジル・リオをベースにNY、PARIS、東京にて定評のあるブランドとなっている。



マグネット

あらゆる情報(音楽、映画、スポーツ、社会風刺、ストリートカルチャー、アップダウンカルチャーetc...)やグローバルな視点で感じた事を、プリントで表現し、アイテムを展開している。



キックスティーワイオー

「SNEAKER NUTS」(スニーカーをこよなく愛し、スニーカーの携わるLIFESTYLE、CULTURE、HISTORYを愛するということ)をブランドコンセプトに掲げる。



カテネ

「catene」というブランド名はイタリア語で、細い鎖を意味する「catenella」という言葉から由来している。 しなやかでいて強く、そして芯のある女性をイメージしたアイテムを展開。



キン

2002年に誕生したブランド。 ナチュラルな素材使いを中心としたアイテムを展開している。



ジョーズジーンズ

2001年に誕生したブランドで、デザイナーはJOE DAHANが務めている。 「どんな人にも一番似合うシルエットがあるからこそ、それを見つけて欲しい」というデザイナーの想いが込められたアイテムは、多くの人からの支持を得ている。 ディテールにこだわられたクオリティの高いアイテムを展開し続けている。



インフォメーション

Ryan Arakaki, Todd Shimabuku, Jun Jo, Rhandy Tambioがデザイナーを務めるブランド。 彼らは常にハワイのアクションスポーツ、ライフスタイルなどに多大なる影響を若者たちに与え続けいる。



エフトゥループ

2004年にロンドンで誕生したブランド。 流行を取り入れたデザインのアイテムをリーズナブルな価格で展開し、話題を集めている。



エンブレインズ

2006年に誕生したブランド。 久保田晶がデザイナーを務めている。



ドクターデニム

スウェーデン人の兄弟、アレキサンダー・グラー (Alexander Graah)とヨハネス・グラー(Johannes Graah)によって立ち上げられたブランド。 伝統的なジーンズの製法と洗いの技術を融合したアイテムを展開。



ディズニークチュール

2005年にアメリカで誕生したブランド。 創業当初は、「バンビ」や「不思議の国のアリス」を中心とした、クラシックラインをティーンエイジャー以上の女性をターゲットに発売していたが、現在では若者には、流行を取り入れた感度の高いアイテムを、年配の方にはシンプルなスタイルで質感の高いアイテムを提案し続けている。 デザイン性の高さと個性的なフォルムで、ディズニーファンだけでなく、老若男女幅広い層からの支持を得ている。



クリエイティブ リクリエーション

2002年の秋にカリフォルニア州で誕生したシューズブランド。 アメリカだけなく、日本やヨーロッパに市場を拡大しており、多くのアーティストからも高い評価を得ている。



クラブキング

「CLUBKING」とはフリーペーパーdictionaryを基盤とした、1987年創業のトータルプロデュースカンパニー。 国内外の様々な分野のアーティストネットワークを生かし、「フリーペーパー」「ポッドキャスト」「映像」「WEB」「モバイル」等のメディアで多岐に渡るクリエイティブ事業を展開している。



キャスキッドソン

「Cath kidston」はイギリスを象徴するクラシカルなデザインをモダンでポップな感覚と融合させたインテリア・雑貨ブランドである。



キャブレターアンドコー

2006年に誕生したブランド。 2009年にはDAVIDをディレクターに迎え、クリエイターチーム「ワンダーランド」とのコラボレーションを展開し、その後もCARBURETOR&CO×ディズニー×ワンダーランドのトリプルコラボを展開するなど、話題を集めているブランドである。



ボンブーグ

ブランド名の「bonboog(ボンブーグ)」とは、「ブンボーグ(文房具)」の「ブ」と「ボ」を入れ替えたもの。 2004年より吉井智子がデザイナーを務める「SALCO(サルコ」)を結成し、オリジナル雑貨ブランド『bonboog』の企画・デザイン・製造・販売がスタートした。



ブロンドシガレッツ

「派手」、「にぎやか」、「現実的」。 この3つのキーワードをベースにアイテムを展開しているブランド。 遊び心のあるデザインや、カラフルな色使いなどが話題を集めている。



バイアス

ブランド名の「BIAS」とは、直訳すると、斜め、または偏りや歪みや性癖を意味し、転じて偏見や先入観という意味をもち、心理学や社会学などの統計から一般論を導く分野でも広く使われることが多い用語。 ファッションという既成概念に対し常に問題定義を意識した斜に構えた目線での物作りを目指す、という想いが込められている。



バックドロップ

1977年創業のアメリカンカジュアルブランド。



アンリアレイジ

2003年に誕生したブランド。 デザイナーは森永邦彦が務める。 森永邦彦は1980年東京都に生まれ、。早稲田大学在学中にバンタンに通い、服作りをはじめた。



アグロナチュラ

「Agronatura(アグロナチュラ)」とは、日本との共同開発によって生まれたイタリアのリアルオーガニックコスメ。 オーガニック原料を使用すること、人の手で生産することにこだわっており、すべての製品でヨーロッパ有機認証を取得している。



プラスマイナスゼロ

2003年に設立したインテリアブランド。 プラスでもなく、マイナスでもないこと、見たことないはずのモノなのに、なぜかしっくりときてしまうこと。 そう思えるアイテムを展開。 「ありそうでなかったもの」を様々な形にして提案し、注目を集めている。



バイタススタンダード

福澤弘康がデザイナーを務めるブランド。 シンプルで落ち着いたデザインが人気を集めてている。



インディペンデント

ブランド名である「INDEPENDENT(インディペンデント)」には「独立」、「意思ある自由」、「既存の形に囚われない自由な価値観」などの意味が込められている。



シップス リトルブラック

ちょっと特別な日にオシャレを楽しんでもらいたいという想いを込めてアイテムを展開する。 partyの主役になる方へ向けてのスタイルも提案している。



花とギター

ハンドメイドの温かさ、ノスタルジックな色合い、勢いの良さと脆さ儚さが同居するポエティックな世界観でアイテムを展開する。



イエロールビー

イエロールビーは1996年に表参道に独自の目線で選び抜いたアイテムを展開するセレクトショップをオープンさせたことから始まる。



エックスジー

2005年に誕生したブランド。 エレガントな可愛らしさをもったデザインが、女性たちからの高い支持を得ている。



ゼスケープ

2001年よりシンプルでスタンダードなアイテムに機能性や遊び心を取り入れた大人のストリートを様々なアイテムで表現するブランドとして誕生した「XESCAPE」。



ウィザード

佐藤幸史がデザイナーを務めるブランド。 クオリティにこだわられたアイテムが話題を集めている。



ワイアード

2000年にセイコーウオッチから「WIRED」のファーストコレクションシリーズが発売された。 2005年にはユアン・レイ氏が監修したデザインシリーズを発売するなど、話題を集めた。



ウェンディズ&フットザコーチャー

スタッズを用いたベルトやアクセサリーなどの小物から、Tシャツまで幅広いアイテムを展開し人気を集めているブランド。 多くのファンからの支持を得ている。



ワコマリア

身につける人自身のスタイルが試される玄人気質なアイテムを展開する「WACKO MARIA」。 デザイナーが五感を通して感じてきた経験をベースに、「ただ自分たちが着たいだけ」という想いが込められたコレクションは、クリエイターたちからも高い支持を得ている。



ヴォルコム

「VOLCOM」はアメリカの西海岸から発祥したカジュアルブランド。 レディースだけなくメンズのアイテムも展開しており、そのデザインが人気を集めている。



ビビファイ

崩れたコンクリート、ビルの谷間を飛び回るカラスの羽、電線など、ビビファイのデザインソースには、都市から得たカルチャーを形にしているブランド。 枠にとらわれずシルバーをメインとしながら、ブラス(真鍮)、カッパー(銅)、ガラス、布、など、様々な素材を駆使してデザインしたアイテムとビーズワークを展開し、話題を集めている。



ヴァルゴ

2004年に誕生したブランド。 デザイナーが日々の生活の中で感じて来た事柄やメッセージを今までは本人の音楽活動で表現して 来たことを、洋服と言うフィルターを通して伝えたいという事をブランドコンセプトに掲げている。 展開するアイテムは「VIRGO」が伝えたい事、デザインに共感してくれた仲間への「ユニフォーム」としている。



ヴィクティム

2003年に誕生したブランド。 下鳥直之がデザイナーを務めており、メンズ、レディース共に高い人気を誇っている。



フェルトレック

橋本亮之が立ち上げたブランド。 SiFURYのデザイナーを経て、2006年に「VERTREK」が誕生した。シルエットのきれいなサイズ感&着心地などを追求し、アイテムを展開している。



ベンチュラ

熊谷隆志がデザイナーを務めるブランド。 ブランド名である「VENTURA」とは、デザイナー自身の愛車の名前であり、サーフィンのメッカ、ビートニクの聖地の名前であり、これらに由来している。



ヴェルニカ

女性の感性を刺激する色鮮やかなカラーに、肌を優しく包む上質な素材。 そしてボディを極上のシルエットに導くデザイン。 女性の時間を堪能できる女性のためのルームウェアブランド。 小林かな、小林ゆかり、八月朔日けい子がデザイナーを務める。



バットレッド

2006年に、アーティストのKENSHINとバックボーンの異なる異色のデザイナー達にによって立ち上げられたブランド。 音楽やアートなど様々な分野にも精通しており、日本だけなく海外からも注目を集めている。



バンズ

ポール・ヴァン・ドーレンと3人のパートナーによって立ち上げられたブランド。 その後も多くの商品を展開し、海外進出も果たす。 現在では世界中の人々から愛されるブランドへと進化を遂げている。



ヴァガリー

創業1896年のVeglia社が母体。 フェラーリ、フィアット、アルファオメオ等、ヨーロッパを代表する数々のモータービークルにスピードメーターを提供してきたほどの名門で、かつて存在したイタリアで最も古い歴史を持つ、時計機器メーカーである。



ユースレス

橋本淳がデザイナーを務めるブランド。 「useles=役立たず」というブランドネームは、「無駄な部分が一番の贅沢」であることを意味する。



アップスタート

1999年に誕生したブランド。 メンズ、レディースともに様々なラインを展開しており、話題を集めている。



アンリミテッドスィフル

視覚で捕らえたものでなく、脳で感じ取ったものを吸収・分泌し、その幻彫から派生する様々なアイディアをアウトプットし、どの分野にもコテゴライズされない壁のないクリエイションを生み続けているブランド。



アンディフィーテッド

2002年にアメリカのLAに誕生以来、西海岸を中心に展開。 2006年には日本にもオープンし、話題を集めている。



アルトラ バイオレンス

2001年に大久保潤によって設立されたブランド。 他には無い差別化されたブランドでありたいと考え、ブランドとしての考え方や作るプロセスにも本物を追求したアイテムを展開している。



アグリー

2006年に誕生したブランド。 光り輝く太陽、南国の花、青い海など、ディレクターの愛するものがインスピレーションソースとなり、明るく開放感ある女性像をイメージしたPOPでSEXY、それでいてエッジのきいたアイテムを展開している。



ユーシーエス

2000年に宇野 薫(CAOL UNO)によって立ち上げられたブランド。 格闘技、イニシャルの「U」をフィーチャーしたアイテムをメインに、Tシャツやアクセサリーなどをシーズンごとに展開している。



ユービック

2002年に誕生したブランド。 特に決まったテーマを設けずスニーカーだけににとどまらず、色々なシューズをUBIQのフィルターを通して表現し、話題を集めている。



トローヴ

2004年に誕生したブランド。 上出 大輔がデザイナーを務める。



トランクショー

2003年に誕生し、オリジネーターとしてアイコンとしての魅力を持つとともに、品質、完成度に重点を置いたアイテムを展開している。



トロヴァータ

創設者あり、クリエイティブディレクターでもあるジョン・ウィットレッジ(John Whitledge)が世界中を旅し、サーフィンを楽しむ中で、それぞれの場所の芸術、教育、音楽などからインスピレーションを受け、それを表現しているブランド。



トロワゾ

2004に誕生したブランド。 デザイナーは小此木 達也が務めている。



トレ

「TRES」はフランス語で「とても」という意味を持つ言葉。 「TRES」の洋服を着る人々に「とてもいい気分になってもらいたい」という意味が込められている。



トータルコミュニケート

2000年に誕生したストリートファッションブランド。 都内にオンリーショップを作らずディーラーを中心に独自の展開を行い、話題を集めている。



トゥート

2001年に誕生したメンズアンダーウェアブランド。 国内(宮崎県日向市)の自社工場による高度な縫製技術と確実な品質管理のもとで商品を生産しており、高品質な製品を作り続け、幅広い年齢の人々からの高い支持を得ている。



トウキョウ エクストラ グレイド

2007年に誕生したブランド。 デザイナーは伊藤心が務めている。 FLUXUS」の書籍や写真にインスピレーションを受け、先人達の当時の技術で(シルク印刷や活版印刷、タイプライターやスタンプなどでの表現)プリントしている。



トゥ

2007年にスタイリストである新居崇志によって立ち上げられたブランド。 新居崇志は昭和52年に生まれた。



タイメックス

1854年 に誕生したウォッチブランド。 創業当初は「ウォーターベリー・クロック・カンパニー」とうブランド名であったが、1969年に「TIMEX CORPORATION 」へと変更した。



ティンバーランド

1918年に、マサチューセッツ州ボストンの小さな靴屋でティンバーランドの創立者であるネイサン・シュワーツがステッチの利いたブーツ作りを始めたことが「Timberland」の始まりである。



ザスタイリストジャパン

2006年にスタイリストの大久保篤志が「自分が本当に欲しいと思うものをひとつひとつ形に」というテーマの元、1枚のボタンダウンシャツよりスタートしたブランド。



マスク

2005年に誕生したブランド。 Hiroki Yasumuneがデザイナーを務めている。



イマジナリーファンデーション

ニック フィリップ(Nick Philip)によって立ち上げられたブランド。 1968年のロンドンに生まれたニック フィリップ(Nick Philip)は、1980年代後半からアメリカに移りアナーキック アジャストメント(Anarchic Adjustment)のデザインを始める。



イリースト

2002年に誕生し、2003年より本格的にフルアイテムを発表。 都市部を中心に人気が広まっており、若い世代を中心に多くの人々から支持を得ている。



テレム

2006年に誕生したブランド。 デザイナーは8Mが務めており、アイテムではインライン(ベーシック)、レザー、アウトドア、3つのシューズカテゴリーを展開している。



タシ

2003年に誕生したブランド。



ティ ヤマイ パリ

1995年に設立されたブランド。 シンプルで、質感や素材にこだわったアイテムを展開し、人気を集めている。



スウィート イヤーズ

2003年に誕生したブランド。 世界的なサッカー選手でありイタリアの国民的英雄、パオロ・マルディー二(Paolo Maldini /AC MILAN)とクリスチャン・ヴィエリ(Christian Vieri/ATALANTA)の二人によって立ち上げられた。



スワティ

1998年に中田真由美によって設立されたブランド。 画からデザイン、制作、運営まで全ての業務を行い、多数のエキシビジョンで作品を発表している。 主にキャンドルを中心に展開しており、ディテールにまでこだわられたアイテムが多くの人々から高く評価されている。



スワンク

2004年に誕生したブランド。 小関仁美がデザイナーを務めており、可愛らしいカジュアルスタイルが人気を集めている。



ストフ

2004年に誕生したブランド。 ブランド設立後も、映画への衣装提供や、NWBAへの参加等、振り幅の広い活動を行っている。 デザイナーは谷田浩と草薙麻美が務めている。



スタイラス

メッセージ性の強いアイテムを展開し注目を集めているブランドの一つ。



ステイプル

1997年にTシャツのデザインをしたことから「sutaple」は始まった。 現在デザインWORKとしてはNIKE、BURTON、VERSACE、GAP、SONY playstation、Apple conputersの デザインに参加するなど、その内容は多岐にわたる。



スタンダード カリフォルニア

2002年に誕生したブランド。 ヴィンテージアイテムの他、厳選した新品、HTC、オリジナルを展開している。 全米主要都市のセレクトショップ、ロンドン、フランス、日本、香港、マレーシア、シンガポールなど世界各国に進出している。



スクエア

1997年に誕生したブランド。 ファッションという枠の中では収まりきらないSQUAREの進化は止まることを知らない。



ソメ

1999年、大内達也によって設立されたブランド。 ブランド名である「SOMET」とは、日本語の発音で「染め」を意味するもの。 日本の伝統的な染色の手法は海外でも高く評価されており、日本製デニム素材に注目する「SOMET」はその素材特性を活かした斬新なファッションを提案している。



ソアー

2000年に誕生したブランド。 服作りのスタンスにおいて「PLIABLE MIND」をテーマに、自由で柔軟なカラーリング、素材選び、ディテールを重視したアイテムを展開している。



スマディー

1984年に誕生したブランド。 モデルであるYUUKIがディレクターを務める。 可愛らしさと女性らしさを兼ね備えたアイテムが、女性を中心に高く評価されている。



スラントワイズ

川口ユリナがディレクターを務めるブランド。 独自の世界観をベースに展開されるアイテムは、多くの女性から高い支持を得ている。



スカイハイ

2005年にフジタトモコによって本格的に立ち上げられたブランド。 デザイナーのフジタトモコはX-girlのデザイナー、ディレクターを経て、自身のブランドを立ち上げるまでに至った。



シヴァ

2006年に誕生したブランド。 デザイナーは辻輝彦が務めており、独自の世界観でつくられたアイテムが男性からの高い支持を得ている。



シンディー

メンズやレディースだけでなくキッズラインも展開している。 性別を問わず人気のあるブランドとなっている。



サイラス

1998年に誕生したブランド。 メンズ・レディースともに展開しており、遊び心のあるデザインが注目を集めている。



シフリー

2002年に誕生したブランド。 ブランド名である「SiFURY」とは、スワヒリ語で「0」の意味を現している。



シエラレオン

2007年に誕生したブランド。 アイテム全体にアイコン的要素をつけており、このアイコンは視線を引き込むファッションの根本手kな意味を再確認させる「SIERA LEONE」からのメッセージとなっている。



シキカ トウキョウ

2007年に誕生したバッグブランド。 様々な種類・デザインのバッグだけでなく、スケジュール帳やウォレットなどの小物も数多く展開している。



シェラック

デザイナー丸屋 秀之(Hideshi Maruya)によって設立されたブランド。 自分なりの価値観を持ち、いつまでも内面からにじみ出るパワーや反抗心、野心を忘れない男性を対象に、独自の世界観でつくられたアイテムを展開している。



シャペル

2004年に誕生したブランド。 矢鋪彩義と丸田結香がデザイナーを務めており、全国のセレクトショップで取り扱われている。



シャンティー

村上淳と松岡俊介によって設立されたブランド。 共にメンズモデルである二人から創り出されるアイテムは、デザインやそのメッセージ性が注目を集め、人気の高いブランドとなっている。



セブンティーフォー

1993年にKoji Shimizuによって設立されたブランド。 シンプルでありながら、ディテールにまでこだわられたデザインのアイテムを展開し、若者を中心に人気を集めている。



セレニティースティルモーメント

2005年に誕生したブランド。 意識へ陥る(既成概念や物事の本質へのアプローチ)、視覚的要素に重点を置く事により、あまりにも無意識にマニュアル化した思考、視点、概念から離れ、素直に生まれる可能性を求めるブランドである。



セルヴィッジ

「selvedge.(セルヴィッジ)」とは、デザイナーである御堂島理代がMADE IN JAPANにこだわって創り上げる働く女性の為のバッグブランド。 馬革や牛革をメインに使い、女性が持っても痛くない、重くないバッグをコンセプトにアイテムを展開している。



セイコー

「SEIKO」は1881年に服部時計店を設立したことから始まる。 その後、様々な時計を展開していくが、時計の名称として「SEIKO」が用いられたのは1924年のことである。 現在では、確かな技術で数多くのアイテムを展開しており、世界中の人々から愛される時計ブランドへと進化を遂げている。



シースウェイサティエイト

2001年に誕生したブランド。 高橋勤がデザイナーを務めており、。「STANDARD IN ERA」をブランドコンセプトとしている。



スキャナー

1995年にインポートのセレクトショップとして「Watchout」を設立したが、その後自分達が着たいものを自分達で作ってしまおうというところから、2003年に「SCANNER(スキャナー)」が誕生した。



サッタ

2002年に川口慶人によって設立されたブランド。 遊び心とメッセージ性を備えたデザインのアイテムを展開し、注目を集めている。



サスクワァッチファブリックス

2003年に誕生したブランド。 ドストリート文化を背景においたスタンスと、アメリカ古着といっても一括りにはできないという視点、嗅覚から放たれるテイストと良質さに唯一無二なグラフィックで独自のエッセンスを注入。 そんな男子の心をくすぐる良質で雰囲気のある商品を展開している。



サンディニスタ

2000年に誕生したブランド。 他ブランドとのWネームなども積極的に行いブランドとしての可能性を広げている。



ルーラー

2000年に誕生したブランド。 強いメッセージ性のあるアイテムが話題を集めている。



ルージュ・ヴィフ

1995年に設立されたブランド。 甘くて可愛らしいデザインを愛する大人の女性のためのアイテムを展開している。



ロッキーマウンテンフェザーベッド

1960年代後半に誕生したブランド。 カウボーイ向けの防寒ウェアブランドであり、人々から圧倒的な人気を誇っている。



ロックスミス

2003年に立ち上げられたブランド。 デザイナーはDJ.MASTERKEYとDJ.YUKIJIRUSHIが手掛けているが、2005年からはデザインをNYのkiloインターナショナルと共同で行うようになった。



ロックスター

2001年に誕生したブランド。 当初はrealmadHECTICからのクラブシーンに対する回答として商品展開をしていたが、現在はROC STARとして独立した立ち位置を確立した。



アールエヌエー

1984年に誕生したブランド。 現在も店舗数を伸ばし続け、多くの人からの高い支持を得ている。



リップヴァンウィンクル

白谷直樹と大野雅央によって立ち上げられたブランド。 「発想の瞬発力を最大限に活かせるように」と考え、ブランドコンセプトは掲げていない。 スリムなシルエットが特徴のアイテムを中心に様々なアイテムを展開している。



リッチ

2002年に誕生したブランド。 可愛らしいデザインでディテールにこだわられたアイテムが高く評価され、多くの女性からの人気を誇るブランドである。



リズムフットウェア

「RHYTHM FOOTWEAR」は鹿子木隆がデザイナーを務めるシューズブランド。 鹿子木隆氏はロンドンのコードワイナーズ・カレッジで靴作りを学びんだ後、1998年に自身のブランドである「Rhythm」を発した。 デザイン性だけでなく、履き心地などのクオリティも高く、定評がある。



リボルバー

1998年に誕生したブランド。 これまでに、国内外を問わず様々なアーティストとのコラボレーションを行い、話題を集めている。



リラックス

橋本淳がデザイナーを務めるブランド。 ジャージ素材を用いて、様々なアイテムを展開している。



レアセル

「rehacer(レアセル)」とは、デンマーク語で「塗り替える、作り直す」という意味を持つ言葉。 「rehacer」ならではの世界観で作られたアイテムが注目を集め、多くの人からの支持を得ている。



リーボック

「Reebok(リーボック)」は、ランナーであるジョセフ・ウイリアム・フォスターが自身のスパイクを開発したことから始まります。 1900年には、「JWフォスター社」を設立し、1958年、俊敏に駆けるガゼル(鹿)のアフリカ名である「REEBOK」をブランド名に改名した



リバース

2000年に誕生したブランド。 「再生」をブランドコンセプトに掲げ、。「見えない真実…。」「閉鎖的」、「あるのに使えない」、「ねじれ」、「左右非対称」をキーワードにしたデザインでアイテムを展開する。



レイビームス

「Ray BEAMS(レイビームス)」は1983年にBEAMS初のレディースレーベルとして誕生した。 有名、無名に関わらず、クリエイティブな才能との出会いから時代の空気を感じ、それを共有するというコンセプトでセレクトされたスタイルが人気を集めている。



ローパワー

2002年。フランク・リーダーとマイケル・エリスの二人が「Tシャツを何枚か作って売れるかどうか試してみよう」という会話がきっかけで誕生したブランド。 そのTシャツは即完売してしまい、追加で作り上げたTシャツの総数はそのシーズンだけで1000枚を軽く超えるものとなった。



ローファッジ

ブランド名である「RAW FUDGE(ローファッジ)」は直訳すると「生の焼き菓子」という意味であるが、これには「でたらめ」や「不平等」という意味も込められている。 「大人のロック」をベースにアイテムを展開。



ランダム

2000年に新しく誕生したブランド。 シンプルでディテールにまでこだわられたデザインが人気で、様々なアイテムを展開している。



ラディアル

2002年に誕生したブランド。 影響を受けた全てのカルチャーに対する独自の解釈によって創り挙げられた自分達の世界観を形に発信する事をブランドコンセプトとして掲げている。



ラカル

2003年に誕生したブランド。 シンプルながらも遊び心のあるデザインのアイテムを展開している。 クオリティも高く、多くの人から注目を集めているブランドのひとつである。



クエンチラウド

「QUENCHLOUD(クエンチラウド)」のブランドコンセプトは「STANDERD BUT GOOD」。 長く着ることのできる洋服、着る人にストレスを感じさせない洋服、その人に合った、その人を引き立てる洋服を追求し、アイテムを展開している。



キューポット

2002年に誕生したアクセサリーブランド。 身に着けている人も、それを見る人も楽しくなるようなポジティブアクセサリーを創ることをブランドコンセプトに、様々なアイテムを展開している。 「Q-pot.」から発信される楽しい気持ちや笑顔の連鎖が世界中に広がれば、世界はきっと、平和になる。



プフ

田所幾江が運営するブランドで、2000年に誕生した。 遊び心のある、大人の女性のためのアイテムを展開し、多くの女性から注目を集めているブランド。



パブリックイメージ

2005-06A/Wシーズンに誕生したブランド。 デザイナーを務める玉木竜二郎は熊本県に生まれ、2001年よりMOTIVEデザイナーに就任した。 その後、自身のブランドである「PUBLIC IMAGE」を設立する。



プログラム

2000年に誕生したブランド。 「PRORAM」が展開する、遊び心のあるデザインや色使いを用いたアイテムが注目を集めている。



プロダクト

2002年に誕生したブランド。 「着やすさ」を優先に、シンプルでクオリティの高い商品を展開している。



プリーン ソーントン ブルガッジ

「PREEN BY THORNTON BREGAZZI (プリーン ソーントン ブルガッジ)」



プレイホテル

2000年に設立されたブランド。 旅する大人の女性のイメージから、世界の平和も込めて、可愛らしいアイテムを展開するブランド。



ポーター

「PORTER(ポーター)」は吉田カバンが展開するブランド。 ブランド名であるポーターとは、ホテルなどでお客様のカバンを預かる人の職名であり、常にカバンに触れ、カバンのことを熟知していることに由来する。



ポピュラースパームショー

2004年に誕生したブランド。 ミリタリー、パンク、フォークロアをベースにインパクトのあるアイテムを展開する。



プレッジ

2002年高田昌哉と三浦秀教によって立ち上げられたブランド。 ブランド名はフレードリッビ デュレンマットという小説に由来している。



ピッピ

2002年に佐藤葉子によって設立されたブランド。 「ファッションや気分で履き替えられる、エレガントでありながら日常使いしやすい靴」をベースに様々なデザインのアイテムを展開し、話題を集めている。



フィリップスタルク

フィリップ・スタルクによって設立されたブランドで、ブランド名の「PHILIPPESTARCK」は自身の名を冠して付けられたものである。



パム

2000年に誕生したブランド。 ミーシャ・ホレンバック、ショーナ・トゥーヘイがデザイナーを務める。 P.A.Mの二人はデザイナーとしてアーティストとして、国際的に高い評価を得、多くの著名なエキシビションやフォーラムなどに数多く取り挙げられた。



オウル オプティックワーロック

1999年サングラスアパレルブランドとして OWLopticwarlockは誕生した。 ブランド名である「OWL」は「梟(ふくろう)」に意味しており、これは梟が知恵の神様や夜遊びを表現することに由来している。 いつもと違う自分を引き出す演出の手助け、目の一部、顔の一部としての使い勝手のいいアイテムを展開している。



オーバーザトゥウェルブ

男性専用のアンダーウェアブランド。 様々なデザインのアンダーウェアを豊富に展開し、注目を集めている。



オッサモンド

2001年に誕生したブランド。 オートクチュールと和裁の技術を駆使したパターン技...



オオシマ レイ

2005、2006の秋冬に誕生したブランド。 大島麗が自身の名を冠したブランドを立ち上げたことからスタートしたものである。 歴史や伝統あるものの美しい部分、温かい部分などを伝え守り続けていくことをコンセプトとしている。



オリジナル

「orignal(オリジナル)」とは、Levisが展開するラインの一つである。 定番の501だけではなく、伝統的な品番ともいえる505、517、646など、ジーンズ本r内の持つ雰囲気を踏襲したアイテムを展開している。



ワントゥルーサクソン

元ポール・スミスジーンズスタッフのであるイアン・ペイリー、マーク・ベイリー、イアン・ベアジンの3人によって立ち上げられたブランド。 時代の流れに左右されないデザインにこだわったアイテムを展開しており、そのクオリティの高さに注目が集まっている。



オキラク

2001年に誕生したブランド。 デザイナーはAko IDEZUKA とMegumi KAMEISHIが手掛けており、学生時代からの友人同士である二人がアクセサリー製作を始めたことからブランドがスタートした。 その後は、アクセサリーだけでなくトータルアイテムを展開している。



ナッツアンドボーンズ

1999年に誕生したストリートファッションブランド。 メッセージ性の強いアイテムが注目を集め、男性から高い支持を得ている。



ヌメロ ウーノ

小沢宏によって立ち上げられたブランドで、2003~2004秋冬シーズンにてコレクションデビューを果たす。



ナム

石田洋介によって立ち上げられたブランド。 MIHARA YASUHIROにて、三原氏のアシスタントとして経験を積み、退社後、2006年にコレクションを展開した。



ノゾミイシグロ

石黒望(いしぐろのぞみ)によって設立されたブランド。 裁縫学校を卒業後、コムデギャルソンに入社し1998年に独立を果たす。 その後、自身の名を冠した「NOZOMI ISHIGURO」でコレクションデビューし、様々なアイテムを展開。



ノウノ

2001年に「休日」というコンセプトをもとに様々な休日のシチュエーションに対応する服作りをスタートする。 その後も、家具などのインテリアやコラボレーションアイテムなど様々な商品を提案。 現在もデイリーウェアを中心にアイテムを展開し、男性からの支持を得ている。



ノッシアンドシモン

2000年10月にNOSH co.,ltdとして法人会社設立した。 ウェアーを主体としたセレクトショップに展開しており、現在に至る。



ヌーカ

マシューワォルドマンによって設立されたブランド。 1999年にSEIKOとライセンス契約を結び、「NOOKA ZOO」が発売された。 ヌーカウォッチの線状でグラフィカルな時間の表現は、時間を読むためにより直感的な方法といえる。



ノーブル

ウィークデイを優雅に過ごす為に、女性であることを楽しむことのできる服を提供しているブランド。 シンプルで上品なデザインのアイテムを展開し、女性から注目を集めている。



ニクソン

「nixon(ニクソン)」とはサーフ、スケート、スノーの3Sスポーツをする人々の間で求められる”ライフスタイルウォッチ”をテーマに、Andy Latts(アンディ)とChad Dinenna(チャド)がスタートさせたウォッチカンパニー。



ニーウ

2006年に誕生したブランド。 多くの流行を経験してきたデザインチームVGMが多大なファッション知識をもとに、様々なアイテムを全国へ展開している。



ナイン

都会的でトレンドに柔軟な女性のための、洗練されたスタイルを提案しているブランド。 スマートなデザインだけでなく、素材や質感、シルエットにまでこだわられたアイテムが、多くの女性からの支持を得ている。



ナイスコレクティブ

1996年に誕生したブランド。 「いま」の「Wear」を「クリエイトする」ことをコンセプトに掲げ、Joe Hallar(ジョーハラー)とIan Hannula (イアンハヌーラ)がデザイナーを務める。



ニューバランス

1906年にアメリカのボストンで、アーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして誕生したシューズブランド。 足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解があってこそ可能となる矯正靴の製造。 このノウハウをもとに、60年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始した。



ニアーニッポン

2000年に誕生したブランド。 ブランド名の「nera.nippon」とは相反する要素を「近づける」の「near」という意味。



ナバアサナ

「navasana(ナバアサナ)」とは、LAを拠点に世界各国へファッションアイテムを展開している「AMERICAN RAG CIE」からの新しいブランドである。 ナクラウやカンタ刺繍といった、インドの伝統的なクラフトワークをリアルクローズとして表現し、それを大人の女性に提案するブランドとして2007年に誕生した。



ノーティー

2001年に周りのSKATER HEADZ達の為にT-SHIRTSを制作し始めたことが、「Naughty」の誕生に繋がる。 2006年からはトータルアイテムを展開しており、現在では全国へと活動の場を広げている。



ナデシコ

物欲や流行に支配されず、着飾ることだけにとらわれず、自身の生き方やハートと身につける衣服とがリンクする女性に向け、作品と呼べる服作りを心がけているという「ナデシコ」。



ネイキド バンチ

デザイナーであるEd TSUWAKI自身が展開していたT-shirtsブランドが「nakEd bunch(ネイキド バンチ)」の前身となっている。 遊び心があり、独特の世界観を表現したデザインの数々が注目を集めている。



ミスターオリーブ

2003年に誕生したブランド。 その活動は国内だけにとどまらず、海外でも幅広く活動している。



マザー

2004年に誕生したブランド。 その人の心に仕舞った思い出のように、その人に寄り添っていける服づくりをブランドコンセプトに掲げており、デザイナーはeriが務める。



モンタージュ

1995年に立ち上げられたブランド。 「montage(モンタージュ)写真のように無数のパーツを組み合わせて生まれるイメージ」をブランドコンセプトに掲げ、全国展開を進める話題のブランド。



モノグラム

2000年に誕生したブランド。 シンプルかつ機能的な物から、デザイン物まで幅広いアイテムをリリースしている。



モンツキ

2004年に長澤武弘・藤川慎太郎によって立ち上げられたブランド。 「ルーツとこだわり」をブランドコンセプトに掲げ、品のあるスタイルを提供する。



マンオブムーズ

「MofM(manofmoods)(マンオブムーズ)」は2003年に福山正和によって立ち上げられた。 福山正和は奈良県出身。 NIKE、TIME-X等8社との契約を結び、トップスノーボードライダーとして8年間活躍しており、同時期にモデルとしてファッション誌を中心に活動中、MofM(manofmoods)を設立した。



モブスタイル

2000年に誕生したブランド。 50sカリフォルニアスタイルをベースに、不良の持つかっこよさを独自の世界観でデザインに取り込む。



ミオ

2007年に誕生したブランド。 モデルである山川未央とチダコウイチが手掛けており、ブランド名の「mio.y」は山川未央の名前に由来している。



ミントデザインズ

2001年に立ち上げられたブランド。 2005年モエ・エ・シャンドンデザイナー新人賞受賞するなどの功績も残している。 流行を取り入れ、遊び心を持たせたデザインが人気となっている。



マイン

2005年に誕生したブランド。 創業当初はTシャツ、カットソーなどのトップス類を中心に展開していたが、2006年からはトータルコーディネートで展開している。



ミノトール

定番的なアイテム一つ一つをコーディネイトに取り入れた瞬間から、着る人自身のライフスタイルに溶け込んだ、愛着のある1着となるようなアイテムを展開している。



ミン アット アールエヌエー

ブランド名の「min」とはminimum(ミニマム)を省略したもの。 minimumとは「最小。最小限。最低限。」という意味を持ち、最小のディティール、デザインで最大の魅力を引き出せるモノづくりがベースであることに由来する。



ミミアンドロジャー

モデルであるブレンダによって立ち上げられたブランド。 内面も外面もフェミニンである事を意識し、エレガントでクラシックなテイストを取り入れながらも洗練された、オンタイムでもオフタイムでもエネルギッシュに飛び回るチャーミングな女性のための新しいフェミニンスタイルを展開する。



ミロック

「Milok(ミロック)」は2005年に立ち上げられたブランドである。 毎シーズンテーマを設け、テーラーリングをベースにリアルクロージングを提案していく。



ミルクフェド

1995年に誕生したブランド。 「カリフォルニアクール」をブランドコンセプトに掲げており、ソフィア・コッポラがデザイナーを務めている。 カジュアルで気取らないアイテムが女性から高い評価を得ている。



ミルクボーイ

1974年に誕生したブランド。 1970年代にはジョンレノン、デビットボウイなどが顧客となっており、注目を集めた。 また、国内のアパレルブランドとして初めてサングラスを販売したことも話題となる。 現在でも、若い男性を中心に高い人気を誇るブランドの一つである。



ミルク

1970年に誕生したブランド。 遊び心がいっぱいのレースやフリルを あしらった定番アイテムや、ピュアでハッピーなイメージのプリントものなど、毎シーズン女の子のハートを夢中にさせてしまうカワイイものを展開している。



エムエイチアイ バイ マハリシ

ロンドンでミリタリーコレクターとして有名だったHardy Blechmanという...



ミーン

2005年に誕生したブランド。 旅や自然や音楽から得たものを、デザイナーの観点で融合したナチュラルウェアやアクセサリーを展開している。



マスターピース

1994年に誕生したブランド。 全ての商品が機能的という枠にとどまらないファッションとしてのコーディネートに活躍できるもの、というブランドコンセプトを掲げ、大人のカジュアルスタイルを展開。 豊富なカラーバリエーション、シンプルながら遊び心のあるデザインが多くの人からの注目を集めているブランドの一つである。



マーカ

「marka(マーカ)」は、高品質な日本製のメンズモードを展開するブランド。 クオリティの高いシンプルなアイテムは、多くの男性から注目を集めている。



マーヴェレッツ

「MARVELETS(マーヴェレッツ)」とは、デザイナーとそのパートナーによるドメスティックバッグブランド。 バッグに必要な機能性を大切にし、時代に流されないマーヴェレッツらしい視点でアイテムを展開している。



マリオス

2000年に誕生したブランド。 イタリアのミラノにショールームを置き、世界中で幅広く活動している。



マーシェルシェ

靴作りをしっかり知った上で、昔の靴職人さんの技術を真摯に受け止め、敬意を払いつつ、それらを今のファッションと結びつけるにはどうするかを考え、アイテムを展開するブランド。 クオリティだけでなくファッション性も兼ね備えた「marchercher」の靴は、靴をこよなく愛する人々からたくさんの支持を得ている。



メニードープ

2001年に誕生したブランド。 「形にこだわらずあらゆる事をデザインソースに」という表現方法を主体にグラフィックデザイナーを中心としたメンバーで始めた、Tシャツメインのブランドである。 個々の感性を基盤に機能性や着心地を重視した本格的な服作りを展開している。



マニュファクトリー

2000年に設立されたブランド。 周囲の様々なアーティストやミュージシャンにサポートされながら現在に至っており、「MANUFACTORY(マニュファクトリー)」が展開する、シンプルで飽きのこないデザインのアイテムが人気となっている。



マルコマルカ

2002年に誕生したブランド。 メンズ・レディースアイテムを展開し、遊び心のあるアイテムが若い世代を中心に支持を得ている。



マグナムフォース

2004年に誕生したブランド。 ストリートアイテムを展開するが、テーマは無く、いがその時のいろんな音楽から受ける物やいろんなクリエイターたちの発想力が、その時のテーマになるという。



マジス

「MAGIS(マジス)」とは、、「日常使いの製品にこそ、優れたデザインを」をテーマに、最先端の技術とデザインを日常の製品に取り入れ、インテリアデザインに新しい変化を与える家具・家庭用品ブランド。 1976年にユージニオ・ペラッツァ氏によって立ち上げられた。



マジック ナンバー

日本から発信する世界に誇れるブランドを目指して常に向上心と遊び心、クリエイティブな感性を忘れずにストリートのトレンドを創造、発信していくブランド。 ディレクターに中村竜氏を迎え、デザイン・企画を内藤祐典が担当している。



マッドフット

デザイナー独自のフィルターと感性を加えたアイテムを展開し、また数々のブランドやショップとのコラボレーションで話題を集めるスニーカーブランド。 展開するアイテムはスニーカーだけではなく、様々な小物なども幅広く展開している。



マックダディー

1997年に日下部司によって設立されたブランド。 シンプルなものから、カラフルな色使いで遊び心のあるものまで、様々なデザインのアイテムを展開している。 洋服だけでなく小物の人気も高いブランドである。



マーズ

1990年に設立されたジュエリーブランド。 日本だけでなく、アメリカ、イギリス、イタリア、フランスなど海外への進出も果たし、今や世界中の人から注目を集めているブランドなっている。



リリシズム

2005年に立ち上げられたブランドで、佐々木真由美がデザイナーを務めている。 アイテム一つ一つがまるでアートのように、作品として成り立つ。 多くの女性から支持を得ているブランドである。



ライルアンドスコット

1874年、スコットランドの小さな町で「Lyle&Scott」は誕生した。 創業当初から高級ウールセーターを作り続け、現在では「Lyle&Scott」が展開するカシミアセーターのクオリティの高さは世界中の人々からも認められている。



ラウンジリザード

1998年10月10日に八重樫学、東郷達也、有働幸司らによって立ち上げられたブランド。 現在のデザイナーは八重樫学と東郷達也が勤めており、細身でテーラーリングなアイテムを中心に展開している。 上品なデザインとシルエットが人気で、男性からの人気を誇るブランドとなっている。



ロリンザ

有江明と稲塚勇介らによって設立されたブランド。 二人はそれぞれ異なるアパレル会社でショップスタッフ、企画、バイイングなどの仕事に就いていたが、2003年から共同でブランドを立ち上げた。



ロピ フムラウ

「Lopi Fumulau(ロピ フムラウ)」は気持ちの良い素材にこだわった、大人の女性のためのシンプルでリラックスできる服を展開する。 シルエットやサイズ感にこだわり、ベーシックで着心地の良いもの、いつも着たいと思える身近な服を提案していくブランドで、2006年に誕生した



ログロム

「Logrom(ログナム)」の展開する圧倒的な存在感を放つアクセサリーが、多くの人から注目を集めている。 現在は日本だけなく、海外からも高く評価されるブランドとなっている。



リチウム オム

過剰なデザインを求めるよりも、素材へのこだわり、シルエットへのこだわりを大切にするというブランドコンセプトを掲げている。 丁寧にデザインされたアイテムが人気を集めている。



リーバイスプレミアム

「Levi's PReMIUM(リーバイス プレミアム)」は、リーバイスの伝統品番である「501 オリジナルボタンフライ」、「505 オリジナルジップフライ」、「517 オリジナルブーツカット」に、シャープな清潔感、モダンな遊び心などを盛り込み、新しいデザインとパターンワークによって再構築されたライン。



レマー&ダーレー

2005年にブライアンとKAREEMによって設立されたブランド。 ポップな色使いのあるデザインや、メッセージ性の強いデザインのアイテムを展開し、話題を集めている。



ラウラ

「Laula(ラウラ)」が展開する、エレガント、ガーリー、クラシックと全ての要素をミックスしたアイテムは大人の女性に向けて発信されている。 こだわりはそのデザインだけでなく、着心地のよさにも及んでいる。



ラピスビームス

1992年、ファッションコンシャスで自分らしいスタイルを楽しむ女性のために「BEAMS(ビームス)」から新しく生まれたレーベルである。 独自の価値観、余裕を持った女性に向けて、モードスタイルを展開する。



ランドスケーププロダクツ

1997年に中原慎一郎を中心とするデザインチームとして立ち上げられたもの。 質な木の素材を活かし、独自のスタイルを持ちながら、決して他のものにスタイルを押し付けてしまうことがない、どんなものとも調和する魅力あるアイテムを展開している。



ラカイ リミテッド フットウェア

ブランド名にもある「LAKAI 」とは、「LA(ロサンゼルス)」、「CA(カリフォルニア)※後に「ka」に変更された) 「I (IDIOTS(おバカさん)の略)」に由来している。 このブランド名にもあるように、機能性、デザイン性ともに優れているものの、どこかに遊び心が含まれているというようなシューズを展開し、多くの人から愛されるブランドとなっている。



コック

2003年に設立したブランド。 ブランド名である「KKOK(コック)」には、靴を作る最高の創作料理人(cook(コック))という意味も込められている。 創業当初からの1stモデルであり、「KKOK」の代名詞ともいえる「BREED」を皮切りに、数々のアイテムを展開し、注目を集めている。



キツネ

2001年にジルダ(Gildas)とマサヤ(Masaya)によって立ち上げられたブランド。 ファッションのテーマは「ニュークラシック」。



キリュウキリュウ

「ヨウジヤマモト」で企画とパターンの経験を積んだデザイナーが手掛けるアイテムは表面的なかっこよさだけではなく、本来服として備わっていなくてはならない機能性を最も美しく昇華させたまさに“機能美”の服を展開している。



キングリーシアタープロダクツ

「服は着たときに生まれる、ある独特の空気感によって成立する」と考え、ファッションへの強い概念をもち、こだわりを持ったアイテムを展開するブランド。



キネティックス

現在、日本国内トップクラスのJORDAN BRANDのアカウントを取得、国内1店舗のみの販売店舗に任命。また今春よりDC SHOESのライフスタイルアカウントを取得。 セレクトショップとして独自のセレクトで海外からのインポートブランドを多数展開している。



ケンゾーミナミ

「KENZO MINAMI」はNY在住の日本人グラフィックアーティストがデザインを手掛けるブランド。 展開するアイテムのデザインはもちろん、デザインにあったシルエット、素材などにこだわられたアイテムが話題を集め、多くの人からの支持を得ている。



ケイティ

1997年に立ち上げられたブランド。 ガーリィ&ロックステディ をボーンテーマに音楽や映像、バンド等にインスパイアされたコレクションは、女性が合わせ持つ『かわいらしさ』と『強さ』をKatieらしく追求している。 20代〜30代を中心とした自立した女性やファッション好きからはもちろん、音楽ファンや趣味の広い女性層からも支持を集めている。



カルテル

1949年に創業された、イタリア最大のプラスチック家具メーカー「kartell(カルテル)」。 「アンティークになり得るプラスチック家具」をポリシーに、プラスチックのイメージを覆す、機能も兼ね備えた美しい家具を提案し続けている。



カオン

「Kao(カオン)」というブランド名は、フランス語の「中性分子」の記号に由来している。 「年齢などにとらわれずに、着る人の個性と服でミックス感のあるコーディネートができるように」というコンセプトを掲げ、デザインし、展開している。



カイラニ

1999年に創業したブランド。 女の子が大好きなアイテムを幅広く展開し、多くの女性からの支持を得ているブランドの一つである。



ジャーナルスタンダード ラックス

JOURNAL STANDARDのレディースラインのひとつ。 素材や質感にこだわり、女性らしいラインを大切にするアイテムを展開している。



ジャーナルスタンダードホームステッド

JOURNAL STANDARDのメンズラインの一つ。 シンプルでカジュアルなアイテムが人気を集めている。



ジョンスメドレー

「JOHN SMEDLEY(ジョンスメドレー)」は1784年にピーターナイチンゲールと、ジョンスメドレーによって設立された。 現在は、新しい流行を取り入れながらも伝統的なものも守り抜く姿勢をとり続けている老舗ブランド。 素材や質感に強くこだわられたアイテムは世界中の人から愛されている。



ジョン ローレンス サリバン

柳川荒(やながわあらし)によって2003年に立ち上げられたブランド。 柳川氏はプロボクサーとして4年間リングに上がった後に引退し、独学でデザイナーへの道を切り開いた。 素材とパターンのマッチングから生まれる美しい背中に執着し、理にかなったエレガントなシルエットを追求し続けている。



ジーンディアデム

俳優である浅野忠信が手掛けるブランド。 性別や世代を問わず人気のある浅野忠信がデザインするアイテムは、圧倒的な存在感を放ち、インパクトを与える。



アイズビット ガーディアン

SIERA LEONEの2ndブランドとして2006年に誕生したブランド。 「本質的なシンプルアイテム」をブランドコンセプトに掲げ、本質的なシンプルアイテムを展開している。



アイロニー

1996年に「penetrate」を立ち上げたことが、2000年の「IRONY(アイロニー)」設立の始まりとなる。 IRONYは東京の女の子による東京の女の子のためのカジュアルラインのブランド。 海外のブランドとWネームという形でのコラボレーションなど、様々な形でファッションを提供している。



インターナショナルギャラリービームス

1981年に「BEAMUS(ビームス)」から誕生したブランド。 インポート商品を中心に扱っており、「洗練された混沌」を意識したアイテムを展開。



インケルトゥス

セレクトショップ「時しらず」のオリジナルブランドライン。 ブランド名である「INCERTUS(インケルトゥス)」はINCERTUS(インケルトゥス)はラテン語で五分五分を意味するもので、シルエットや素材感にこだわり、細かいディテールにまで手が入っている贅沢なアイテムを展開している。



イリイッチ

2003年に誕生したブランド。 トータルバランスを意識したリアルクロージングを意識して創り出されるアイテムは、シンプルでありながらこだわりがみえるものとなっている。



アイ

2003年に誕生したブランドで、圷伊作(アクツイサク)がデザイナーを務める。 カラフルな色使いでありながら落ち着いたデザインのアイテムを展開し、多くの人からの注目を集めるブランドである。



ハウナチュラル

2000年に誕生したブランド。 2004年にN.Yラインの「HOW NATURAL? N.Y」をスタートさせ、国内だけにとどまらずワールドワイドに活動するブランドである。



ホテルバタフライ

2006年7月にD-BROSの新シリーズとして誕生。 グラフィカルな蝶が特徴のアイテムを展開している。



ハニーサロンバイフォピッシュ

1996年フォピッシュを設立し、2000年に「HoneySalon」が誕生した。 女の子らしい色使いや元気なデザインのアイテムを展開しており、若い女性を中心に高い人気を誇るブランド。



ホロウ

ブランド名である「ホロウ」とは、何も満たすものが無く、空であることを現している。 ジュエリーデザイナーの経歴をもつ上島が多彩なモチーフを美しく、そして魅力 的に描きだすことでシルバーアクセサリーと言う枠を超えたアーティスティックな表現を創り出しているブランドである。



ヒスイ

1999年に伊藤弘子によって設立されたブランドである。 「着る人が、新しい内面を発見し、楽しい気分、エネルギッシュになる服。TPOよりも色や形での自己表現を重視し、着る人との深く、身近なコミュニケーションが出来る服を提案」をブランドコンセプトとしている。



ハイミー

2005年に設立されたブランド。 東京とニューヨークをベースにストリートファッションを展開している。 細部にまでこだわられたデザインが人気を集めている。



ヘクティク

1994年の創業当初は、インポートの買い付けをメインにしたセレクトショップであったが、1998年に新たに立ち上げた「HECTIC」によってオリジナルブランドが誕生した。



ヘッドクォーター

1999年に設立された、元THUMBの岡田洋介が手がける人気ブランドである。 遊び心のあるデザインで多くのアイテムを展開し話題を集めている。



ハワイアナス

1962年に設立したブラジルのブランド。 havaianasのデザインの原型は1908年に日本から初めてブラジルに渡った日本人が履いていた『草履』『草鞋』がモチーフとなっている。 現在では若い世代を中心に絶大な人気を誇るサンダルである。



ハリコットルージュ

2005年に誕生したブランドで、強制的なイメージから解放された服作りをベースとすることをブランドコンセプトに掲げている。 遊び心のあるデザインが注目を集めている。



ハードヒット

総合格闘家である山本"KID"徳郁が手掛けるブランド。 圧倒的な存在感を放つアイテムを展開し注目を集めている。



ハミルトン

1892年に誕生して以来、伝統的な技法を重んじるスイスの時計作りとは全く異なったアプローチで、画期的なプロダクツを次々と世に送り出し、時計史のみならず工業史にその名を刻む時計メーカーとなった。



エイチエヌビーエム

1996年に星野尚によって立ち上げられたブランド。 ファッションに対する自由な発想を体現したウェアを展開し話題となっている。



グエル マスタード

2002年に誕生したブランド。 素材、質感だけでなく、さりげないディテールにまでこだわられたアイテムが女性を中心に支持を得ている。



ジーショック

ただの装飾品ではなく、「絶対に壊れない時計」という新しい発想をもとに作られた時計。 耐衝撃構造、防水性などの機能性だけではなく、デザイン性にも優れたアイテムたちは、性別、年齢を問わず、多くの人から愛されるブランドになるまで進化した。



グライム エフェクト

2005年に誕生したブランド。 ディテールにこだわったアイテムを展開し、注目を集めているブランドのひとつである。



グリーンレーベルリラクシング

シンプルで上質なライフスタイルを提案する洋服と雑貨のを展開するブランド。 メンズ、ウィメンズのドレス、スポーツカジュアル、アクセサリーや小物、さらにキッズやマタニティウェアなど、幅広いアイテムを提供している。



グーポップ

小田まゆみと上野可恵が手掛けるブランド。 強くたくましく、POPでありたいという思いから発信されるアイテムたちが女性の心をつかみ、多くの人からの支持を得ている。



グラム

2003年、バンクーバーやニューヨークでの海外プロモーションを皮切りに現地での圧倒的な支持を得ながらも、2004年2月に国内展開にシフトチェンジその後まもなく熱狂的なファンを獲得し、全国40店舗で展開。



ジレ

2003年に誕生したブランド。 カスタマイズドライン、一点物ライン、サイズを直したヴィンテージ(完全な1店もの)、オリジナル商品、家着の5つのラインを展開している。



ジグリーロイ

2000年に「GIGGLY(ジグリー)として誕生し、2003年より新たに「GIGGLYROY(ジグリーロイ)」とブランド名を変更したことによってスタートした。



ジャーム

2005年4月に誕生したブランド。 1つのテーマに対して2人が個別に制作、完成後2つの異なる要素を掛け合わせ、1つにしたものをgerm として発表するという方法で作り出されたアイテムは、デザイン性に優れており、多くの人から注目を集めているブランドの一つである。



ジーヴィジーヴィ

1999年に設立されたブランド。 フェミニンとマスキュリンの同居するオリジナルな世界観を、その時の感性で自由に発想し、毎シーズンコレクションとして発表。現在最も注目されるブランドの一つにまで発展している。



フューチャーゾンビ

2001年に最初のTシャツ3型を試験的に限定リリースしたことから始まる。 現在では大きく発展し、シンプルながらもインパクトのあるアイテムに注目が集まっている。



フューチュラ ラボラトリーズ

1998年ブルックリンにて誕生したブランド。 ブランド名は「実験室」という言葉に由来しており、新しいものに挑戦する場所を求めていくという意味が込められている。



ファーファー

2006年からブランドとして誕生した「furfur(ファーファー)」。 古橋彩がデザイナーを務め、独自の世界観をリアルに反映させたアイテムを展開し、注目を集めている。



ファンダメンタルアグリーメントラグジュアリー

ニューヨークの大手セレクトショップ「alife」など海外を中心にプライベートレーベルを展開していた津吉学が、ドメスティックブランドglambのグラフィックデザイナーを経て2005年春に設立したブランド。 2006年春より日本国内での本格展開をスタートさせた。



フルカウント

1994年に創立したブランドで、ジーンズカジュアルウェア及びその関連製品の企画・開発・販売を行っている。 ディテールにまでこだわられた多くのジーンズを展開しており、男性を中心に多くの人々から愛されているブランドである。



ファクト

1990年ロサンゼルスに誕生したブランド。 ストリートファッションの先駆者的な存在であり、若い人を中心に多くの人から支持されているブランドの一つ。



エフティーシー

1985年に「FAMILY」「TRUST」「COMMITMENT」を信念に、より良いスケートショップを目指しサンフランシスコに誕生したブランド。 創始者はKent Uyehara(ケント ウエハラ)。



フルーツケイク

1996年に誕生したブランド。 「変わり者」という意味を持つブランド名だが、展開されるアイテムは遊び心があり、デイリーで着ることのできるカジュアルなアイテムを展開している。



フルフルタント

2001年に誕生したブランド。 デザイナーは田所幾江が務めており、素材やディティールにこだわられたスタンダードなアイテムが人気を集めている。



フレッシュジャイブ

1989年にデザイナーのRICK KLOTZによって創立されたブランド。 ストリートファッションを確立された先駆的なブランドであり、スケート、サーフ、アンダーグラウンド・ミュージック、クラブカルチャーなど幅広い方面からインスピレーションを受け、リアルタイムのLAを表現し続けている。



フレッドペリー

「FRED PERRY(フレッドペリー)」とは、1952年にテニスブランドとして立ち上げられたブランド。 創始者であるフレデリック・ジョン・ペリーはイギリス人として唯一ウィンブルドンで優勝した経歴を持つ人物で、現在も有名なテニスプレーヤーとして名を残しています。



フレームワーク

デザインはもちろん、素材感、質感にこだわりを持つブランド。 リラックスして着ることのできる、大人の女性のためのアイテムを展開している。



フラフ

立木輝樹氏がデザイナーを務めるブランド。 シンプルで品のあるデザインのアイテムを展開し、話題を集めている。



ファイブオー

2000年に設立されたブランド。 メッセージ性が強く現れるアイテムを展開し、男性からの人気を得ているブランド。



フィスロン

2006年に誕生したブランド。 デザイナー前田孝典と様々な分野のコラボレーターとのデザイン・技術・カルチャー全てをぶつけ合ったアイテムが続々登場し、話題を集めている。



フィリー オー リンクス

野口アヤがデザイナーを務めるブランド。 遊び心があり、それでいて上品なデザインのアイテムたちが注目を集めている。



フュー

デザイナーである遠藤英一は、7年間デビロックに在籍しており、その後2004年に独立しブランド「few.(フュー)」を立ち上げた。 定番とそうでないアイテムを混合させることでお互いのいい面を備えた、独特の世界観を持つアイテムが注目を集めている。



フィージュ

2006年より全国展開を始めたブランド。 吉沢尚美がデザイナーを務めており、「Feed you(フィージュ)」が展開する可愛らしくディテールにこだわられたシューズたちが女性から注目を集めている。



エフエーティー

都会的で日常的なカジュアルウェアを展開するブランド。 シンプルながらもクオリティの高いオリジナルアイテムが多くの人からの支持を得ている。



エヴァー

ジーンズ『ラッキーブランド』の創始者でもあるGene Montesano,Barry Perlmanと元QuickSilverデザインの部門の総責任者でもあるJason bleickが2003年に立ち上げたブランド。 アメリカ国内では高感度セレクトショップを中心に展開されており、フレッドシーガルでのメンズコレクションはトップセールスを売り上げるブランドにまで発展している。



エンジニアドジーンズ

2000年に販売され、世界初の裁断方法が用いられたことで話題を集めた。 「動かずにはいられない」をコンセプトに掲げている。



エンパイア

様々な背景を重ね合わせたものをひとつひとつのアイテムに投影し、それをその都度反映させたカジュアルウェアを展開するブランド。 独自の世界観が現れるアイテムが注目を集めている。



エルブラウン

服はあくまでも日常の一部であるという事を基本概念とし、着る人のラ イフスタイルが反映される様な服作りを目指すブランド。



イレイト

古着に見られるようなベーシックアイテムにコンセプチュアルな発送を加えることで新たな服へと昇華。 シンプルでカジュアルなアイテムを幅広く展開している。



イーズデザイン

1998年よりコレクションをスタートさせた。 「身に着ける人を選ぶようなアクセサリーではなく、誰もが気軽に楽しめるアクセサリー」をブランドコンセプトに掲げ、遊び心のあるアイテムを幅広く展開している。



ダブルスティール

1999年に誕生したブランド。 「1つのものだけでなく、2つとも盗む」というブランドネームの通り、「1つの決まりきったものだけでなく、様々なテイストを取り入れたモノ造り」をブランドコンセプトに掲げ、様々なアイテムを展開している。



ダブル スタンダード クロージング

1999年に誕生したブランド。 「時を楽しむ」独自の基準(Standard)に基づいた、モダンとクラシック、クールとエモーショナル、オーセンティックとスノップ、カジュアルとフェミニンなど相反する様相、ダブルスタンダード(二重基準)をうまくミックスしていくことで、ちょっぴりセクシーなモードカジュアルを提案する。



ドゥアラット

1987年 ラフォ-レ原宿内にあった SHOP『セルロイド』からスタート。1994年 オリジナルブランド『エマニエル』を立ち上げる。1997年 ブランド名を『ドゥアラット』に変更。 カジュアルでカラフルな色使いが特徴。



ディータ

1996年ジェフ・ソリオとジョン・ジュニパーの幼なじみの二人が立ち上げたブランド。 厳選された素材とカラーコーディネーション、魅惑的なデザインフォルムが特徴的で、多くの人々からの支持を得ている。



ディスカバード

2001年に誕生したブランド。 木村多津也、吉田早苗がデザイナーを務めている。 古着、モード、カジュアルなど様々なジャンルをベースにしながら、遊び心あるアイテムを展開している。



ディレイン

独自の世界観をもつ「DIRAIN(ディレイン)」。 その個性的なデザインのアイテムが、男性を中心に話題となっている。



ダイエットブッチャー スリムスキン

2006年に誕生したブランド。 フォーマルを兼ね備えたカジュアルテイストの斬新なデザインが特徴的。



デビロック

1996年に遠藤憲昭によって立ち上げられたメンズブランド。 独自の色使いやデザインが人気を集めている。



ディバステ

2004年に誕生したブランドで、パリを拠点に活動する24歳の二人組、フランソワとオフェリーがデザイナーを務めている。



ディテールズ

soeの立ち上げメンバーとして活躍した久保田氏が2007年に立ち上げたブランド。 こだわりぬいたシルエット、オリジナルのマテリアル、久保田氏自らデザインするグラフィックが話題となり、注目を集めている。



デラックス

渡辺真史によって2003年に立ち上げられたブランド。 HUEがデザイナーを務めている。 ストリートファッションながら、シンプルなデザインが注目を集めている。



ディーブロス

広告制作・グラフィックデザインをメインワークとする(株)ドラフトが1995年に発表した自社ブランド。 ステーショナリーアイテム、時計、テーブルウェアなど幅広いアイテムを展開している。



ダヴィット モルソー

2005年に誕生したメンズブランド。 シンプルながらもこだわりがあり、落ち着いた遊び心のあるデザインが人気を集めている。



ダージリンデイズ

2005年にユナイテッドアローズがスタートさせた、40歳から50歳のためのメンズライン。 見かけよりも、自分にフィットする「感覚」を大切にした、本当の‘ゆたかさ’を手案するブランド。 シンプルで質感にこだわったアイテムを展開している。



シーエス

2005年11月に「CS/CS BLACK 2006 S/S COLLECTION」にデビューしたブランド。 「CS(シーエス)」が展開するメッセージ性の強いアイテムが注目を集めている。



クッキー フォーチュン

2004年に誕生したブランド。 野口アヤがデザイナーを務めており、「COOKIE FORTUNE(クッキーフォーチュン)」から展開されるアイテムは若い女性を中心に高い支持を得ている。



コンバース

1908年にマーキス・M・コンバースによって立ち上げられたブランド。 1917年に、永遠の名作キャンバスオールスターの製造販売を開始した。 現在でもその人気が衰えることはなく、性別や世代を問わず多くの人から愛されている。



コンポジション ファイブ

2004年に設立したブランド。



シチズン

日本を代表する時計ブランドのひとつである「CITIZEN(シチズン)」。 機能性だけではなく、デザイン性にも優れているウォッチシリーズは、世界中の人から愛されている。



シカタ

2000年に国内外のコレクションやファッション雑誌で活躍した人気モデル「Rihito」が立ち上げたメンズブランド。 良質の素材を用いられたシンプルでディテールにこだわられたデザインが人気を集めている。



シボネ

デザインを意識したライフスタイルをテーマに、インテリア、ファッション、音楽、アー...



クリストファー スティーボ

2005年にスタート。 デザイナー主義に迷う誰が作る服でなく、どんな服が着たいのか、重要かという部分のを全面に押し出し強調している。



チックマン

ヨーロピアンテイストなミリタリースタイルをベースに、古着などのエッセンスを取り入れ、ピエロというアイコンとパロディ的な要素をオーセンティックなカジュアルスタイルに落とし込んでいく。 遊び心がありながらも枠に振舞えるアイテムを提供しているブランドである。



リリイ

2005年にスタートした「yuyu」が2009年に「Lily」に改名したことにより誕生したブランド。



チャチャズ ハウス オブ イル リピュート

デザイナーのDINA PISANIは約10年前から帽子作りの勉強をNEWYORKで始め、ファッションショー用の帽子製作等の経験を経て、2001年8月にCHA CHA'S HOUSE OF ILL REPUTEという帽子専門のデザインスタジオをNEW YORK、マンハッタンのLOWER EAST SIDEにオープンさせた。



センサード センティエント

Censored Sentient とは陰と陽 プラスとマイナス などを持つ。 社会によって希望や夢などが見えなくなるのを身につける人にモザイクで予防することによりUnder ground からSentient達が世の中に上がれる環境を作る事を意とし、服つくりをしている。



コーズ

1996年に立ち上げられたシューズブランドで、増田啓晃氏がデザイナーを務める。 シンプルでありながら機能性やデザイン性を重視されたアイテムは、国内外の厳選された工場で生産されているため、そのクオリティも高いものとなっている。



カシオ

1974年に世界初のフルオートカレンダー機能を搭載した腕時計「カシオトロン」を発売した。 その後も、耐衝撃構造のG-SHOCK(1983年)・Baby-G(1994年)、データメモリー搭載のDATABANK(1984年)、各種センサーを搭載したPROTREK(1995年)など、時計市場において不動の地位を確立している。



カートリッジケイス

2002年に吉田直人氏によって立ち上げられたブランド。 ブランド名でもある「CARTRIDGE CASE(カートリッジケース)」とは、「薬莢(やっきょう)」を意味するもので、ブランド名の存在価値の比喩表現に由来してる。



カロリナ グレイサー バイ シェリール

2006年に、海外在住のデザイナーCarolina(カロリナ)を迎え入れ、MEGがトータルプロデュースを手掛けて提案する"cheryl"の新しいラインとして誕生したブランド。 クールな大人に憧れつつ、女の子らしさを忘れたくない人のために創り出されるアイテムは、多くの女性からの支持を得ている。



マギエラ

ニュージーランドにあるハンドメイドキャンドルショップにて修業後、立ち上げられたブランド。 照明具としてのキャンドルだけではなく、火を灯さずともインテリアの一部、装飾品としても十分 に楽しめるキャンドル作りを目指している。 ディティールにこだわられたキャンドルは女性を中心に多くの人から愛されている。



キャラス

2003年に誕生したブランド。 「SUPREME」や「STUSSY」などのプロダクトデザインを手掛けていたトーマス・フェニング氏と小林知明氏がデザインを手掛けていることで注目を集めている。



キャリー

2004年に立ち上げられたブランド。 アメリカンカジュアルをベースに、独自のデザイン感を取り入れたアイテムを展開中。



カクタス

「CACTUS(カクタス)」とは英語でサボテンを意味するもので、「暖かみ」という花言葉を持つ。 その言葉通り、アメリカの西海岸スタイルを基に、様々なディティールをデザインに取り入れてオリジナル感あふれるアイテムを提供している。



カバンドズッカ

デザイナー小野塚 秋良氏による「ZUCCa」のライン。 セイコーウオッチ株式会社とのコラボレーションにより「カバン ド ズッカ」ウオッチシリーズを発表したことによって話題を集め、人気に火がついた。



バートン

「BURTON(バートン)」は世界初のスノーボードブランド。 機能性とファッション性を兼ね備えたアイテムは、スノーボーダーだけでなく世界中の人から愛されている。



バグスアンドガーデナー

2005年に設立したブランドであり、小林美紀がデザイナーを務めている。 自身が子育てをする中で、オーガニック感とデザイン性を兼ね備えた衣服が手に入らないことをきっかけに、商品の提案を始めるようになった。



ブディスト パンク

2001年にスタートしたブランド。 「BUDDHIST PUNK(ブディストパンク)」のTシャツがローリングストーンズのミックジャガーの目に止まり、現在でもステージ衣装を担当するなど、多くの人からの支持を得ているブランドである。



ブラザーフッド

1999年に設立されたストリート系ブランドで、杉山力也氏がデザイナーを務める。 スケートスタイルを取り入れた、新しいデザインが話題を集めている。



ブリングオンザノイズ

2007年にスタートしたメンズブランド。 ブランド名である「BRING ON」(病気を起こす、舞台に上げる)、「THE NOISE」(雑音、快音)は、洋服をNOIZEにたとえて自分たちが考える価値観の提供をコンセプトとしている。



ブライトン

2002年からスタートしたブランド。 ブランド名である「BRAITONE(ブライトン)」とは、「BE」、「RATE」、「ONE」かな成る造語で「一つのスタイルの存在の意味」という思いが込められている。



ビーピーアールビームス

既成概念に捕らわれずに世界中から集めた多種多様のアイテムを展開する「bpr BEAMS(ビーピーアールビームス )」。 2000年に「BEAMS(ビームス)」から生まれた、新しいライン。



ボタニカ/タイシ ノブクニ

「植物のエネルギーを持った衣服の創造」、「感情や知性ある生き物を殺さず、土壌などの環境に害のない方法で植物の生命力を最大限に活かすこと」をブランドコンセプトに掲げ、一切のファーを使用しないことをポリシーとしている。 オーガニックコットンや天然染色によって創り出される優しいアイテムが多くの人から支持されている。



ブートレグブース

1994年からスタートしたブランド。 シンプルでありながらディティールにこだわられたアイテムを展開している。



ボンジュールレコーズ

「bonjour records(ボンジュールレコズ)」は、音楽を中心としたセレクトショップ。



ブロッサムデイズ

「赤ちゃんができても、かっこよくおしゃれしていたい」という女性のニーズに合わせ、トレンドと機能性を兼ね備えたウエアや小物を提案し続ける「BLOSSOM DAYS(ブロッサムデイズ)」。



ブロンディー

オーナー兼デザイナー山田あゆみ氏が、バイヤー兼スタイリストを経て2000年8月11日に渋谷店をOPENしたことから始まる。 女性らしいデザインや色合いが多くの女性から支持されている。



ブランク

2004年にスタートしたブランド。 第5回SICF出展作品「TEA BAG BAG」で浅井賞を受賞するなどの経歴をもつ。 2006年にはイタリアのファッションブランド「MARIOS」とのコラボレーションライン「BLANK+MARIOS」や、小物ライン「blankblankblank」を展開するなどして、話題を集めている。



ブラックカード

2007年の夏に立ち上げられたブランド。 トレンドを取り入れたストリートファッションを展開している。



ビジュー アール・アイ

2006年に立ち上げられたジュエリーブランド。 イエロゴールド、ホワイトゴールド、ダイヤモンド、ルビー、サファイヤ、エメラルドなどでひとつひとつ丁寧につくられたLuxuryなJewely ラインとbijou R.Iだけのオリジナルパーツなどを仕様したAccessoryラインを展開している。



ビアンカズ クローゼット

2000年に山崎 嘉子、南 リカによって立ち上げられたブランド。 遊び心のあるデザインとポップな色使いで作られたクオリティの高いアイテムが女性から注目を集めている。



ベニコ トイ

見ているだけでもわくわくするような、かつシュールさを備えた小物たちが注目を集めている。 ファッションの一部、というよりはポイントとなるほどに存在感を放つアイテムを次々に展開している。



ベンシャーマン

1963年イギリスのブライトンでシャツ工場がスタートしたことから始まったブランド。 その後60年代のシャツの代名詞となるまでに発展した。 メンズ、レディースのアイテムを次々に発信し続け、現在でもなお人気の高いブランドとなっている。



ベットサイドドラマ

2006年に立ち上げられたブランド。 独創的で、素材感や質感にこだわってデザインされたアイテムたちが注目を集めている。



ビームスプラス

「BEAMS PLUS(ビームスプラス)」は、「アメリカがもっとも良かった頃のスタイル」を提案するためにスタートしたビームスのメンズライン。 「永年着られる飽きのこない本物の男服」をコンセプトとしている。



ビームスライツ

2007年にスタートしたビームスの新しいライン。 シンプルなデザインに、素材やクオリティー、ディテールへのこだわりを加え、遊び心も忘れないアイテムを展開している。 清潔感、上品さを兼ね備えつつ大人の色気を表現したメンズ、レディースアイテムを作り出している。



ビームスボーイ

「"BASIC & EXCITING"」をコンセプトとしたレディースライン。 メンズアイテムをサイズダウンしたオリジナルレーベルとインポートブランドを展開している。



ベースコントロール

メンズ、レディース共に、アンダーウェアや雑貨などのアイテムも豊富に展開しており、低価格に感度を持ち込んだ商品開発を行っているブランドである。 また、Tシャツなどのカットソーやアンダーウェアは日本製中心であり、品質にこだわったもの作りを行っている。



バナーバレット

2002年に立ち上げられ、モデルやスタイリストから好んでファッションアイテムとして取り入れたことから、人気が広がった。 いつまでも遊び心を失わない大人の女性の服、というブランドコンセプトを掲げており、多くの女性から注目を集めている。



バロー

「上質」、「懐かしさ」、「ぬくもり」、「やさしさ」、この4つのキーワードをもとにアイテムを展開する雑貨ブランド。 財布やカバンに定評があり、使いこめば使い込むほどに味が出る、そんなアイテムが注目を集めている。



バルコニー アンド ベッド

「リラックス感」をテーマに、ナチュラルでワイルドな、ガーデナーをイメージして作り出されるアイテムたちは、女性から高く評価されている。 ナチュラルな素材感やデザインが特徴。



バックチャンネル

1999年に創立されたブランド。 当初はトランクスブランドとして立ち上げられたが、現在ではトランクスだけではなく、トップス、ボトムス、小物など多くのアイテムを展開している。



ベイビー・ジェーン・キャシャレル

「Baby Jane Cacharel(ベイビージェーンキャシャレル)」とは、「CACHARE(キャシャレル)」のセカンドラインとして、2005年からスタートしたブランド。 キャシャレルの若い世代のためのブランドであり、カラフルな色使いなどが特徴のフェミニンブランドとしても知られている。



ビーブイディー

1876年に、ブラッドレー(Bradley)、ブーヒーズ(Voorhees)、デイ(Day)の三人によって、婦人肌着の製造工場を立ち上げたことからブランドが始まる。 ブランド名は三人それぞれの頭文字をとって「B.V.D」とされた。



アトウ

1993年に松本与によって立ち上げられたメンズブランド。 2000年にはパリで展示会もスタートさせるなど、本格的な海外進出も行っている。 立体的なフォルムを重視したデザインや上品なテーラードが注目を集めている。



アトモス

「スニーカーから派生するウエア作り」をブランドコンセプトに掲げており、トータルでアイテムを展開し続けるブランド。 様々なブランドとのコラボレーションが話題を集めている。



アズビーナス

ディレクター角田氏、ビジュアルディレクター城氏の2人で立ち上げられたブランド。 ハイクオリティーなディテールや細身のシルエットのデザインを特徴としており、「お互いがその時その場面で着たい」というブランドコンセプトを掲げている。



アーティーズ

「artyz(アーティーズ)」の由来は芸術家きどりが語源となっている。 ブランドコンセプトに「UNAUTHENTIC」「UNTRADITIONAL」「FATIGUE DRESS」を掲げている。



アルティネロ

アメリカンカジュアルを基にアイテムを展開するブランド。 シンプルでありながらも、ハイセンスがうかがえるアイテムが話題を集めている。



アームスセレクト

独自のセレクト商品を紹介するカテゴリー。



アーキ

似鳥由香によって立ち上げられたブランド。 素材との出会いは旅先である、テーマを持たない変わりに素材と出会うための旅をするという独自の発想と、地球を感じる素材感を大切にしたアイテムが注目を集めている。



エイプリルセブンティセブン

2002年にブリース・パルトゥーシュによって立ち上げられたブランド。 ブランド名の「Apr-77(エイプリルセブンティセブン)」は自身の誕生日である1977年4月(April)に由来している。 ロックバンドに参加しているほど音楽との関わりを持つデザイナーでもあり、ブランドアイテムもロックの色合いが強く現れている。



アップルバム

メンズブランドの「APPLEBUM(アップルバム)が展開するそのアイテムたちは、ほとんどが生産技術の高い日本で作られており、クオリティの高い商品を提供している。 若い男性を中心に注目を集めているブランドの一つである。



エーオーアール

2000年に設立されたブランド。 吉村氏とDJでもある玉虫の2人によるデザインユニット。 現在は都内、全国のセレクトショップやウェブショップ、オフィシャルサイト上のオンリーショップでアイテムを展開している。



アナザーヘブン

日本人アーティスト‘KOMY’によって設立されたブランド。 スカルをメインアイコンとしアイテムを展開しているが、その他にもHTCとのコラボやKOMY氏自らが描いたハンドグラフィックアートなど、こだわりのあるアイテムが注目を集めている。



アンハーゲン

デンマークで生まれたブランド。 シンプルでも、個性的にでも、それらを着る人の個性で様々な着こなしが可能なアイテムが注目を集めている。



アノーカ

2004年にスタートしたブランド。 自分たちが良いと思ったものを作り出しているというアイテムたちは、斬新で遊び心のあるものやシンプルなものなどそのデザインが評価を得ている。



アナック

「annak(アナック)」は三竹産業が2000年に『鉋(かんな)』を創立後、2004年に「かんな」のローマ字読みを逆から読んで『annak』というブランド名に変更したことからスタートしたブランド。



アンディウォーホル

情報はありません。



アンドサンズ

2003年に創立された「ANDSUNS(アンドサンズ)」。 自分達の来た衣服を」というコンセプトを掲げ、カジュアルでどこか大人らしさのあるアイテムを展開している。 男性を中心に人気のあるブランドの一つとなっている。



アンプジャパン

2000年にスタートしたアクセサリーブランド。 アクセサリーというアンユージュアルなものを通して本当に必要なもの、本当に大切なこと、"持続的価値" を造形することをコンセプトに掲げる「amp japan(アンプジャパン)。 伝統的手法を大切にしながらも、斬新なデザインのアイテムが注目を集めている。



アマダナ

その空間にひとつ、それが置かれていることで、家具ひとつ、カーテンひとつ、照明ひとつ、食器ひとつまで、ふと意識し直したくなる、10年、15年、ながいこと愛でていける美しいカデンを、私たちはつくりたい、というブランドコンセプトを掲げる「amadana」。



アリーアンドダイア

「山嵐」のバンドメンバーである武史プロデュースによるブランド。 新たなカルチャーを日本から世界に向けて発信するために様々なストリートアイテムを展開し、男性を中心に注目を集めているブランドの一つである。



アレキサンダーリーチャン

「AlexanderLeeChang(アレキサンダーリーチャン)」は2004年に自身の名を冠して立ち上げられたブランド。 「1つのイメージで人を縛ることはしたくない」とブランドテーマやシーズンテーマを敢えて掲げず、様々な気分やシチュエーションで変化するイメージを楽しめるよう、自由で自然体なデザインを提案している。



エイケイエム

2006年に創業されたブランド。 ボディラインを美しく強調するフィッティングと独自のカッティングで現代にとらわれないモノづくりをコンセプトとしている。



アゴスト キッズ

AGOSTOのキッズライン。 個性的で遊び心のあるほかの子供服とは類似しない商品を展開すしている。



アドミラル

1914年イギリス海軍(NAVY)の制服のブランドとしてスタートしたブランド。 ロゴモチーフは、「Admiral=海軍提督」の袖章を表している。 その後、革新的なスポーツブランドとして発展していき、1970年代にはサッカーブランドとして、マンチェスターユナイテッド等、英国のメジャーナショナルクラブやイングランド代表のオフィシャルスポンサーとして契約している。



アブストライズ

2002年前身ブランド「ALMIGHTY」から「ABSTRISE」に改名したことから始まる。 中目黒のヘッドショップALMIGHTYを拠点とし、ベーシックなデザインを展開。



アヌン

2003年10月 ブランド設立。 ファクトリーは拠点の福岡にかまえ、東京を中心に全国セレクトSHOPへの卸をスタート。 長い時間をかけて自分のものにしていって欲しいというブランドコンセプトを基に、アイテムを展開している。



エィス

佐々木一視がデザイナーを務めるファッションブランド。 1999年に「エィス」のメンズラインがスタートし、2002年レディースラインがスタートした。 大量生産では出来ない、手仕事の感覚やぬくもりを大切しているブランドである。



エイト

2004年に設立されたブランド。 シンプルだがトレンドも組み込まれたアイテムたちは、上品でどこか遊び心のあるものになっている。



ハイエルディーケー

グラフィックデザイナーとして活動していたメンバーを中心に2003年春シーズンから東京でスタートしたブランド「81LDK(ハイエルディーケー)」。 こだわりを持ったオリジナルアイテムが男性を中心に注目を集めている。



ゴーマルイチ

今や誰もが知るジーンズブランド。 ジーンズの定番として、古くからのスタイルを大切にしながらもトレンドに合った商品を提供し続けている。 性別や年齢を問わず、多くの人から高く評価されるブランド。



ファイブ&テンカルテル

ストリート系ブランドである「5&10CARTEL」。 そこから発信されるモードなスタイルが若い男性を中心に注目を集めている。



フォーサーティ

「430(フォーサーテ)」とは、BMXライダーの田中光太郎、伊東高志、岡村旭が中心となって手がけるストリート系ファッションブランドで、1996年夏に、BMXライダーでもある現デザイナーのhiroshi氏が1枚のTシャツをデザインしたのがスタートのきっかけとなっている。



ツー ケイ バイ ギンガム

2K by Ginghamのディレクター、河崎政芳(かわさき・まさよし)氏は、このプロジェクト開始から年間3分の1以上、欧米各地を旅し、数多くのアーティスト/デザイナーとその仲間たちと出会ってきた。



プラスエイトパリスロック

2003年2月パリのショールーム設立に伴い、世界各国LA、ロンドン・セルフリッヂにて取り扱いを開始する。



リサーチ

GENERAL RESEARCHとしての13年間の活動を終了し、総合研究からさらにフォーカスした専門的リサーチへ。研究対象が変わるたびにタイトルも変化し、決まったブランド名を持たないプロジェクト。



ダブリュー

「- W. -」は女性の中に秘めた強さや、アグレッシブなものの反面、女性ならいつまでも愛らしくいたいと思う気持ちに訴えていくアイテムを提供するブランド。



ベイプランド

「BAPE LAND(ベイプランド)とは、国内外で人気の「A BATHING APE(ア ベイシング エイプ)」のオフィシャルオンラインモールパーク。 ここでは、「A BATHING APE」が展開するメンズ、レディース、キッズアイテムなど、全取扱商品の販売を中心に、様々なアイテムの提供を行っている。



アルカリ

「alcali(アルカリ)」の展開するアイテムは、シンプルで、素材へのこだわりが強く、女性らしい可愛さを備えたデザインが中心となっており、多くの女性から注目を集めているブランドの一つとなっている。



こどまーく

北欧らしいデザインが散りばめられたアイテムや、北欧の独特の色使いがとても美しいと注目を集めている。



エイチエルエヌエー

「H.L.N.A(エイチエルエヌエー)」とは、俳優やプロサーファーとしてだけでなく様々なジャンルで活躍する中村竜氏が設立したブランド。 各ジャンルのアクションスポーツを総合的に、オンタイムレベルでの情報を発信している。 男性から注目を集めているブランドの一つである。



フリーズショップ

「FREE'S SHOP(フリーズショップ)」は、ライフスタイルの創造をコンセプトの基本とし、ワールドワイドにスタイルを提案するブランド。 女性を中心に高い支持を得ているブランドの一つである。



トゥーアンドコー

TO&COは、パリ在住の濱田比止志と数年来仕事をしてきたイタリア人生産スタッフ・工場とのコラボレーションに、イギリスで靴作りを学んで帰国した若林正由が加わって1999年にメンズ・シューズブランドとして立ち上げたブランド。



イーエム

ありそでなさそなものづくり”“みんながよろこぶものづくり”をコンセプトに、個性的で遊び心のあるアイテムを展開している、アクセサリーブランド。 シンプルなデザインのものから遊び心満載のデザインのものまで、その豊富に取り揃えられたアクセサリーたちが、女性を中心に高く評価されている。



アズールバイマウジー

「AZUL by moussy(アズールバイマウジー)」は、ジーンズスタイルを得意とするブランドである。 ほかにも様々なアイテムを展開しており、高級感や品質、デザインなどこだわりのあるデザインが、若い女性を中心に人気の高いブランドとなっている。



シェルター

「SHEL'TTER(シェルター)」は「IMPORTがMIXされた洋服いっぱいのクローゼット」をコンセプトに、自分らしく、他人とは差がつくようなMIXスタイルを提案するセレクトショップ。 遊び心のある女性のスタイルを追求した自身のオリジナルアイテムも取り揃えている。



ポール・スミスジーンズ

「Paul Smith JEANS(ポールシミスジーンズ)」とは、ポール・スミスが展開するカジュアルライン。 ジーンズだけにとらわれず、カジュアルでありながらどこか品のあるアイテムは、男性からたくさんの支持を得ている。



ナンバーヨンジューヨン

「n゜44(ナンバーヨンジューヨン)は「創造という、未来への挑戦。より高く進化を続け、常に時代の開拓者であり続けたい」という願いを持つブランドで、ブランドやジャンルにとらわれないミックススタイルを提案する。



ラブアンドピースアンドマネー

「60's kids IN TOKYO」をテーマに時代の要素を取り入れながら「高感度」「都市感覚」にとことんこだわりをもつ「LOVE&PEACE&MONEY(ラブアンドピースアンドマネー)。



シップス キッズ

アメリカンカジュアルをベースに時代性に適合したスタイリッシュスタンダードなシップススタイルを提案する「SHIPS KIDS(シップスキッズ)」。 インポートアイテムだけではなく、オリジナルアイテムも幅広く展開している。



ローリー ロドキン

元々、ハリウッド俳優のマネージャーやインテリアデザイナーとして活躍していたローリー ロドキンが、自身の名を冠して立ち上げたブランド。 有名なハリウッドセレブなどを顧客にもつ彼女のジュエリーは、世代や性別を問わず、多くの人から支持を得ている。



ザ・ダファー・オブ・セントジョージ

1960年代の英国コミック誌“Boy's Own”に掲載されていた The Duffer of ST.George.という物語が、「The DUFFER of St.GEORGE(ザ・ダファー・オブ・セント・ジョージ)」というブランド名に由来している。 パブリックスクールのいたずらっ子達が織りなす物語からインスピレーションを受け、上品さの中にもひねりや遊びのあるスタイルがブランドイメージの特徴。



アダム エ ロペ

世界各国からセレクトされたインポートブランドとトレンドをほどよく取り入れ、強い個性を持ったオリジナルアイテムを展開するブランド。 様々なシーンで楽しめるアイテムを多く取り揃えており、注目を集めているブランドの一つである。



スタイルス

adidas ORIGINALSを中心にデッドストックやインポートモデル、クローズアウト(生産終了モデル)を現行モデルと同時に並べ、adidasの新しい世界観を提案するブランド。



エクストララージ

ワーク、ヒップホップ、スケートボードの要素を取り入れたストリートウェアを展開し続ける「XLARGE(エクストララージ)」。ブランドのアイコンであるゴリラマーク「O.G.」が有名。 遊び心のある実用的なデザインが男性から高く評価されている。



ナンバージュウイチ

純粋さと可憐さを持ち続けた愛される女性になってほしい、と商品を展開するブランド。 その独特な世界観と女性らしいデザインが注目を集めている。



マリメッコ

独特の色使いが特徴の「marimekko(マリメッコ)」。 マリメッコのオリジナルなデザインと洋服のラインに一番影響を与えたデザイナーは ヴォッコ・ヌルメスニエミ (Vuokko Nurmesniemi)とされており、マリメッコがアート・ファッションカルチャーの一つとしてその名を知らしめることに貢献している。



ケイビーエフ

最もファッションに敏感な18歳から22歳の女性をターゲットとし、トレンドをつかんだシンプルなデザインが女性に人気のブランド。



フィフティーファイブディーエスエル

55DSLは「PREMIUM STREET WEAR」をコンセプトに掲げるブランド。 ファッションに敏感な人々を対象に、アーバンカルチャー、アクティブなライフスタイル、コンテンポラリーなトレンドを常に追い求めたコレクションを提案している。



ジュエルチェンジズ

「宝石、大切なものや人」という意味を持つ「Jewel」。 その名の通り、全ての女性たちがどこにいても輝く存在になれるようにとの想いが込められている。



アバハウス ドゥヴィネット

シンプルでありながらトレンドを押さえたデザインを展開するアバハウス ドゥヴィネット。 洗練されたアイテムたちは女性から高い支持を得ている。



リーバイスストア

リーバイ・ストラウスジャパンの直営店舗。 リーバイスストアでは、メンズやレディースなど、ほぼ全てのリーバイスアイテムを提供している。 メーカー直営ならではの質の高い情報発信を行うことで、注目を集めている。



グレース

「GRACE(グレース)」は優美さ、品位を語源としており、洗練された男の「強さ」と「色気」を引き出す大人の着こなしを提案するセレクトショップ。



ラフ バイ ラフ シモンズ

強くてクリアな色を用い、コットンを多用した全体像はフレッシュそして明瞭であり、クラシックなシェイプとグラフィカルなラインとを見事にバランスさせている。



キルケ

年齢に関係なく遊び心を忘れない、トレンドに左右されない自由な女の子、そんな人の個性や感性を引き出せるちょっぴり刺激的なテイストを持ったショップ。 決して流行から外れていない個性的なアイテムが揃っている。



ライオンハート

「LION HEAT(ライオンハート)」は「強さ」と「美しさ」を兼ね備えた、メンズ、レディースのカテゴリーにとらわれないアクセサリーブランド。 男性・女性を問わず注目を集めているブランドの一つです。



アール・ニューボルド

「R.NEWBOLD(アール・ニューボールド)」はポール・スミスがディレクションするカジュアルブランド。 遊び心のあるデザインでありながら、品性のよさを兼ね備えるアイテムは、男性から高い支持を得ている。



アクアガール

「流行に左右されない女性らしいモードの提案」をコンセプトとするブランド。 年代に関係なく、女性から高い支持を得ている。



フィール

「FIEIL(フィール)」とは、ジャンルを越えて本当に良いものだけを提案するセレクトウォッチショップ。 単なる腕時計ではなく生涯を共に出来るような腕時計を見つけて欲しいとう願いを込めて、「a partner in life」という言葉をコンセプトに掲げています。



ジョーイ ヒステリック

喜びのJOY、楽しむのENJOYのジョーイから名づけられたブランド。JOEY JOEY HYSTERICは、ファッションやアートなどに高感度な両親を持つ子供たちへ向けたLABELで、父親的視点に立った服作りが特徴。



アンドエー

オリジナルウェアを中心に小物や雑貨などライフスタイルを楽しめるアート感覚に溢れたアイテムを展開し、注目を集めているブランドの一つとなっている。



リカーウーマンアンドティアーズ

いままでの日本のマーケットには存在しなかったファッションの新しい価値観を提案し、創造するブランド。 大人のHIP HOP、R&Bファッションが注目を集めている。



アルフレッド・バニスター

「alfredoBANNISTER(アルフレッド・バニスター)」とは、日本人の足型にあう木型作りにこだわった、デザイン性と機能性の両側面を追求するシューズブランド。 男性・女性を問わず高い支持を得ているブランドである。



オルタナティブヴァージョンダブルアール

“alternative version” WRとは、もう一つの「WR」。 可愛くてリーズナブルなだけではなく、ディテールにこだわったアイテムが多くの女性に支持されているブランドの一つである。



ルージュ・ヴィフ

1995年に創立されたブランド。 女性らしく、かつどこか強い芯を持ち合わせているアイテムを展開し、女性から注目を集めている。



ムチャチャ

「HAPPY CLOTHING WITH A HEART」をコンセプトに掲げるブランド。 時間と手間をかけ、HEARTのこもった懐かしさと新しさが共存する洋服を創り出し、女性から高い支持を得ている。



オプティチュード

「上質、真理、美とは何か」を追求するOptitude初のオリジナルレーベル。 鋭く澄んだ目で選び抜かれた、ミニマルとコンフォータブルのリアルな世界観が注目を集めている。



スピック アンド スパン

生活を楽しむ・おしゃれを楽しむ・こだわりを楽しむ、をキーワードに、自分流のスタイルを大切にする幅広い層の大人の女性へ様々なシーンを提案し、女性から支持を得ている。



ハレ

2003年の6月に代官山、南堀江の路面に2店舗同時OPEN。 その後、名古屋、原宿、京都など主要都市を中心に出店し、2009年3月時点で全国に33店舗を展開している。 トラッドスタイルをベースにRUDE(不良っぽさのある)テイストを加えた大人っぽさや落ち着きのあるスタイルを提案している。



ジーナシス

こだわりを持つ女性、自分のスタイルを持った女性にクオリティーの高い素材とシルエットで、飽きのこないアイテムを快い着心地で提案するブランド。 シンプルながらも独特の世界観をもつそれらの商品に、多くの女性から注目を集めている。



ローリーズファーム

"”LOWRY”という女の子が、シンプルだけどトレンドに流されない自分なりのスタイル・アイテムを彼女の部屋=”FARM”にコレクトし、その彼女の世界観を楽しむ、それこそが”LOWRYS FARM”。 つまり、普通の生活感覚をもった女性が、毎日の生活の場やリゾートで、飽きのこないベーシックアイテムと、流行のアイテムを清潔にコーディネートして楽しめる商品を展開する。



アーバンリサーチ

ワールドワイドな視野で街を探り、時代を見つめた新しいファッションだけでなく、流行に左右されない価値のあるものを提供するブランド。



アゴストショップ

“服”それ自体が重要。 どこの国で作られたのか、ブランドであるかどうかは問題ではなく、作る人、着る人の中身の方が重要であると考え、商品を展開するブランド。



ベースステーション

様々なファッションのベース(定番、基本)となるアイテムを提供するブランド。 コーディネートの補完的要素の印象が強い商品を、メインとして展開する。



アールエヌエー メディア

使いなじんだようなテイストを基本に、リアルなトレンドを混ぜ合わせてたテイストが特徴。 インパクトが強く、どこかボーイズライクであったりと、新しい女性像を思わせる商品も展開する。



シップス フォー ウィメン

”STYLISH STANDARD"をテーマにアメリカ・ヨーロッパをはじめ国内外のさまざまなアイテムを時代の旬なスパイスにスタンダードなベーシックアイテムを展開している。 大人の女性を中心に人気のあるブランドとなっている。



フラージュ

スタイルを彩るワンポイントとなるCAMOUFLAGE(カモフラージュ)を語源とし、“カジュアル(CA)、モード(MO) 問わず、あなた(U)のスタイルに取り入れる”がコンセプトのシューズセレクトショップ。“



ダブルジェーケー

「wjk(ダブルジェーケー)」というブランド名の由来は、「名前による固定概念で判断されたくない」ということから、会社創設の際に好きなアルファベットを並べて作られたもの。 ”現物”で見て感じて欲しいという思いが込められている。



グリーンレーベル

グリーンレーベルリラクシング(GLR)とは、ユナイテッドアローズから生まれた洋服と雑貨のショップ。 メンズ、ウィメンズのドレス、スポーツカジュアル、アクセサリーや小物、さらにキッズやマタニティウェアなど、様々な商品を幅広く展開している。



ビームス ティー

“ART FOR EVERYDAY”をテーマにスタートしたブランド。 有名無名を問わず、多種多様なアーティスト達のTシャツを販売しており、男性女性を問わず注目を集めている。



リュイル

"自分の世界を創っていく大人の女の子"をコンセプトとして、様々なアイテムを展開する「LuiiRe(リュイル)」。 個性的でありながら、女の子らしいデザインが女性から多くの支持を得ている。



トーチ

女性らしさ、自分らしさを大切にする大人の女性へ、ラグジュアリー・デザイン性・リラックス がキーワードのアイテムを幅広く展開するブランド。



グレープヴァインバイケイスリー

流行やネームバリューに流されない独自のセレクトと、個性を生かしたミックスコーディネイトを提案し続けるブランド。 独自の観点からセレクトされた商品は、男性女性を問わず注目を集めている。



ビームスウィメン

独自のセレクトと柔軟性のある感性で様々な商品を取り入れ展開するビームスの女性向けブランド。 様々な年代の女性から注目を集めている。



イエナ

自分の生き方にきちんとポリシーを持つ知的で都会的な女性達へ、ベーシックな中にもイエナのエッセンスが効いたファッションを中心に、 インテリア小物やアートまで生活アイテムをトータルに展開するブランド。



エディフィス

ヨーロピアンテイストとストリートカジュアルテイストを組み合わせたトラッドスタイルが特徴のEDIFICE。 また、昔からあるワーキングウェアやミリタリーアイテムを意識 した”ワーキングシック”や”ミリタリーシック”を提案し、コレクションを展開、注目を集めている。



ボンジュールレコード

「bonjour」という言葉はジャンル、国籍を問わず良いものをセレクトし、発信していくという意味が込められたもの。 音楽を中心としたセレクトショップで、若い世代を中心に注目を集めている。



シップスジェットブルー

“音を感じる服”をテーマにしたニュージェネレーションレーベルを中心に国内外の気鋭のアーティスト、デザイナーとクリエーションした様々なアイテムを展開



ビームス

ビームスは、独自のセレクトと柔軟性のある感性で様々な商品を取り入れ、展開するセレクトショップ。 年代を問わずに長く愛されているブランドである。



ロウゲージ

ストリートブランドからは異なる路線で、独自のスタイルを貫くブランドを集めたセレクトショップ。 大人っぽい雰囲気でありながら個性的なアイテムが注目を集めている。



エックスガール ステージス

1994年にSONIC YOUTHのキム・ゴードンとデイジー・ヴォン・ファースによって立ち上げられたブランドである「X-girl(エックス ガール)」から展開される、ベビーライン、キッズラインである。



カシラ

「帽子はエンターテイメント」をブランドコンセプトに、独特な世界観溢れるオリジナルと世界各国の帽子ブランドを展開しているブランド。 幅広い年齢層からの支持を得ており、注目を集めている。



フラボア

「大人げない大人の服」をコンセプトに、リラックスしたカジュアルスタイルを提案するコレクションブランド。



エリミネイター

イギリスのトラディショナルスタイルを基本とし、旬のハイストリートカジュアルブランドをリミックスした独自のセレクトが人気のセレクトショップ。



ドレスキャンプ

デザイナーは岩谷俊和氏。2003年SS東京コレクションでデビューして以来高く評価されており、2004年に毎日ファッション大賞新人賞、モエ・ド・シャンドン新人デザイナー賞をダブル受賞するなど注目を浴び続けている。



アメリカンラグシー

1998年に創立したセレクトショップ。 「ライフスタイルから生まれる、今の気分を大切にしたセレクション」をコンセプトにしており、注目を集めている。



デュープ

DUPEというフィルターを通し独自性の強いセレクトを心がけ新しいブランドを発信、育て上げていくこと、どこか遊び心がある他とひと味違うテイストをピックアップしているセレクトショップ。



ダブルアール

「WR」とは、他人や自分をカテゴライズせず、自分達の感じたままにあらゆるモノをチョイスできることから、多くの女性に支持されているセレクトショップである。



オデット エ オディール

ユナイテッドアローズがプロデュースするウイメンズシューズのセレクトショップ。 「こだわりのデザインと素材への追求」「洋服を選ぶ感覚で靴を選んで欲しい」という気持ちから生まれたブランド。



カーライフ

カーライフは大人の女性のために、リラックス感溢れるナチュラルなライフスタイルを提案するコンセプトショップ。 オリジナルブランドのウエアやファッション雑貨が注目を集めている。



メディコムトイ

1996年に設立されたブランドで、キャラクターフィギュアなどの企画・製造・販売している。 幅広い種類の商品を展開し、年代を問わず人気のあるブランドとして知られている。



エックスガール

1994年にSONIC YOUTHのキム・ゴードンとデイジー・ヴォン・ファースによって立ち上げられたブランド。 音楽、カルチャー、スポーツなどのストリートシーンから様々な要素を取り込んで、リアルな女の子のスタイルを提案している。



ランプ

原宿にある実店舗「LUMP」のインターネットショップ。 人気ブランド「whiz」「A.W.A」を取り扱っており、こだわり抜いたデザインが若者達の心を掴んで放さない。



ジーディーシー

ディレクターである熊谷隆志氏によって1998年に「GROND CANYON」が立ち上げられ、2001年にブランド名が「GDC」に統一された。 ブランドターゲットは10代後半から30代前半と幅広い年齢層を対象としており、様々なテーマに挑戦しながら展開を広げるブランドである。



吉田カバン

「一針入魂」を社是とし、使うほどに馴染み、永く愛用いただけるカバン作りを目指しているブランド。



時しらず

時しらずは、ストリートとハイファッションという、ファッションの二極化に疑問を投げかけ、この2つのファッションテイストを融合した独自のテイスト、”ハイ・ストリート”をマーケットに向けて提案するブランド。



ファッジ

モデルやスタイリストなどファッションリーダーを顧客に持つ、人気ブランドをセレクトしたレディースセレクトショップ。



ライカ

ストリートシーンを始めとする各シーンを代表するブランドをセレクトしたショップLIGHCA。 エクストリームやスケート、パンク、ロック、アメリカンカジュアルなどジャンルレスな商品展開が魅力のニュースタイルのショップとなっている。



ヒバ

洋服だけではなく、家具、家電などの幅広い商品を取り扱うZOZOTOWN初のライフスタイルを提案するショップ。



シンク

型を持つ事の無い、唯一無二のコンセプトショップ。その商品セレクトは、洋服としての本質のみ追求することにとどまらず、常にユーザーの視点から捉えた厳選したアイテムのみ展開している。



キューヴ

「Own Dress to have on Truly(自分の本当に着たい服)」をメインテーマとして掲げ、他人や時代に左右されないイイ意味でわがままな芯のあるショップ。



デデュー

「in the middle of NOWHERE 」「出所がわからない、何処にも属さない」をショップコンセプトとし、それにあてはまる本物のブランドをセレクトしている。



フーカ

トレンドスタイルのまったくの真似ではなく、自分自身の個性や感覚を服で表現したいという人に向けたセレクトショップ。



ストレス

音楽、X-SPORTS、グラフィティアート、・・・etcライフスタイルと密接に絡み合うサブカルチャー的な要素をバックボーンとしている個性豊かなインポートブランドが揃います。



キュニー

『大人が着るかわいい服、カジュアルな服』をテーマとする、女性のためのショップ。



ザイゴード

HipHopなどのブラックカルチャーや音楽を背景としたブランドを中心に取扱い、常に新しい流れを察知したアイテムセレクト、ブランドセレクトを心がけているブランド。



イープローズ

「良いモノは良い!」をコンセプトに、インターネットという双方向性や利便性をフルに活用し現在まで運営を続けてきた、インターネットアパレルショップの先駆者的ショップ。



シェル

1995年に山崎嘉子と南リカによって設立されたブランド。 ブランドの「cher(シェル)」という言葉は、フランス語の「愛しいもの・大切なもの」という意味からきており、またデニムや空・海お色である「ciel」という発音にもひっかけている。



ナノユニバース

ナノユニバースとは、1999年に渋谷に誕生したメンズ向けのセレクトショップである。 現在はメンズだけでなく、レディースラインも展開している。



アルフレッド・バニスター

「アルフレッド・バニスター」はアバハウスインターナショナルが展開するシューズブランドである。 革を使ったものが多く、個性的なデザインが特徴とされている。



アルフレッド・サージェント

1899年にアルフレッド・サージェント(Alfred Sargent)がイギリスのノーサンプトンに設立した靴ブランド。 グッドイヤー・ウェルト製法が採用され、伝統的な技術とクラフトマンシップにより、200以上の工程を経て作られる靴は高い品質を誇り、特性上、耐久性に優れている。



エーグル

1853年にフランスのロワール地方モンタルジにラバー工場を設立したことによって始まったブランド。 現在は機能的、実用的でありながらスタイルの美しさも重要としている、総合アウトドアブランドとして幅広く商品を展開している。



アゴスト

1993年に設立された、ヨーロッパ国内ブランドとオリジナルブランドを扱うセレクトブランドである。



エージー

「ANTI GOOD」が1996年に辻輝彦氏と中西堂氏のダブルクリエイティブ・ディレクター、ダブルデザイナーで立ち上げられた。 そして、その翌年の1997年、ブランド名を「AG (エージー)」と改める。



ローズブリット

ローズブリットは、2005年に樫山純三によって設立されたオンワード樫山がプロデュースしているファッションブランド。



アナザーエディション

セレクトショップのUNITED ARROWS(ユナイテッドアローズ)によって2001年に設立されたセレクトショップ。



ユナイテッド アローズ

ビームスを立ち上げた重松埋によって設立されたファッションブランド。現在は代表取締役を務めており、男女を問わずファッション性の高い層に幅広く支持されている。



コムサデモード

「株式会社ファイブフォックス」によって運営されているファッションブランド。株式会社ファイブフォックスにとって、基幹ブランドとなっており、その特徴は、単品の個性を主張するのではなく、トータル・コーディネート(調和)を重視し、黒髪の日本人に合うアイテムを展開しています。



アメリカンアパレル

「アメリカンアパレル」とはアメリカのベーシックなカジュアルファッションブランドである。アイテムのデザインから、布地の裁断、縫製、広告、マーケティングまで、全ての生産過程をひとつの建物内で行っている。たくさんの商品と、豊富なカラー展開によってアメリカ国内だけでなく海外にまで進出を遂げる大企業へと成長した。



アバハウス

1978年に創業された、「株式会社アバハウスインターナショナル」が運営を行うファッションブランドである。1978年に「アバハウス」、1986年には「(株)アバハウスインターナショナル」を設立しその後、次々にラインを展開する。



アバクロンビーアンドフィッチ

1892年にデイビット・アバクロンビーによって設立されたブランド。メンズ・レディース商品を取り扱う。設立当初は、アウトドア商品を取り扱う「ABERCROMBIE&Co.」としての創業だったが、1900年にエズラ・フィッチをパートナーに迎え、1904年に「アバクロンビーアンドフィッチ(ABERCROMBIE&FITCH)」へと社名変更した。



クロエ

ギャビー・アギヨンによって、1952年に設立されたブランド。ブランド名である「クロエ」は、バレエ音楽「ダフニスとクロエ」に由来しており、クロエの美しい踊りからインスピレーションを受けたといわれている。



ジャーナルスタンダード

渋谷に拠点を構える「株式会社ベイクルーズ」によって設立されたセレクトショップで、自社のオリジナル商品とセレクト商品を合わせて販売している。



シップス

1975年に設立されたセレクトショップ。当初は「三浦商店」として設立されたが、その後、渋谷に「ミウラ&サンズ」を開店させる。1977年に「シップス(SHIPS)」としては初めての店舗を銀座に出した。



スワロフスキー

1895年に、ダニエル・スワロフスキーによって設立された、クリスタルガラスの製造会社である。クリスタルのカットマシーンを発明し、それまで手作業で行われていたカッティングの技術に革命をもたらした。



リミ・フゥ

山本里美によって設立されたブランド。「ヨウジヤマモト」を経営する、山本耀司を父に持ち、文化服装学院を卒業した。その後、株式会社「ヨウジ・ヤマモト」傘下ブランドとして創業されたものである。



ツモリチサト

創始者である津森千里は1954年、埼玉県に生まれた。文化服装学院デザイン科ファッションデザイン科を卒業し、1977年に、イッセイミヤケが率いる「株式会社イッセイミヤケインターナショナル」に入社。「イッセイスポーツ」のデザイナーに就任する。その後、「イッセイスポーツ」から「IS.Chisato Tsumori Design」に変更し、チーフデザイナーとして活躍した。1990年、「津森千里デザインスタジオ」を設立。



コズミックワンダー

前田征紀によって立ち上げられた活動。ファッションだけでなく、ビデオや写真集などの美術面においても制作も行っており、様々な分野で才能を発揮している。



ア・ベイシング・エイプ

長尾智明(通称:NIGO )によって設立されたブランド。「A BATHING APE(ア・ベイシング・エイプ)」の名称は、正式には「A BATHING APE IN LUKEWATER」であり、「ぬるま湯につかった猿」という意味を表す。映画「猿の惑星」に強いインスピレーションを受けたといわれている。



エヴィス

山根英彦によって設立されたブランド。バックポケットの手書きのかもめマークが特徴となっている。また、ボタンには「エビス」と代表者の名前である「ヤマネ」が刻印されている。



アーカー

福王寺朱美によって設立されたジュエリーブランド。宝石商の家に生まれた福王寺は、ロサンゼルスにて宝石鑑定士の資格を取得し宝石科学研究所の鑑定部長を務める。その後、画家との結婚をきっかけに美術の世界へ関わりを持つ。1997年「アーカー」を設立。



リコ

2002年に望月唯が創業したブランド。セレクトショップのオリジナルブランドとして展開した。ブランド名はトロンボーン奏者の「リコ•ロドリゲス」に由来している。



カナダグース

1957年、カナダのトロントにて、メトロスポーツ社からのオリジナルブランドとしてカナダグースが創業した、ダウンウェアを中心に展開するブランドである。「モンクレール」や「デュベティカ」などに比べると実用的なものとなっている。耐久性、保湿性などに優れており、カナダの極寒の地で働く労働者にも愛用されている。



ヒステリックグラマー

創始者である北村信彦は1964年、東京に生まれた。東京モード学園を卒業後、オゾンコミュニティに入社し「ヒステリックグラマー」を立上げ、次々に国内に店舗を増やした。現在では海外にも進出しており、大企業への成長を遂げたといえる。



イランイラン

1999年、青柳龍之亮がによって設立されたブランドである。ブランド名である「イランイラン」は東南アジアに生息する黄色い花から抽出される香油のことで、「花々の中の花」の意味があることから、名づけられた。



パトリック・コックス

創始者であるパトリックコックスは1963年にカナダ生まれた。イギリスのコードウェイナーズカレッジに入学し、在学中にヴィヴィアン・ウエストウッドやジョン・ガリアーノとコラボレーションを行った。1986年自身のブランドであるシューズブランド「パトリックコックス」を発表。



トップショップ

1964年にイギリスの百貨店の服売り場の一つとして設立されたことが「トップショプ」の始まりである。1年後にはロンドンのオックスフォード・サーカスに店舗をオープンさせ、1974年にはアパレル小売業として独立した。もともとファッショナブルなブランドと言うイメージはなく、80年代、90年代前半とチープなイメージが先行するブランドだった。なお、メンズラインのトップマンは78年からスタートしている。



ジミーチュウ

創始者であるジミーチュウは1954年、マレーシアに生まれた。ロンドン芸術大学のファッション科に進学。進学資金に乏しく、掃除やレストランのバイトで生計をたてる生活を送っており、さらにイギリスで靴作りの腕を磨いていた。その腕をヴォーグ誌の編集者、タマラ・イヤーダイ・メロンのに見込まれ、てジミーチュウとタマラ・メロンが共同で「ジミーチュウ」を設立した。



ダックス

1984年シモン・シンプソンがロンドンに仕立屋を設立したことが「DAK0」Sの始まりである。1910年~30年代にかけて工場を拡大、高品質な紳士服の分野での地位を確立した。1933年、父の愛称であった「DAddy」とスラックス「slacKS」から成る「DAKS」が誕生した。



ヴェラ・ウォン

ヴェラ・ウォンによって設立されたブランドである。ヴェラ・ウォンはニューヨークに生まれた。23歳でファッション誌「ヴォーグ」に入社し、最年少のエディターとして約16年間キャリアを積み重ねた。その後、ラルフ・ローレンのアクセサリー部門のデザインディレクターとして活躍するが、1990年の自身の結婚を機にブライダルサロンを設立。



ヴェナ・カヴァ

リサ・メヨックとソフィ・ブハイによって設立されたブランドである。リサ・メヨックとソフィ・ブハイはともに1999年にニューヨークに渡り、パーソンズに入学する。卒業コレクションがきっかけでデザイン活動をともにし、2003年の卒業から間もなく「ヴェナ・カヴァ」のコレクション活動を発表した。



ヴィヴィアン・タム

創始者であるヴィヴィアン・タムは1957年、中国の広東省に生まれた。子供の頃からファッションに興味を持っており、香港理工学院を卒業後、デザインを学び、1982年にアメリカへと渡った。東洋の独特なデザインに西洋のデザインを取り入れたファッションを高級デパート「ヘンリー・ベンデル」のバイヤーが注目し、採用したことがきっかけで人気を得ていった。



ローガン

「ローガン」はローガン・グレゴリーによって設立されたブランドである。「ローガン」は、クラッシックにモダンを組み合わせることで両者を融合した服作りを展開し、着続ける事で変化する生地にこだわりを持っている。そのため長くはき続けることの可能なデニムなどが人気となっている。その他にも家具などを展開している。



ロダルテ

「ロダルテ」はローラとケイトのマレヴィ姉妹によって設立されたブランドである。カリフォルニア州に生まれた二人は、幼い頃からファッションデザイナーになる夢を共有しており、両者ともにカリフォルニア州立大学バークレー校に進学して、ケイトは美術史、ローラは文学を専攻した。2005年「ロダルテ」を設立。



レスポートサック

レスポートサック(LeSportsac)は1974年にアメリカのニューヨークで誕生したバッグブランドである。ニューヨークの小さな工場からスタートし、シンプルなダッフルバッグを生産、同年、ニューヨークのグリニッジ・ビレッジに初のショップをオープンさせる。



リズ・クレイボーン

創始者であるリズ・クレイボーンは1929年、ベルギーのブリュッセルに生まれた。いくつかのファッションブランドで経験を積んだ後、1976年に少人数の友人とともに「リズ・クレイボーン社」をスタートさせた。



ラフェニューヨーク

ラフェ ニューヨークのデザイナー、ラフェ・トテングコはフィリピン出身であり、ビジネスに成功する。ファッションデザインを学ぶため、ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)に入学。1994年、ブランド「ラフェニューヨーク」をスタートさせ、初のアクセサリーコレクションを発表し、定評を得る。その後、バッグのデザインを展開し、セレブに人気となった。



マーク・ジェイコブス

創始者であるマーク・ジェイコブスは1963年にアメリカのニューヨークに生まれた。1984年、パートナーであるロバート・ダフィとジェイコブス・ダフィ・デザイン社を設立。1986年には「マークジェイコブス」のブランドで初のコレクションを開催し、高い評価を得る。



マルケッサ

ジョルジーナ・チャップマンとカレン・クレイグによって設立されたブランドである。二人はロンドン芸術大学チェルシー・カレッジで出会い、その後、ジョルジーナ・チャップマンはブライトン大学芸術学部を卒業し、カレン・クレイグはウィンブルドン美術大学を卒業する。卒業後、カレンはフリーのプリントデザイナーとしてカルバン・クライン、ドルチェ&ガッバーナなどで働き、ジョルジーナは主に映画や演劇のための舞台衣装の製作に携わっていた。2004年にブランド「マルケッサ」をニューヨークにて設立し、その後セカンドラインの「Marchesa Notte」も設立。



マイケル・コース

創始者であるマイケル・コースは1959年アメリカのニューヨークに生まれる。 ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)卒業後、1981年に自身のブランドである「マイケル・コース」を設立する。



ボトキエ

創始者であるモニカ・ボトキエはニューヨークのブルックリンに生まれた。ボトキエ自身の求めるものを作ろうと決断したことからバッグを作り始め、機能的、実用的、スタイリッシュなデザイン性、ディテールへのこだわり、「日常で使用できる」をキーワードに「ボトキエ」のバッグ、「トリガー」が誕生した。



プロエンザスクーラー

ジャック・マッコローと、ラザロ・ヘルナンデスによって設立されたブランド。1999年、パーソンズ在学中に出会い、卒業制作でコラボレーションしたことがきっかけとなり共同でデザインを始め、2002年に、「プロエンザスクーラー」を設立。



ブルックスブラザーズ

「ブルックス ブラザーズ」は1818年に、ヘンリー・サンズ・ブルックスによって設立されたブランドである。当初のブランド名は「HSブルックス商会」だであったが、1850年に現在の「ブルックス・ブラザーズ」に改名された。創業者の孫であるジョン・ブルックスがポロ選手のシャツからインスピレーションを受けてボタンダウン・シャツを初めて商品化したと言われている。



ピーター・ソム

ピーター・ソムによって設立されたブランドである。ピーター・ソムはアメリカのサンフランシスコ出身。コネティカットカレッジで美術を学び、その後、パーソンズでファッションを学んだ。在学中からマイケル・コースやカルバン・クラインのアシスタントを務め、パーソンズ卒業後は、ビル・ブラスのデザインチームで経験んだ。2001年にニューヨークコレクションでデビューを果たす。



バーカーブラック

「バーカーブラック」は2005年にニューヨークに創業された靴ブランドである。デザイナーのミラー兄弟のカーク・ミラーは、バーカーブラックの創業前に、トム・ブラウンで働いていた、デリックミラーもまたラルフ・ローレンで働いた経験を持っている。



バンド・オブ・アウトサイダーズ

2004年に設立されたブランド、「バンド・オブ・アウトサイダーズ」のデザイナーであるスコット・スタンベルグはもともと映画業界でエージェントをしていた。



ハリー・ウィンストン

ハリー・ウィンストンによって設立されたブランドである。ハリー・ウィンストンは、アメリカのニューヨークに生まれる。宝石商の息子として生まれたためか、ハリーは幼少の頃から宝石の価値を見抜く力があった。15歳のときに一家はロサンゼルスに移住し、父親が経営する宝飾店で仕事を始めた。1920年に「プレミア・ダイヤモンド社」をニューヨークに設立。



ナルシソ・ロドリゲス

創始者であるナルシソ・ロドリゲスは1961年、アメリカのニュージャージー州に生まれた。「パーソンズ」で学ぶ中で当時アン・クラインの下で働いていたダナキャランのアシスタントとして「アン・クライン」で働き、その後カルバン・クラインでレディースウェアのデザインを担当する。1995年から「セイ(TSE」)でデザインディレクターを担当。96年、ケネディJr.のフィアンセである、キャロリン・ベッセット=ケネディ のためにウエディングドレスをデザインしたことで名が知られることになる。



トロヴァータ

ブランド名の「トロヴァータ(TROVATA」)とは、「to ride on vision: art, theory, amusement」のから由来する。ブランドを設立したのは、ヘッドデザイナーのジョン・ウィッドレッジ、ヘッドセールスマンのジェフ・ハルモス、アートディレクターのサム・シプリー、マーケティングディレクター&コピーライターのジョサイア・ランベルト・イーガンらの4人によって設立されたブランドである。



トム・ブラウン

創始者であるトム・ブラウンは1965年、アメリカのペンシルバニア州に生まれた。インディアナ州ノートルダム大学で経営学を学び、卒業後はロサンゼルスに移って俳優として活動をする。その後、ニューヨークに移ってラルフ・ローレンが展開するブランド、Club Monacoにてデザインを経験するなどキャリアを積み重ねる。そして2001年に自身のブランドである「トムブラウン」を設立。メンズウェアを展開し注目を集める。



トミー・ヒルフィガー

創始者であるトミー・ヒルフィガーは1951年、ニューヨーク郊外のエルミラに生まれた。1969年、ニューヨーク州北部で「ピープルズパレス」というショップをオープンしたが、7年後ヒルフィガーが25歳のときに倒産する。ヒルフィガーは人々のニーズに合った洋服が提案できていないと感じ、自らデザインすることを決意、独学でファッションを学んだ。そして1979年にはフリーのデザイナーとして活躍する。



デレク・ラム

デレク・ラムによって設立されたブランドである。テレク・ラムは1990年、パーソンズを卒業する。その後、「マイケル・コース」の元で12年間働き、「コース・バイ・マイケル・コース(KORS by Michael Kors)」のヘッド・デザイナーとして活躍し、1998年からは「コース・マイケル・コース(Kors Michael Kors)」の副社長に就任した。



ティム・ハミルトン

創始者であるティム・ハミルトンは、1971年にアメリカのアイオワ州に生まれた。パーソンズにてファッションを学び、在学中にはラルフローレンへでインターンシップを経験し、その後そのまま就職しキャリアを積み重ねた。2006年に自身のブランドである「ティム・ハミルトン」を設立し、メンズウェアのコレクションを発表した。



ダイアン・フォン・ファステンバーグ

ダイアン・フォン・ファステンバーグは、1947年にベルギー生まれた。スイスのジュネーブ大学で経済学を専攻し、1969年結婚後、アメリカに渡った。1970年、デザインを開始。そして1973年に幾何学模様をしたラップドレスを発表し、女性からの絶大な支持を得て社会現象をも巻き起こす。



セブンフォーオールマンカインド

2000年の秋にロサンゼルスを拠点に設立された女性のジーンズ・ブランドである。2002年からはメンズラインも展開し、2005年には子供向けのコレクションを開始。現在は、カナダやヨーロッパ、日本を始め世界役80カ国で展開するデニム・ブランドへと急成長しており、日本でも人気のあるブランドとなっている。



ステューシー

創始者であるショーン・ステューシーはもともとカリフォルニアのラグナビーチでサーフボードのシェーバーをしていた。1980年に「Tee」とう自身のグラッフィック風のロゴをTシャツなどにプリントして、販売したのが「ステューシ」の始まりである。



ジル スチュアート

ジル・スチュアートによって設立されたブランド。ジル・スチュアートは「ミスター・パンツ(Mister Pants)」というショップを経営していた両親の影響を受け、幼い頃からファッションに触れて育った。ロードアイランド・スクール・オブ・デザインでファッションデザインを学び、27歳でブランド設立。



ジョヴォヴィッチ ホーク

ミラ・ジョヴォヴィッチとカルメン・ホークによって設立されたブランド。ミラ・ジョヴォヴィッチは11歳でモデルとしてデビューしその後、映画女優として活動しており、代表作に「ジャンヌダルク」「バイオハザード」などが挙げられる。 カルメン・ホークはモデルとして活動しており、親友でもあるミラ・ジョヴォヴィッチとともに、2003年にブランドを設立。



ジューシークチュール

「ジューシー・クチュール」はジェラ・ナッシュ・テイラー、パメラ・スカイスト・レビーによって設立されたカジュアルブランド。アメリカのロサンゼルスを拠点としており、リズ・クレイボーンの傘下にある。



ジャネット・コリン

創始者であるジャネット・コリンは、1971年アメリカのサンフランシスコに生まれた。マルベリー、ルイ・ヴィトンなどでアクセサリーのデザインを経験を積んだ後、2005年に独立し自身のブランドである「ジャネット・コリン」を設立する。ブランドを設立するとすぐにモデルなどのセレブ、ファッション系のエディターなどに人気となり、話題を集めた。



ジェフリー・ビーン

創始者であるジェフリー・ビーンは1924年アメリカのルイジアナ州に生まれた。チュレーン大学で医学を専攻していたが、大学在学中に、舞台衣装をデザインしたことがきっかけで、ファッション業界に興味を持つ。大学を中退し、ニューヨークとパリの服飾学校でファッションを学んだ後、ニューヨークで複数の既製服メーカーでキャリアを積み、1958年、自身のブランドとなる「ジェフリービーン」を設立した。



シンシア・ローリー

創始者であるシンシア・ローリーは1958年、アメリカのバーリントン生まれた。デッサンと裁縫を学ぶためシカゴ芸術学院に在学中に製作したジャケットが、大手百貨店マーシャル・フィールズのバヤーの目にとまり、ファッションのキャリアがスタートする。



シプリー&ハルモス

「シプリー&ハルモス」はサム・シプリーとジェフ・ハルモスによって設立されたブランドであり、ブランド名は両者のラストネームに由来する。



ザック・ポーゼン

創始者であるザック・ポーゼンは、1980年にアメリカのニューヨークに生まれた。2001年に自身のブランドとなる「ザック・ポーゼン」を発表し注目を集める。



サムソナイト

1910年にジェシー・シュウェイダーによってアメリカのコロラド州に設立されたブランド。ブランド名である「サムソナイト」という名前は、聖書に登場する怪力男である「サムソン」に由来しており、「サムソナイト」の作り出すスーツケースが頑丈で耐久性のあるものであることを意味している。



コールハーン

トラフトンコールとエディハーンンによって設立されたシューズ・ブランドである。ブランドのコンセプトは、モダンアーチザンであり、高品質と質の高い職人技術を誇っている。



ケイト・スペード

創始者であるケイト・スペードアメリカ・カンザス州出身で、アリゾナ州立大学でジャーナリズムを専攻した。卒業後はニューヨークに拠点を置くマドモアゼル誌のアクセサリー担当のエディターとして働く。バッグがとても好きで、後の夫でありビジネスパートナーとなるアンディ・スペードと共に1993年バッグのブランド「ケイト・スペード」をスタート。



クリスチャン・ロス

クリスチャン・ロスとエリック・ドメージュらによって設立されたアイウェアブランドである。183年にニューヨークで出会い、ともにブランドを立ち上げた。



キャロリーナ・ヘレラ

創始者であるキャロリーナ・ヘレラは1939年にヴェネズエラに生まれ12歳でアメリカに渡った後、1980年代からアメリカのニューヨークを拠点に活動している。「キャロリーナ・ヘレナ」はアメリカを代表するドレス・ブランドである。



オリバーピープルズ

「オリバーピープルズ」は、1986年にラリー・レイトとその弟のデニス・レイト、ラリーの長年の友人であるケニー・シュワルツの三人によって設立されたアイウェアを中心としたブランドである。独創的で斬新なデザインでありながら、高級感のある彼らのアイウェアは業界に衝撃を与えた。



オスカー・デ・ラ・レンタ

創始者であるオスカー・デ・ラ・レンタは1934年にドミニカ共和に生まれた。マドリードの美術学校アカデミア・サン・フェルナンドで油絵を学んだ。当初は抽象画家を目指していたが、知人のためにドレスを作製したところ、好評だったことがきっかけでファッションの世界に入る。スペインのメゾンに入り、後にバレンシアガやランバンのメゾンに入り、当時ランバンのデザインを担当していたアントニオ・カスティーヨのアシスタントとして経験を積み重ねた。



エリクソン・ビーモン

「エリクソン・ビーモン」は、デトロイト出身のヴィッキー・ビーモンとカレンエリクソンによって1983年に設立されたジュエリーを中心としたアクセサリーブランドである。



イズリール

高倉一浩によって設立されたブランドである。高倉一浩はアパレルメーカーで、営業・生産・企画などファッションの一連の流れを経験し、その後2003年に自身のブランドである「イズリール」を設立する。



セイ

「セイ(TSE)」はアメリカで最も大きなカシミアニットのサプライアーであるカシミアハウス社から誕生したブランド。



3.1フィリップリム

創始者であるフィリップリムは1973年、アメリカ、カリフォルニア州に生まれた。カリフォルニア州立大学で財政学を学んだいたが、カティヨン・アデリのもとでデザインアシスタントのインターンとして働きだし、その後、「ディベロップメント」でヘッドデザイナーを10年以上にわたって担当する。



フライターグ

1993年、スイスにマーカス・フライターグとダニエル・フライターグ兄弟によって設立されたバッグを中心に扱うブランドである。



バリー

1951年にカール・フランツ・バリーは弟とともに「Bally&Co」設立する。リボンメーカーから開始した「バリー」だが、パリの靴に影響を受け、靴の開発を試みる。徐々に規模を拡大した「バリー」は、1970年代には最新の技術を取り入れたことで製造工程の効率化に成功し、また素材の品質と、洗練されたデザインで高級品として取り扱われるようになった。その後、海外への進出もはたし、高級ブランドとしての地位を確立する。



カザール

「カザール」のデザイナーであるカリ・ツァローニは、ギリシアのアテネに生まれる。オーストリアのウィーン芸術アカデミーで伝統的な建築デザインを学び、その後、家具や陶器などのデザインの仕事を行っていた。1975年のドイツのオプティカ展において「カザール」のデザイナーとしてデビューを果たし、そのデザインによって絶大な人気を得る。



エスカーダ

エスカーダは1976年に、ウォルフガング・ライとその妻である、モデル出身のマルガレッタ・ライによって設立されたブランドである。「エスカーダ」のブランド名は二人がポルトガルの競馬場で賭けた競走馬の名に由来している。



ジースター

「G-STAR(ジースター)」は1989年に設立されたオランダのデニムブランドである。1996年に、「RAW DENIM(ローデニム)」を発表すると、斬新で新しいデニムが話題となり、デニム業界に大きな影響を与えた。



アクネジーンズ

「アクネジーンズ」は、1996年に「ACNE(アクネ)」の事業がスタートしたことから始まる。多くの製品の広告等に関わる一方で、顧客や知人用にユニセックスのジーンズ制作などを行っていたことが、雑誌等で注目を集めたことが、「アクネジーンズ」のブランドとしての基盤となった。



J.リンドバーグ

ヨハン・リンドバーグによって設立されたブランドである。ディーゼルにおいて、インターナショナル・マーケティング・ディレクター及びビジュアル広告の総責任者を経験し、キャリアを積み重ねた後、1996年に自身のブランドである「ジェイ・リンドバーグ」を設立する。 その後、国内外を問わず世界各国に進出し注目を集めた。日本でも、南青山にショップをオープンさせている。



へネス・アンド・モーリッツ

「H&M」は創始者であるアーリン・パーソンが、1947年にスウェーデン「にHennes(へネス)」をオープンさせたことから始まった。店名はスウェーデン語で「彼女たち」を意味している。アーリン・パーソンはアメリカ旅行中にアメリカの高品質の商品を大量生産により低価格で展開するという衣料品店に影響を受け、1947年に「Hennes」の1号店をオープンさせ、話題となる。



テオ

ウィム・ソーメルスとパトリック・フートによって設立されたブランドである。ブランド名の「theo(テオ)」とは、パトリック・フートの「Hoet」の文字を入れ替えたものから由来している。 もともと、眼鏡の販売を行っていた二人は、固定されていた眼鏡のデザインをもっと斬新なものへと変えたい思いから、ブランドは始まった。



ロメオ・ジリ

創始者であるロメオ・ジリは1949年、イタリアのファエンザ州に生まれた。大学では建築学を専攻し、20代の頃に南北アメリカ、中国、インド等を巡り、その後独学でデザインを手がけることとなる。1978年、ニューヨークで本格的にファッションデザイナーとして活動を始め、1983年「ロメオ・ジリ」でミラノコレクションで発表し、評価を得る。



ロベルト・カバリ

創始者であるロベルト・カバリは、1940年にイタリアのアーティスト一家に生まれた。幼少の頃から芸術に触れて育ち、自身もフィレンツェ・アート・アカデミーで学ぶ。アートとファッションの関係に興味を持ちはじめ、様々なパターンのプリント技術を施したTシャツを作成し、これを売って収入を得た。その後、革にプリントするという技術の特許を取得し、この技術はのちにテキスタイル業界で、話題となった。後にこの技術は幅広く活用されることとなる。



ロベルタ・ディ・カメリーノ

ジュリアーナ・カメリーノによって設立されたブランド。イタリアのヴェニスに工房を持ち創業された「ロベルタディカメリーノ」のブランド名は、俳優であるフレッド・アステアの「ロバータ」をイタリア読みにした「ロベルト」と、自身の名前である「カメリーノ」を組み合わせたもので、青春時代の思い出にちなんで名付けられた。



レネ・カオヴィラ

「レネ・カオヴィラ」は1934年に、創始者であるレネ・カオヴィラによって設立された高級靴ブランドである。もともと父がオーダーメイドのようなスタイルで行っていた靴作りの手法に、自身のスタイルを加えた形でブランドは創業した。イタリア・ヴェネチア郊外のストラ地方を拠点にしており、職人が手作りで生産を行った。



ミュウミュウ

「プラダ」創業者である、マリオ・プラダの孫であるミウッチャ・プラダによって設立されたブランドである。ミウッチャ・ブラダは1950年にイタリアのミラノに生まれた。ミラノ大学では政治学を専攻し、博士号を受ける。「ミュウミュウ」のブランド名は、ミウッチャ・プラダの幼少時代の愛称に由来しており、清楚でシンプルなデザインが女性から絶大な支持を得て、国内外を問わず進出し急成長を遂げた。



ミスシックスティ

創始者であるヴィッキーハッサンは1955年リビアのトリポリに生まれた。ミラノ大学を卒業し、1984年にセレクトショップ「エナジー」をオープンさせ注目を集める。その翌年にはデニムコレクションを発表し、1989年、シックスティグループを立ち上げ、1991年にブランド「ミスシックスティ」を設立。



マンダリナダック

「マンダリナダック」は、1977年にパオロ・トレントと幼馴染みのピエロ・マンナートによって設立されたブランドである。幸福と誠実の象徴でもある東洋のカモから影響を受けてバッグを作られたことから、そのロゴマークにもカモが使用されている。



ボルボネーゼ

ボルボネーゼ家によって設立されたブランドである「ボルボネーゼ」をだが、ブランド開始以前はバッグ、帽子、ジュエリーなどアクセサリー系のブティックを営んでいた。ブランドとしての始まりは、1950年代にエマニュエル・ウンガロとコラボレーションを行い、「ボルボネーゼ」を立ち上げたことから始まる。



ペルソール

「ペルソール」は1938年にジュゼッペ・ラッティによって設立されたアイウェア・ブランドである。ブランド名はイタリア語で「太陽のため」を表し、「太陽光線を防ぐ」という意味合いが込められている。



プレミアータ

イタリアのシューズ・メーカー。プレミアータを手がけるGRAZIANO MAZZA社(G.M社)は、イタリアのモンデグラナーロにて1885年に創業した長い歴史を誇るメーカーである。



ブリオーニ

「ブリオーニ」は、1945年に「アトリエ・ブリオーニ」として設立された紳士服ブランドである。



ブライアン・アトウッド

創始者であるブライアン・アトウッドはアメリカのシカゴ郊外に生まれた。南イリノイ大学で芸術と建築学を専攻し、その後ニューヨークに渡り、FITで服飾デザインを学ぶ。卒業後は、ヨーロッパに渡りデザイナーのキャリアを積む。96年から「ヴェルサーチ」で靴などのアクセサリーを中心としたラインを手掛ける実力を積み重ねた。2001年、独立して自身のシューズブランドとなる「ブライアン・アトウッド」を立ち上げ、世代を問わず人気のブランドとなった。



フルラ

1927年にアルド・フルラネットがアクセサリー関連のレザーを取り扱う企業を創業したことが「フルラ」の始まりだった。



フランチェスコ ビアジア

1977年、イタリアのビチェツァで、フランチェスコ・ビアジアによって設立されたことがブランドの始まりとなる。「ラグジュアリーだが、多くの人が楽しめるバッグ」をコンセプトに、美しい色使いと、個性的なデザイン作りが人気のバッグブランドとなっている。



フィオルッチ

1967年イタリアのミラノに設立されたブランドである。1970年代には若者に人気となり急成長を遂げるが、1980年代からは経営的な問題を抱え、1990年、日本のジーンズメーカー「エドウィン」が「フィオルッチ」を買収する。



パオラ・フラーニ

創始者であるパオラ・フラーニは、1962年イタリアに生まれる。モデナの芸術学校で学ぶび、80年代半ばに会社を設立して、ブランドを開始する。



トラモンターノ

トラモンターノは、1865年にアルド・トラモンターノによって設立されたブランドである。イタリアの伝統的な縫製技術を持つ衣料メーカーなどで構成される、クラシコ・イタリア協会の会員の中では、唯一のバッグ&レザーアクセサリーの由緒あるブランドであり、第二次世界大戦後、革製品を中心に、小物、財布、バッグ、旅行用バッグ、スースケース、ベルトなど、展開を進めた。最高品質の素材を使用しているブランドであり、オーダーメイドやバッグの修理など、顧客へのサービスも高い品質となっている。



デュベティカ

「デュベティカ」はジャンピエロ・バリアーノによって設立されたブランドである。ブランド名の由来は、フランス語で「ダウン」を意味する「デュベ(DUVET)」と、イタリア語で「倫理・道徳」を意味する「エティカ(ETICA)」を組み合わせて造られた言葉から成る。



デズモ

1975年イタリアのフィレンツェで、ガブリエル・ファンタッピエとその父が親子で創業したことから始まる。「デズモ」は、バッグを中心としたアクセサリーを取り扱う、イタリアのレザーブランドであり、バッグの他にも、財布、キーケース、靴など幅広く取り扱っているブランドである。



ディーゼル

創始者であるレンゾ・ルッソは1955年イタリア北東部のパドヴァに生まれた。産業織物製造学校を卒業。1978年には、地元の幾つかの製造業者から構成される団体に加わり「ジーニアスグループ」を形成する。その後、レンゾ・ルッソとアドリアノ・ゴールドシュミッドにより、「ディーゼル」が誕生する。



ディースクエアード

ディーン・ケイティンと、ダン・ケイティンらの双子の兄弟によって設立されたブランド。ディーン・ケイティンとダン・ケイティンは1965年、カナダに生また。1994年、パリの展示会「SEHM」で初めて「ディースクエアード:D2」の名でコレクションを発表し評価を得る。その後、レディスラインも発表し、全国的に展開を進める。



ディエゴ・ドルチーニ

ディエゴ・ドルチーニはイタリアのシューズブランドである。デザイナーのディエゴ・ドルチーニはイタリアのナポリに生まれた。大学では建築学を専攻し、その後ファッション・デザインを学んだ。主にブランドのシューズデザイナーとして活躍し、GAPや、ブルーノ・マリ、トム・フォードに招かれ、グッチ、ドルチェ&ガッバーナなどでシューズデザイナーとして経験を積み実力をつけたまた、。グッチではクリエイティブディレクターとして活躍し話題となる。



ダーク・ビッケンバーグ

創始者である、ダーク・ビッケンバーグは1962年にドイツのケルンに生まれた。1981年、アントワープ王立美術アカデミー卒業し、卒業コレクションでは「アントワープの6人」の1人として注目を集めるたことで知られる。1984年より、ジャン・ポール・ゴルチエで経験を重ね優秀な成績を収める。その翌年にはメンズのシューズコレクション「DB」で会社を設立し、1986年のコレクション発表によって、ファッション業界での地位を確立する。



ダニエル&ボブ

「ダニエル&ボブ」は、1976年に創立されたバッグを中心に取り扱うイタリアのブランドである。本来、ブランドとしてのスタートは、1本のベルトの企画と生産からスタートしたが、現在ではバッグを中心に、その他にも財布やポーチなどレザーアクセサリーを幅広く取り扱っており、その中でもシンプルでありながら機能性の高いショルダーバッグが人気の高いブランドとなっている。



セルッティ

1881年に設立された「セルッティ」は当初イタリアの綿工場だったが、50年代半ばにアパレル製品の生産に乗り出し、1957年、「ヒットマン」というブランド名でミラノコレクションにてメンズウェアを発表した。自身のブランド内で製造から完成品に仕上げるまで一貫して行う手法が注目を集めた。



セルジオ・ロッシ

セルジオ・ロッシはイタリアのシューズブランドである。レディースの靴を中心に取り扱っており、その他にハンドバッグや、メンズシューズも限定的に取り扱っている。



ジョルジオ・ブラット

イタリアに生まれた、ジョルジオ ブラットによって設立されたブランド。イタリアの革職人の家系に生まれ、2003年に父親から事業を引継だ際に設立された。



ジャンヴィト・ロッシ

「ジャンビト・ロッシ」はイタリアのシューズブランドである。イタリアの有名靴ブランドの一家に生まれ、父は有名なセルジオ・ロッシである。20年以上父の元で経験を積み、2007年の春夏シーズンから自身のブランドとなる「ジャンヴィト・ロッシ」を設立し、カーボンファイバーをソールに使用した軽量サンダルが話題となり、注目を集める。その新しい発想が評価され、アメリカの高級雑貨店などで取り扱われるようになる。



サントーニ

「サントーニ」は1977年にアンドレア・サントーニによって設立されたイタリアの靴ブランドである。「サントーニ」は「グッドイヤー・アルタッコ」という独自の製法で有名であり、その他にも「マッケイ、グッドイヤー」などの製法や、「サンクリスピーノ、ベンティヴェーニャ」などの製法もモデルに合わせて用いている。



クルチアーニ

1966年にイタリアのペルージャでMaglital社が創業した、ニットウェアのブランドである。クルチアーニはカシミアを全てハンドメイドで編んだコレクションなど、最高級の素材を使用し、現代的で洗練されたニットコレクションが人気となっている。



クリスティーナ・ティ

「クリスティーナ・ティ」は、クリスティーナ・タルディートがイタリアのトリノで、1987年に創業したことから始まる。父が下着のメーカーである「TAMIGI」を経営していたことから、工場系のランジェリーブランドからスタートした。



カサディ

1958年にクイント・カサディとフローラカサディによって設立されたブランド。「カサディ」は、イタリアのシューズブランド。ジュゼッペザノッティやマノロ・ブラニク等もカサディで経験を積んだ後に独立し、靴のブランドを設立した。



オロビアンコ

1996年、ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニとエリサ・ロヴァティによって立ち上げられたブランド。「オロビアンコ(Orobianco)」とは「黄金、貴重なもの」という意味のイタリア語で、ブランド名の由来となっている。イタリアで生産することや、生地やデザインにこだわり、熟練したイタリアの革職人の手に委ねられており、その品質の高さは現在でも絶大な支持を得ている。



エンリーベグリン

1984年、エンリーベグリンがイタリアのエルバ島で設立したブランドである。「エンリーベグリン」はベルトとバッグから展開し、その後、靴、カゴバッグ、家具と幅広く展開していった。エンリーベグリンのバッグはハンドメイドですべて作られ、高級素材を使用するというこだわりの強いブランドである。シンプルで、丁寧な作品が人気となっている。



イオセリアーニ

「イオセリアーニ」は、ロベルタ・パルオッチ、パオロ・ジャッコメリによって立ち上げられた、イタリアのアクセサリー・ジュエリーのブランドである。1997年、ロベルタ・パルオッチ、パオロ・ジャッコメリがブランドを設立。



ア・テストーニ

創始者であるアメディオ・テストーニによって設立された紳士靴ブランド。1929年、イタリアのボローニャに「ア・テストーニ」を創業し、第二次大戦後にボロネーゼ製法という独自の技術を完成させた。



アンナ・モリナーリ

創設者のアンナ・モリナーリと夫であるジャン・パオロ・タラビーニとともに1977年にニットウエアの事業を開始したこがブランドの始まりとなる。



アントニオ・ベラルディ

創始者であるアントニオ・ベラルディはイギリスに生まれた。セントマーチンズを卒業後、ジョン・ガリアーノ、ポール・コステロ、ジャスパー・コンラン等でアシスタントを行う。1996年に「アントニオ・ベラルディ」という自身のブランドでロンドンコレクションにデビューを果たし、定評を得る。



アレッサンドロ・デラクア

アレッサンドロ・デラクアによって設立されたブランド。アレッサンドロ・デラクアは1962年にイタリアのナポリに生まれ、名門美術学校でグラフィックを学び、卒業後はマルゾットグループで働き始める。1987年、ニットウエアのデザイナーであるピエトロ・ピアンフォリーニのチーフデザイナーに就任し5年間「Genny」(ジェニー)のマリッジコレクションを担当した。



アレグリ

「アレグリ」はイタリアのヴィンチで創業した。設立時はレインコートメーカーであったが、徐々にハイブランドへと進出し様々なラインを展開するまでに至った。



アルベルタ・フェレッティ

創始者であるアルベルタ・フェレッティは1950年にイタリアにドレスメーカーの娘として生まれた。1968年、18歳にしてセレクトショップ「Jolly Shop」を設立し、主にデザイナーズブランドを取り扱った。その後、フェレッティは、自らデザインするようになり、1974年に「アルベルタ・フェレッティ」のブランドを設立し、コレクションを発表し次々と展開していった。また、カッティングや縫製の技術が非常に優れていると、注目を集めている。



ミッシェル・クラン

創始者のミッシェル・クランは1957年フランスのパリに生まれる。パリ美術学校を中退した後、15歳でイヴ・サンローランのコレクション用プリントデザインの仕事に就き経験を積み重ねた。その後、1980年、「ミッシェル・クラン」を設立。



ランセル

創始者である、アルバート・ランセルによって設立されたブランド。1876年にフランスのパリで、喫煙具のビジネスをスタートしたことから、「ランセル」が始まる。その後「ランセル」は喫煙具で成功を収め、さまざまな雑貨類を幅広く展開していくようになる。



ステラ・マッカートニー

ステラ・マッカトニーによって設立されたブランド。ステラ・マッカートニーは1971年、元ビートルズのポール・マッカートニーとリンダ・マッカートニーの次女としてロンドンに生まれる。



ステファン・シュナイダー

ステファン・シュナイダーはドイツのデュースブルクに生まれた。高校時代にロンドンに留学し、90年にアントワープ王立美術アカデミーに入学し、94年に主席で卒業した。王立美術アカデミーでの卒業コレクションが好評を博し、同年、パリのファッションウィークに出展し、バイヤーから注目を集め人気となる。



スタルクアイズ

「スタルクアイズ」は、フィリップ・スタルクとアランミクリが協同でデザインするアイウェアブランドである。ブランドとしては、アランミクリ社の一つのブランドとなる。人間工学に基づいた発想から、360度動かせるヒンジや80kgの負荷にも耐えられる素材を使用していることなど、研究・開発に力を入れている。シンプルなデザインが人気のブランドである。



ジル・ロズィエ

創始者であるジル・ロズィエは1961年、フランスのパリに生まれた。パリクチュール組合学校を卒業後、ピエール・バルマン、クリスチャン・ディオール、ジャン・ポール・ゴルチエで経験を積み重ねて独立、「GR816」というブランド名でコレクションを発表する。7シーズン発表した後、ブランドに幕を下ろし、「ジルロズィエ」というブランドを新たに立ち上げた。



ジョン・ガリアーノ

創始者のジョン・ガリアーノは1960年にジブラルタル生まれた。本名はホアン・カルロス・アントニオ・ガリアーノ。その後ロンドンに移住し、ウィルソングラマースクールを卒業後、セントマーチンズのテキスタイル科入学し、セントマーチンズのモード科を首席で卒業。その後ブティック「ブラウンズ」のジョーン・バーンスタインと5年契約を結び、そのデザインが評判となった。



ジュストカンパーニュ

「ジャストカンパーニュ」の創始者であるアゼディン・ベルクックは、1957年にアルジェリアに生まれた。1990年に「ジュストカンパーニュを設立。



ジャン・ポール・ノット

1967年にジャン・ポール・ノットはベルギーに生まれた。ニューヨーク州立ファッション工科大学(FIT)を卒業後、イヴ・サンローランのアシスタント・デザイナーとしてを経験を積み重ねる。2000年、「ジャン・ポール・ノット」を設立し、コレクションを発表。



ジャン・パトゥ

ジャン・パトゥはフランスのノルマンディー地方で皮革商の息子として生まれた。1910年、パリに渡り、毛皮とドレスを扱う小さな婦人服店「パリ」を開く。その後紳士服部門を設立し、1919年に「ジャン・パトゥ」をオープンし注目を集める。またカーディガンを初めて発表したことでも有名である。



ジャンルイ・シェレル

1935年にジャンルイ・シェレルはフランスに生まれた。幼少期はバレエダンサーを目指していたが事故により断念。しかしバレエなどの舞台衣装のデザイナーへ目標を変えて、ファッションに興味を持つようになった。パリ・オートクチュール組合学校に入学。在学中に才能がクリスチャン・ディオールの目に留まり、アシスタント・デザイナーとして、当時在籍していたイヴ・サンローランとともに2年間働いた。ディオールの死後、イヴ・サンローランの元で約2年働き、その後、ルイ・フェローのもとでさらに2年間経験を積んだ後、1962年に独立し「ジャンルイ・シェレル」を設立。78年からはプレタポルテに進出し人気となった。



ジャンバティスタ・ヴァリ

ジャン・バティスタ・ヴァリはローマの美術学校に入学した。1995年知人の紹介でエマニュエル・ウンガロに出会い、2年間ヘッドデザイナーを務め、アーティスティック・ディレクタークリエイティブ・ディレクターへと昇進し実力をつける。ウンガロで2005年まで働き、2005年の秋冬に自身のブランドをスタートさせる。同時にアイスバーグのクリエイティブディレクターをも務めた。



ジャン・コロナ

1985年、ジャン・コロナによって設立されたブランド。ジャン・コロナは1955年にアルジェリアに生まれた。 パリに移りオートクチュール組合学校でファッションを学び、ピエール・バルマンのもとでオートクチュールのアシスタントを務める。 1985年に「ジャン コロナ」が設立された。



シャルルアナスタス

創始者であるシャルルアナスタスは、1979年にイギリスのロンドンに生まれた。もと...



ジェレミー・スコット

創始者であるジェレミー・スコットは1974年ミズーリ州のカンザスシティーに生まれた。ニューヨーク・ブルックリンにあるプラット・インスティテュートにてファッションを学び、インターンでジャン・ポール・ゴルチエのもとで働いた経験を持つ。卒業後はパリに渡り、1997年自らのブランドである「ジェレミー・スコット」を立ち上げ、パリコレクションで発表し人気を得る。



コルトモルテド

「コルトモルテド」の創設者である、ガブリエレ・コルト・モルテドは1977年、アメリカニューヨークに、ボッテガ・ヴェネタの創始者、モルテド夫妻の息子として生まれた。ニューヨーク大学では美術史を専攻。その後ボストンのエマーソン大学でコミュニケーションを専攻し大学院を卒業。2004に年バッグブランド「コルト・モルテド」を設立し、マスコミに注目され評判となった。



ゴヤール

フランソワ・ゴヤール1828年フランスのブルゴーニュ地方で生まれた。1832年フランソワの父、エドメがパリに移住しパリで最大のトランクメーカーであるモレル社に就職。1845年、フランソワも父に続いてモレル社に就職した。その後、フランソワが会社を引き継ぎサントノレ通りに「メゾン・ゴヤール」が誕生したものである。



コムーン

「コムーン」は2005年に堀海斗と古舘郁によって設立された、パリを拠点に展開しているブランド。シンプルな色使いに、軽やかなフォルムとそれを支えるカッティング技術、機能性の高い、デザインが特徴。



コスチューム・ナショナル

1986年にエンニョ・カパサによって設立されたブランドである。エンニョ・カパサは1960年、南イタリアに生まれた。 ミラノの美術大学アカデミア・ディ・べッレ・アルティ・ディ・ブレラを卒業後、1年間アジアを放浪し、途中日本に訪れる。「ヨウジヤマモト」の設立者である山本耀司に認められアシスタントとして働き経験を積んだ。



クロードモンタナ

創始者であるクロードモンタナは1949年、フランスのパリに生まれた。1971年に渡英し、ジュエリーのデザイナーとしてキャリアを開始する。1976年にコレクションデビューし、1979年に「クロード・モンタナ」をスタートさせる。



クリストフ・ルメール

1990年にクリストフ・ルメールによって設立されたブランド。クリストフ・ルメールは1965年、フランスに生まれた。クリスチャン・ラクロワでオートクチュールとプレタポルテを担当し、イヴ・サンローランのデザインスタジオでも経験を積み重ね、1990年に「クリストフ・ルメール」を設立、レディースブランドを立ち上げる。



クリスチャン・ルブタン

1992年にクリスチャン・ルブタンによって設立されたブランド。クリスチャン・ルブタンは1964年にパリに生まれる。幼い頃からナイトクラブに出入りする環境にあり、ショー・ダンサーなどの影響をうけファッション、特に靴に興味を持ち、靴のデザインをデッサンを始める。その後、エルメス、シャルル・ジョルダン、シャネル、イヴ・サンローラン、クリスチャンディオール等のブランドで靴の製作にかかわる。1992年に自分のブティックをオープンし、「クリスチャン・ルブタン」創業がファッション業界で注目を集めた。現在でも、洗練されたデザインと心地良い履き心地が女性から圧倒的な支持を得ている。



クリス・ヴァン・アッシュ

創始者であるクリス・ヴァン・アッシュは、1976年にベルギーで生まれた。1998年にアントワープ王立美術アカデミーでの卒業コレクションが高い評価を集め、エディ・スリマンのアシスタントとして「イヴ・サンローラン リヴ・ゴーシュ」のメンズラインからキャリアを積み重ねる。エディ・スリマンがディオール・オム立上げにかかわるためにイヴ・サンローランからクリスチャン・ディオールに移籍すると、クリス・ヴァン・アッシュもともに移籍。その後、2005年アッシュは自身の初のコレクションを発表。シンプルでクラシカルなデザインが注目を集め、高い評価を得た。



ギ・ラロッシュ

ギ・ラロッシュは、1921年フランス生まれ。1949年からジャンデッセのメゾンで働き、その後、ピエールカルダン、イヴサンローランらとクリスチャンディオールで働いていた経験を持つ。1957年に、「ギ・ラロッシュ」を設立しコレクションを発表し定評を得る。



ギョーム・ルミエール

ギョーム・ルミエールはフランスに生まれた。パリにある工芸など専門学校のエコールデュペレを卒業する。ギョーム・ルミエールの「Freaks」という名のコレクションが認められて、卒業後はアンヴァレリーアッシュの元でキャリアを積む。その後、ケンゾーを経て、バレンシアガのアシスタントデザイナーに就任。バレンシアガでは主にメンズラインのデザインを担当した。



ギャスパー・ユルケヴィッチ

創始者であるギャスパー・ユルケヴィッチは1972年フランス、パリに生また。1991年ステュディオ・ベルソー入学し、在学中にティエリー・ミュグレーでインターンを経験する。その後もジャン・ポール・ゴルチエのもとで働き経験を積み、フリーランスとしての活動をスタートさせる。これらの経験で独立系ブランドの生産とデザインの手法を学んでゆき、1997年に自身のブランド「ギャスパー・ユルケヴィッチ」を設立し、レディースウェアラインをスタートさせる。



カール・ラガーフェルド

創始者であるカール・ラガーフェルドは1938年 にドイツのハンブルグに生まれる。14歳でパリに移住し、パリではオートクチュール組合が経営する洋裁学校に入学。イヴ・サンローランとともに服作りの基礎を学ぶ。17歳からピエール・バルマンのアシスタントをはじめ、20歳でジャン・パトゥのアーティスティックディレクターと、オートクチュールメゾンで仕事をする。その後、イタリアからパリに戻り、プレタポルテに進出する。以後、自分のブランドを持たず、フリーで活動を行うが、1963年クロエのヘッドデザイナーとなる。その後もフェンディやシャネルのデザイナーとして活躍し経験を積み重ねる。 1984年、自身のブランド「カール・ラガーフェルド」を設立させ、トレンドセッターとしての地位を確立する。



エルベ・シャプリエ

エルベ・シャプリエは1976年に設立されたブランド。フランスのバッグブランドであり、当時としては珍しかったナイロンを使用したバッグを取り入れることで話題を集め、評判となる。また、サドルステッチを施すなど、耐久性の高さにも定評がある。その後様々なラインを展開し、トートバッグは現在に至るまで人気を博し、ロングセラーとなっている



エマニュエル・ウンガロ

創始者であるエマニュエル・ウンガロは1933年、フランス南部のに生まれる。父はフランスで小さな紳士服店を営んでいたため、ウンガガロは幼くして、スーツの仕立てを習得していた。1957年、23歳でパリに渡り、アンドレ・クレージュの薦めで、バレンシアガのアシスタントとして働きはじめる。1965年に独立し、「エマニュエル・ウンガロ」をスタート。 1996年、サルヴァトーレ・フェラガモ社に、ブランドを売却する。



ヴェロニク・ブランキーノ

1997年にヴェロニク・ブランキーノによって設立されたブランド。 ヴェロニク・ブランキーノは1973年ベルギーのブリュッセルに生まれた。セント・ルーカス・スクール・オブ・アートで絵画を専攻し、アントワープ王立芸術アカデミーに入学。ファッションデザインを学んだ。1997年、パリで展示会を開き、注目を集める。



ウォルター・ヴァン・べイレンドンク

創始者であるウォルター・ヴァン・べイレンドンクは1955年に生まれた。アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。注目を集めた「アントワープの6人」のうちの一人である。1993年から「W&L.T.(Wild&Lethal Trash)」をパリコレクションで発表し好評を得る。このプロジェクトの後、2001年に「ウォルター・ヴァン・べイレンドンク」を設立。 学生だった「ラフシモンズ」が「ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク」で働いていたことも有名



ヴァン・クリーフ&アーペル

ヴァン・クリーフ&アーペルはフランスのジュエリーブランドである。1896年、アルフレッド・ヴァン・クリーフとサロモン・アーペルの娘、エステル・アーペルが結婚。その後、アルフレッド・ヴァン・クリーフとサロモン・アーペルがビジネスを開始し、エステルの兄弟にあたる、ジュリアン、ルイ、シャルルも加わる。



アン・ヴァレリー・アッシュ

創始者であるアン・ヴァレリー・アッシュが2000年に設立したブランド。アン・ヴァレリー・アッシュ1971年にパリで生まれた。リクチュール専門学校を卒業後ニナ・リッチ、ラクロワ、ジャン・フランコ・フェレがデザインをししていたディオール、クロエ、シャネル、カール・ラガーフェルドなどで経験を積み、2000年に「アン・ヴァレリー・アッシュ」を設立。2000秋冬コレクションよりオートクチュールコレクションに参加した。



アレキサンダー・マックイーン

ロンドンに生まれたアレキサンダー・マックイーンによって、1992年に設立されたブランド 中学卒業後、サヴィル・ローで仕立職人の見習いをはじめる。アンダーソン&シェパード、ギーブス&ホークスで約3年間仕立てを学び、その後ロンドンの舞台用の衣装を扱うバーマンズ&ネイサンズへと職を変えた。さらにイタリアに渡り、ロメオ・ジリ等の下でキャリアを積み重ねた。その後、1992年「アレキサンダー・マックイーン」を設立。



アツロウ・タヤマ

田山淳朗が1982年に「エム・ティーカンパニー」を設立し、「アツロウ タヤマ」は1991年にパリ・コレクションでデビューした。田山淳朗は1955年に熊本県で生まれた。文化服装学院を卒業し、同年第44回ハイファッション・ピエール・カルダン賞を受賞した。1975年、ヨウジヤマモトの率いるワイズ(Y's)に入社し、4年間フランスでyohji Europe s.a.r.lを設立しディレクターを務める。「ワイズ」を退社後、「エム・ティーカンパニー」を設立し、レディースブランドコレクションライン「A.T.」を発表。



プーマ

プーマはドイツのアドルフ・ダスラーと弟ルドルフによって「ダスラー兄弟社」が設立され、後に分裂、弟のルドルフ・ダスラーによって設立されたブランド。



山本 寛斎

山本寛斎は神奈川県で生まれ、岐阜県岐阜市で育った日本のファッションデザイナーでありイベントプロデューサーである。岐阜県立岐阜工業高等学校卒業した。1971年にロンドンでは日本人初のファッションショーとなる「KANSAI IN LONDON」を発表。



ホワイトハウスコックス

イギリスのウォルソールにあるWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)は、ホワイトハウスとサミュエル・コックスによって1860年に設立されたものである。創業当時から1920年代までは、乗馬用の鞍や手綱などの高品質な馬具、そして英国軍などからの依頼を受け、様々な軍事用製品を製造した。現在でも人気のあるWhitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)の革製品は、製造にあたり細心の注意を払っている。



ポール & ジョー

フランスに生まれた、ソフィー・アルボーによって設立されたブランド。ファッションの専門学校を卒業し、アズディン・アライアのもとで働いた後、父の経営する高級シャツブランド「LA GARAGE」(ル・ガラージュ)に入社。26歳で専任デザイナーに就任する。 その後独立し、1995年にメンズブランド「PAUL&JOE(ポール&ジョー)」を設立する。



サマンサタバサ

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッドは、バッグの輸入会社を経営していた、寺田和正によって設立されたブランド。 「ジャパンリミテッド」には、将来的に国際的なブランドにするという決意が込められている。



ボッテガ・ベネタ

「ボッテガ・ベネタ」はモルテド夫妻が、家族だけのビジネスとして高級革製品の生産を始めたことから始まる。ブランドの代名詞ともいえるなめし革を編みこんで作られたデザイン、「イントレチャート」が人気を集めている。



ロレックス

ロレックスはドイツ出身の商人ハンス・ウィルスドルフが1905年にロンドンに時計商社を設立したことから始まる。携帯時計が主流であった当時、腕時計は女性のアクセサリーのような装飾品でしかなく、その実用性は疑問視されていた。しかし、ロレックスはこの問題を、完全防水ケースの開発や、自動巻き上げ機構のパーペチュアル・ローターの発明などによって、技術的に克服していくなかで腕時計の歴史を進歩させ、ブランドの評価を高めていった。



ロエベ

1846年に、ドイツ人であるエンリケ・ロエベが小物入れ、シガレットケースなどの革製品を取り扱う小さな工房を開いたのが「ロエベ」の始まりである。当時としては珍しく、オーダーメイドから、店頭に商品を陳列する画期的な直接販売の方式に変更した。



レイバン

アメリカのボシュロム社によって設立された、サングラス専門のブランド。ブランド名が「光を遮る」という意味から名づけられたように、レイバンのサングラスは他のサングラスに比べて、物理的にも光学的にも頑丈に作られている。



ルイ・ヴィトン

ルイ・ヴィトンによってトランク工場として設立されたブランド。ルイ・ヴィトンの死後、息子のジョルジュ・ヴィトンによって受け継がれ世界的な企業へと発展する。長距離旅行に耐えれる丈夫さと便利さを備えたファション性の高い旅行鞄は、様々な人から支持を得てロングセラーとなった。



リーバイス

「リーバイス」は、1853年にリーバイ・ストラウスがカリフォルニアに雑貨屋を創業したことから始まる。探鉱者が金鉱堀りのための頑丈な衣料を求めていることに着目したリーバイ・ストラウスは、キャンバス地のズボン製造を開始し、評判を集める。さらに、ポケットが破れないように四隅にリベットを打ち込むことを提案した織物商人ヤコブ・デイビスを製造部門の責任者として迎え入れ、現在にいたるデザインの細部が作られていった。



ランバン

「ランバン」の始まりは、創始者であるジャンヌ・ランバンが、1889年にリュー・マルシェ・サントノーレに帽子店を開業したことから始まる。開業後、帽子をはじめ婦人服のデザインを手掛けるようになるが、彼女の名声を確立させたのは、ファッションブランドとしては珍しい子供服の分野であった。



ラコステ

フランス人テニス・プレーヤーである、ルネ・ラコステによって1933年に設立されたブランド。創業以来、ラコステはテニスとゴルフウェアを軸にブランドを確立してきた背景には、自身がテニス・プレーヤーであり、夫人と娘がゴルフ・プレーヤーであったことが挙げられる。



ヨウジヤマモト

設立者の山本耀司は、オーダーメイドの洋装店を営む両親のもとに生まれた。1966年慶應義塾大学法学部を卒業後、文化服装学院、セツ・モードセミナーへ入学する。1969年卒業し、同年に第25回装苑賞を受賞した。



ユニクロ

山口県宇部市で創業された「メンズショップ小郡商事」が「ユニクロ」のルーツである。創業者の息子である、柳井正が入社して、ヤング向けのカジュアルショップ「ユニクロ」を広島市に開店したのは1984年であった。「ユニクロ」のフルネームは「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」であり、「業界や世間の常識にとらわれない衣料品の倉庫」を意味している。



モスキーノ

「モスキーノ」は、1984年秋冬のミラノ・コレクションでデビューした。シャネルやヴィトン、エルメスなど老舗ブランドのロゴやスタイルをパロディ化し、ユーモアと皮肉を織り交ぜながら、新しい情報に盲目的に従う「ファッション・ヴィクティム」たちをからかった。



無印良品

西友ストアの自社ブランド商品として開発された「無印良品」。 商品開発の基本となる考え方は、素材の見直しと精選、生産工程の見直しと無駄の排除、包装の簡素化の3点である。1980年に、トイレットペーパーや歯ブラシなど家庭用品9品目と食品31品目の計40品目で西友の売場にデビューした。その後衣料品が加わり、現在は家庭用品と食品、衣料品の3分野が商品構成の3本柱となっている



ミラ・ショーン

設立者のミラ・ショーンは、1919年にユーゴスラビアのダルマティアで上流階級の家庭に生まれる。その後、両親とともにイタリアに移住し、裕福な男性と結婚した。1958年に、ミラノに小さなアトリエを開設。当時、流行の中心であったパリのデザインを、イタリア人のために再解釈して支持を得た。



ミッソーニ

オッタヴィオとロジータ夫妻によって設立されたブランド。着心地の良いスポーツ・ウェアを一般的に売り出すために、オッタヴィオはすでに友人とニットの会社を始めていたが、妻となったロジータとともに1953年にニット工房を設立。地味で単色使いが一般的であったニットに、鮮やかなストライプの柄を用いて評判を得る。



ミキモト

創業者である御木本幸吉は、1893年に半円型の真珠養殖に成功し、その12年後には真円真珠の養殖に成功した。彼は、厳しく真珠の品質をチェックし、一定の基準に満たない真珠は躊躇無く処分した。このこだわりは現在のミキモトにも継承されている。



マルニ

スイス生まれのコンスエロ・カスティリオーニによって設立されたブランド。フェンディなどのファーを扱う毛皮メーカーの社長夫人であったカスティリオーニは、毛皮を現状と違うイメージで表現したいと「マルニ」をスタートさせた。



マルタン・マルジェラ

創始者であるマルジェラはベルギーに生まれた。アントワープ王立美術アカデミーで学び、1979年に卒業。1984年から、ジャンポール・ゴルチエのアシスタントを務め、1988年にパリ・プレタポルテ・コレクションに古着を再構築したリメイク服を含むコレクションを発表する。そのスタイルは「グランジ(「見苦しい」などを意味する)と呼ばれて広がるが、保守回帰を主流とした80年代のファッションに終止符を打った。



マノロ ブラニク

カナリア諸島サンタクルスに生まれた、マノロ・ブラニクによって設立されたブランド。ジュネーヴで文学を学び、パリで美術を学び、ニューヨークへ渡る。1973年に友人の一人でロンドンの人気ブティック「ザパタ」のオーナーに依頼された靴が、オッシー・クラークのショーに使われるとたちまち評判となった。そして同じ年に初のブティックをオープンさせた。



マックスマーラ

イタリアのアキーレ・マラモッティが設立したブランド。ブランド名は「Max」(最高の)「Mara」(マラモッティの名前の一部)から成り立つ。



ポロ・ラルフローレン

ブロンクスに生まれたラルフ・リフシッツ(ローレンは芸名である)によって設立されたブランド。ラルフ・ローレンは大学中退後、ファッション・ビジネスの世界へ飛び込み、ネクタイの営業マンとなる。彼はすぐにネクタイのデザインに着手し、1967年ポロ・レーベルから販売を開始、翌年にはスーツなどのメンズ・ファッションへと展開する。ブランド名の「ポロ]とは、上流階級のスポーツの名称から付けられた。



ポール・スミス

ポール・スミスが1970年にイギリスのノッティンガムで設立したブランド。創業当初は、セレクト・ショップであったが、妻のポーリーンの協力で製作したオリジナルのネクタイやシャツの販売を行うようになり評判となる。1976年、ポール・スミスのロゴが入ったシャツを初めて販売し、その翌年にはパリでコレクションを発表する。



ホーキンス

[ホーキンス」は、1850年にジョージ・トーマス・ーキンスによって、ロンドン郊外のノーザンプトンで靴の製造が始められたことから始まる。1999年の南アフリカでのボーア戦争において軍用ブーツを提供するためアーミーブーツの開発を行ったことから、きわめて高い防水性と耐久性を備える靴を製造し、アウトドア、とりわけ登山やトレッキン用のシューズを主として販売するホーキンスにとって、大きな転機となる。



ヘルムート・ラング

オーストラリア出身のヘルムート・ラングによって設立されたブランド。「ミニマリズムの騎手」として脚光を浴びている彼の作品の特徴として、シンプルであるということが挙げられる。



ベネトン

正式名称は「UNITED COLORS OF BENETTON(ユナイテッド・カラーズ・オブ・ベネトン)」。レディス、メンズ、子供服、マタニティ服など幅広く取り揃えており、サイズやカラーバリエーションも豊富で、現在、世界120カ国、5000拠点でビジネスを展開している大企業である。



ブルガリ

ギリシアの銀細工師の一族の子として生まれた、ソティリオ・ブルガリがローマで宝飾店を創業したことから「ブルガリ」が生まれる。ソティリオの跡を継いだ二人の息子が徐々にブランドの地位を確立していき、また独自のスタイルも生み出した。



プラダ / ミュウ ミュウ

「プラダ」は、1913年にマリオ・プラダとその兄弟が、質の高い革や外国の商品を集めてミラノに設立した店から始まった。



フェンディ

日本ではバッグ類で名を知られている「フェンディ」だが、高級毛皮のコートをはじめ、モール(モグラ)やウィーゼル(イタチ)などの毛皮の概念になかったものを思いがけない色に染織し、特殊加工したTシャツやドレスなど、革新的な毛皮で有名なブランドである。



フィラ

イタリアのビエラ市に住んでいたフィラ兄弟によって、 1926年に創業された「フィラ」。その頭文字の「F」をきちょうとしたロゴマークには、赤、青、白の三色が使用されている。これは、赤は太陽、青は地中海、白は雪をイメージしている。



ファイナル・ホーム

津村耕佑によって設立されたブランド。三宅デザイン事務所入社後、1994年に「K・ZELLE」(のちの「コウスケ・ツムラ」)というレディス・ブランドを発表し、1994年秋冬パリ・コレクションで「ファイナル・ホーム」コートを発表した。これは、数十個のポケットが付いたナイロン製のユニセックスコートである。



ビルケンシュトック

ヨハネス・アダム・ビルケンシュtックによって設立されたブランド。彼は足裏の凹凸にあわせた中敷の第一号を考案したとされている。その後の経営は息子のコンラッド・ビルケンシュトック、さらにその息子カール・ビル堅守とっくに受け継がれている。



ヒューゴ・ボス

1923年にドイツのメツィンゲンという街で、メンズファッションのブランドとして創業されたブランドである。 「ヒューゴ・ボス」は、1960年代に「ボス」という単体のブランドを発表し、その後「ヒューゴ」と「バルデサリーニ」という三つのブランドに分割する戦略を打ち出した。そのため、「ヒューゴ ボス」という名前は、それらの個々のブランドの統一名としており、「ヒューゴ ボス」という単体のブランドが存在しているわけではない。



ビバ

「ビバ」は、デザイナーのバーバラ・フラニッキと、その夫でビジネスパートナーのスティーブン・フィッツサイモンが作り出したブランドである。ブランド名は、バーバラの妹であるビバの名前が由来となっている。 アートスクール卒業後、フリーランスで新聞や雑誌にファッションイラストを描いていたフラニッキは、メールオーダーによる衣料品販売を開始する。



ピエール・バルマン

サヴォア地方で生まれた創業者のピエール・バルマンは、1945年にパリにメゾンを開く。ロマンティックで気品に溢れた作風が注目を集め、クリスチャン・ディオールやジャック・ファットと並んで「三銃士」と評され、黄金時代を築く。



ピエール・カルダン

ピエール・カルダンによって設立されたブランド。ピエール・カルダンはイタリアに生まれ、1924年、フランスに移住し、14歳でテーラー仕立ての技術とテキスタイルの知識を習得する。17歳で婦人服店に弟子入りするが、第二次世界大戦勃発により徴兵され、パリがドイツ軍から解放された後、パリで有名な「パキャン」に入り、ジャン・コクトー監督の映画「美女と野獣」の製作チームの一員として参画する。



ハンティング・ワールド

創始者であるロバート・M・リーは、1959年にサファリ・ツアー会社をアフリカで設立し、一方で、彼自身もアフリカ17カ国を旅しながら動物n保護調査を行っていた。 厳しい気象条件の中、探検家の要求に応えられる服やバッグが無かったこともあり、彼は自身の経験を活かしてアウトドア・グッズの製作を思い立ち、「バチュー・クロス」を製作、高い評価を得る。同年、ニューヨークで「ハンティング・ワールド・インコーポレイテッド」を創設した。 ロゴマークの「牙の無い仔象」は、「自由」と「蘇生」の象徴とされる。



バレンシアガ

クリストバル・バレンシアガによって設立されたブランド。ジバンシィ、クレージュ、ウンガロらがバレンシアガのアトリエから独立し、パコ・ラバンヌやイヴ・サンローランに多大な影響を与えたファッション・デザイナーである。



バーバリー

バーバリーの創業は、ロンドンのサリー州に生まれた、トーマス・バーバリーによって設立された。1856年に洋服店を開業したことから始まる。服の機能性や実用性に着眼したトーマスは、試行錯誤の末に「ギャバジン」を生み出す。その後、ロンドン進出を果たし、英国の宮殿などで愛用され英国王室御用達商であり続ける。



ハナエ・モリ

森英恵によって設立されたブランド。森英恵は1926年に広島で生まれ、東京女子大学卒業後、ドレスメーカー女学院で学び、新宿にスタジオを設立。その後、数百本の映画衣装を担当するなどして名を広め、1963年に「ハナエ・モリ」を立ち上げた。



パタゴニア

創業者のイヴォン・シュイナードは登山家でもあり、「山に人間の跡を残さない」という登山家の美学の基に「クリーン・クライミング」を提唱した人物である。1977年に初のパイル・ジャケットを販売し、爆発的人気を得る。



パコ・ラバンヌ

フランシスコ・ラバネダ・イ・クエルボによって設立されたブランド。ラバンヌは1934年に、スペイン北東部のバスク地方に生まれた。軍人の父親が所属する軍隊が各地を転戦とするのと行動を共にした。17歳になったラバンヌはパリへ出て、美術学校で建築の設計を学び、硬質の無機素材への偏執を身につけた。また、生活費を稼ぐためにバッグや靴のデザインを始め、バレンシアガやシャネルなどのメゾンへ提供した。



ニナリッチ

創始者であるニナ・リッチはイタリアのトリノに生まれた。少女時代にフランスに移住し、30年以上にわたって裁縫などの技術を習得した後、息子であるロベール・リッチと小さなメゾンをパリに開いた。これが「ニナリッチ」の始まりである。



ナイキ

オレゴン州の振興運動靴メーカーを数十年で世界的な企業へと発展させたのが、カリスマ的創業者であるフィリップ・ナイトである。1964年に陸上コーチのビル・バウワーマンとブルーリボン・スポーツ社を設立する。そこで二流とされていた日本の運動靴メーカーの性能に着目し、オニツカ・タイガー製靴会社(現「アシックス」)のアメリカでの輸入・販売権を獲得。また、1971年に、三日月形のシンボルロゴの「スウッシュ」を商標登録し、新ブランドとなる「ナイキ」を立ち上げた。ギリシャ神話の勝利の女神「ニケ」が名前の由来とされている。



ドルチェ & ガッバーナ

1958年にパレルモで生まれたドメニコ・ドルチェと、1962年にミラノで生まれたステファノ・ガッバーナの2人によって設立されたブランド。2人は、1980年にミラノでデザイナーのアシスタントをしている時に出会い、その2年後に独立。1985年には、ミラノで初のレディス・コレクションを、その5年後にメンズ・コレクションを発表する。その後1994年に、イタリアのイッティエレ社から、セカンドラインとなる「D&G」を発表する。



ドリス・ヴァン・ノッテン

アントワープ出身の、ドリス・ヴァン・ノッテンによって設立されたブランド。「アントワープの6人」の一人であるドリスは、王立美術アカデミーファッション科に在学中に、ベルギーとイタリアのブランドのコレクションを既に手掛けていた、というエピソードをも持っている。また、卒業後には、製作活動だけでなく、生産、流通などビジネス面での仕事にも従事した。



トラサルディ

「トラサルディ」は、1910年イタリアのベルガモで、ダンテ・トラサルディが高級皮手袋メーカーを創業したことから始まる。なめし革で作られた上質な手袋は社交界で評判となり、注目を集めた。



トッズ

イタリアで三代続く靴メーカーであったEMA社(現「トッズ社」)は、1979年に、靴底に133個のゴム突起のついた一枚革の靴を売り出した。履き心地のいいその靴は欧米の人々の支持を得て、急成長を成し遂げる。



ドクター・マーチン

ドイツのクラウス・マーチンという名の医師が、スキー事故で怪我を負った際、リハビリのために「ドクターマーチン・ソール」という、タイヤのラバー素材に空気を入れた靴を開発した。その発明がイギリスのR・グリックス社の技術により、1960年に発売された最初のブーツとなる「14660Z」を生んだ。これが現在のドクター・マーチン社のはじまりである。



ティファニー

ティファニーの創設は1837年。当時は高級宝飾店ではなく、創設者であるチャールズ・ルイス・ティファニーが友人J・P・ヤングと協同で開いたファンシー・グッズ店であった。やがて、宝飾品や金銀細工の製造業に転じて、チャールズは単独経営者となり、一代でティファニーをニューヨークの高級宝飾店へと押し上げることに成功した。



ティエリー・ミュグレー

創始者であるミュグレーは、フランスのストラスブールに生まれた。バレエダンサーを経て、ファッション界へ踏み出した彼女は、1973年「カフェ・ド・パリ」というブランド名で発表した初コレクションが評判を呼び、「ティエリー・ミュグレー」へと発展した。



チャーチ

17世紀に、軍用靴の製造で発達した高級靴メーカーの町である、ロンドンのノーザンプトンで、チャーチ三兄弟、トマス、アルフレッド、ウィリアムによって設立された、高級紳士靴メーカー。



ダンヒル

アルフレッド・ダンヒルによって設立されたブランドである。アルヒレッド・ダンヒルは、父の営む馬具専門製造卸会社で働き始め、21歳で家を継ぎ、自分の名前で会社を起こした。しかし、車用品の需要が見込めなくなり、事業の方向転換を図り、ロンドンにタバコ専門店をスタートさせる。



ダナ キャラン / ディーケーエヌワイ

ダナ・キャランは、アン・クラインのアシスタントデザイナーとしてキャリアをスタートし、チーフ・デザイナーを経て、1985年に独立し「ダナ キャラン」を設立させた。



ソニア・リキエル

ソニア・リキエルによって立ち上げられたブランド。リキエルは1930年、フランスのパリに生まれた。専業主婦となった彼女は、自分の気に入る妊婦服を見つけられず、服作りの教育を受けたことはなかったが、マタニティドレスをデザインする。これが評判を呼び、当時の夫が経営していたブティック「ローラ」に自らデザインした服を置き始め、パリのグルネル通りにブティックをスタートさせる。



ソスウ ミハラ ヤスヒロ

創始者である三原康裕は1972年福岡に生まれた。多摩美術大学染織部在学中から靴を作り始め、以後は独学で靴を作り続け、1997年に「MIHARA YASUHIRO」を創設。



セリーヌ

1945年、セリーヌ・ヴィピアナが夫と協同でパリに店をオープンさせたことから「セリーヌ」が誕生した。デザインを担当した妻の名をそのまま店名にしたのがブランド名の由来である。



ズッカ

デザイナーの小野塚秋良によって設立されたブランド。彼は1950年に新潟県で生まれ、杉野学園ドレスメーカー学院を卒業後、三宅デザイン事務所に入社し、イッセイ・ミヤケ・オン・リミッツより男性服「オッズ・オン」を発表し好評を得た後、1988年に独立した。



スウォッチ

「スウォッチ」とはハイクオリティ、ハイデザイン、リーズナブルプライスな腕時計。ブランド名である「スウォッチ」の名前の由来は「スイスのウォッチ」から来ている。



ジル・サンダー

ハイデマリー・イリーネ・ザンダーを創始者とするブランド。ドイツのハンブルクで生まれた彼女は、クレフェルド・スクール・オブ・テキスタイルで学び、その後2年間交換留学生としてアメリカのロサンゼルス大学に在籍。女性誌のファッション・ジャーナリストとして活躍する。1968年にフリーランスのファッション・デザイナーとして活動を開始した。1973年にパリ・コレクションに参加後、1980年に撤退し、ミラノ・コレクションに参加。その直後に人気が急上昇し、1993年にパリにブティックをオープンさせる。



ジョルジオ・アルマーニ

ジョルジオ・アルマーニによって設立されたブランド。ミラノの郊外で生まれたアルマーニは、ミラノ大学医学部へ進学するが、兵役後に進路を変え、大手百貨店リナシェンテでショウウィンドウの飾りつけや展示会場の経営、メンズ・ウェアの担当として働いた後、1970年にフリーランスのデザイナーとなる。そして、1975年のミラノコレクションで「ジョルジオ・アルマーニ」を立ち上げた。



ジュンヤ ワタナベ コムデギャルソン

渡辺淳弥によって手掛けられるブランド。福島県に生まれ、文化服装学院デザイン科を卒業後、「コムデギャルソン」に入社。「トリコ コムデギャルソン」のデザイナーを経て、「ジュンヤ ワタナベ コムデギャルソン」のチーフ・デザイナーに就任し、1993年にパリ・コレクションに初参加し、活躍の場を広げた。



ジュン アシダ / ミス アシダ

京都府に生まれた芦田淳が創始者であるブランド。1966年から約10年間、現皇后の皇太子妃時代の専任デザイナーを務め、1977年に「ジュン アシダ」でパリ・コレクションにデビュー、その2年後にはパリの高級ファッション街にブティックをオープンさせた。



ジャンポール・ゴルチェ

ジャンポール・ゴルチェによって設立されたブランドである。1952年にパリ郊外のアルクイユで生まれたゴルチェは、美容師でありクチュリエールである祖母の影響を受けて育った。



ジャンフランコ・フェレ

1944年にイタリアのレニャーナに生まれた、ジャンフランコ・フェレによって設立されたブランド。フェレはミラノ工科大学建築学科を卒業するが、アクセサリーのデザインからファッションの世界に足を踏み入れ、1978年に会社を設立、「ジャンフランコ・フェレ」でミラノ・コレクションに初参加した。



ジャン・シャルル・ド・カステルバジャック

1975年にジャン・シャルル・ド・カステルバジャックによって設立されたブランド。ジャン・シャルル・ド・カステルバジャックはモロッコのカサブランカに生まれ、両親とフランスに移住し、母親が経営する既製服会社「Ko & Ko」(コーアンドコー)でデザインをし、ファッション界へのデビューを果たした。



シャネル

創始者はガブリエル・シャネル(通称ココ・シャネル)。孤児院で育てられた彼女は、上流階級の裕福な男性から融資を受け、1910年に帽子店を開き、さらにクチュール・メゾンを設立し急成長を遂げ、融資を全て返済する。その後、女性の働きやすい服を信念とし、コルセットから解放。また、「シャネルの5番」という香水でファンを魅了した。



ジバンシィ

「ジバンシィ」はユベール・ド・ジバンシィが創始者となるブランドである。



サルヴァトーレ フェラガモ

イタリアのフィレンツェに本拠地を置く、サルヴァトーレ・フェラガモによって設立されたブランドである。彼は9歳にして既にイタリアの伝統の技を習得し、15歳で渡米、ハリウッドで役柄に合わせて一点一点手作りで靴を製作した。当初は映画の衣装としての靴を手がけたが、次第に俳優たちの私用の靴も請け負うことになり、チャールズ・チャップリンなどの靴も作っていた。



ザラ

「ザラ]はアマンシオ・オルテガによって、スペイン北西部のラ・コルーニャに設立されたブランドである。「ザラ」はデザイン、生産、流通、マーケティングなどの、ファッション産業に必要な全ての過程を自社で行い、また消費者の要望を素早く商品に取り込むクイックレスポンス・システムの確実なノウハウなどによって、ファション性を重視しながらも、廉価な材質と低コストで生産するという姿勢が、消費者や業界に注目され、人気を誇っている。



ザ・ノース・フェイス

「ザ・ノース・フェイス」は1968年、アメリカの西海岸のカリフォルニア州バークレイに設立されたアウトドアブランド。最初の商品である寝袋は、品質もさることながら、「最低温度規格表示」(最低何度の気温まで快適に使用できるかの記載)を初めて行ったことで大反響を呼んだ。



コムデギャルソン

川久保玲によって設立されたブランド。慶応大学で美術を学び、旭化成の広告部で働いた後、ファッション界へ足を踏み入れた彼女は、数年後に南青山に初のショップをオープンさせる。



コーチ

1941年、マイルズ・カンと妻であるリリアンが、伝統を重んじた落ち着きのある皮革製品を作ろうと、小物の製造を始めたことから「コーチ」の幕が開けられた。



ケンゾー

高田賢三によって設立されたブランド「KENZO」(ケンゾー)。1970年にギャルリ・ヴィヴィエンヌに「ジャングル・ジャップ」をオープンさせ、着物スリーブのセーターがパリの女性に人気となり、注目を集める。



ケイタ マルヤマ

丸山敬太によって設立されたブランド。1965年、東京に生まれ、文化服装学院ファッション工科アパレルデザイン科を卒業。卒業と同時にアツキ・オオニシによるキャトル・セゾンの企画デザイナーに就任し、1990年に独立し、「ドリームズ・カム・トゥルー」などのミュージシャンやタレント、コマーシャルの衣装デザイン製作で注目を集める。



クレージュ

「クレージュ」の創始者であるアンドレ・クレージュは南フランスナヴァール地方の中心都市であるポーの出身。



クリスチャン ラクロワ

デザイナーであるクリスチャン・ラクロワはフランスのアルルに生まれた。クリスチャン・ラクロワの特徴として、この出身地である南フランスに着想を得た、赤紫とイエローの組み合わせといった、強烈な印象を与える独特の色彩センスが挙げられる。



クリスチャン・ディオール

創始者である、クリスチャン・ディオールは、フランス北西部の裕福な家に生まれた。パリ政治学院を卒業後、帽子のデザイン等を行い、ドレスやスーツなどを製作するようになった。



キャシャレル

創始者であるジャン・ブスケは、1932年に縫製機商人の息子としてフランスに生まれた。技術学校に通って資格を取った彼は、パリに渡り小さなお店を開いてシャツを作った。その後、ブスケは「キャシャレル」を創業する。



カルバン・クライン / シーケー

創始者であるカルバン・クラインは1942年にニューヨークのブロンクスで生まれた。ファッション工科大学卒業後、アシスタント・デザイナーやフリーランスとしてキャリアを積んだ後、自身のブランドである「カルバン・クライン」を設立する。



カルティエ

高級宝飾店としてのカルティエは、ルイ・フランソワ・カルティエによって、1847年に創設された。宝飾品が夜会などで光を放つ時代であり、貴族趣味溢れる作風のカルティエのジュエリーは、必然的に貴族たちの注目を集めた。そして、伯爵、皇帝などに広まり、各国の王侯貴族がカルティエのサロンを訪れ、世界中の王室御用達となった。



カネコ・イサオ / ワンダフル・ワールド

創始者である金子功は1939年山口県に生まれた。文化服装学院を卒業後、セツ・モード・セミナーに入学した。文化服装学院の同窓にはコシノジュンコ、高田賢三、松田光弘らがいる。



オゾック

1993年に「O・Z・O・C」は田山淳朗をチーフ・デザイナーに、アパレル企業である「ワールド」から発表されたブランドである。1990年代、世界の企業はマーケティングにコンピュータを採用し、現場の情報を迅速な需要予測につなげるという流れをいち早く取り入れたブランド。



エルメス

高級馬具工房としてのエルメスの創業は19世紀、1837年と長い歴史を持つブランドである。当時、馬車が人々の交通手段であったが、おしゃれな馬車はパリの貴族の生活に不可欠なものであり、エルメスの持つ独特な高級感は貴族たちに人気を博していた。



エミリオ・プッチ

色彩の魔術師、プリントのプリンス、などの異名を持つ、イタリアのデザイナーである、エミリオ・プッチは、デザイナーとしては珍しくフィレンツェの名門貴族として生まれた。彼は生来スポーツマンであり、実際デザイナーとしてのプッチの作品が認められたのも、スキーウェアによってだった。一族の歴史のなかで初めての「働く男」が誕生した。



エトロ

「エトロ」はペイズリー柄で知られるイタリアのファッションメーカーである。創設者である、ジェロラモ・エトロはミラノで生まれ建築家を志していたが、ファション・デザイナーなどに生地を提供するテキスタイル・メーカーを設立する。優れた品質と美しいデザインで、世界的な評価と注目を集める。



ヴェルサーチ

創始者のジャンニ・ヴェルサーチは、ジャンフランコ・フェレ、ジョルジオ・アルマーニと共に「ミラノの3G」と呼ばれた、イタリアを代表するブランドである。



ヴィクター&ロルフ

フィクター・ホルスティングと、ロルフ・スノーレンによって設立されたブランド。アムステルダムに生まれた彼らはアーヘンの美術学校でで出会いユニットを組んだ。その後、三つの賞を獲得し、活動の幅を広げていく。



ヴィヴィアン・ウエストウッド

1970年代に起こった、パンク運動のまっただなかにファッション界に登場した、イギリスのカリスマブランド。創設者のヴィヴィアン・ウエストウッドが、アート・プロデューサーであるマルコム・マクラーレンをビジネス・パートナーに迎え、ロンドンに「レット・イット・ロック」というブティックを開いたことから始まる。



ヴァン・ジャケット

創始者である、石津謙介は明治大学を卒業後、中国・天津の大型洋服店「大川洋行」に就職し紳士服を担当する。そこで出会ったアメリカ軍将校に「アイビー・リーグ」の話を聞き感銘を受ける。これこそが石津謙介のアイビー・ファッションの原点となる。



ヴァレンティノ ガラヴァーニ

デザイナーの、ヴァレンティノ ガラヴァーニは1932年にイタリアで生まれた。幼児期からファッションに興味を持ち、高校卒業後ミラノでデザインスクールとフランス語スクールに通い、パリへ移る。1959年に、ローマにサロンをかまえ、翌年、長年にわたって彼を支えることになるビジネスパートナーの、ジャンカルロ・ジャンメッティを迎え、次々とコレクションで成功を収めた。



イッセイミヤケ

三宅一生によって設立されたブランド。三宅一生は、1938年に広島で生まれ、多摩美術大学卒業後パリへと渡り、パリ・クチュール組合によって設立された学校を修了した。



イエーガー

上質なニットとウール製衣料を主体としたイギリスの高級ブランド。大学教授の「ギュスターヴ・イエーガー博士」が、このブランド名の由来となったものである。



イヴ・サンローラン / イヴ・サンローランリブ・ゴーシュ

アルジェリア生まれのフランス人、イヴ・サンローランによって設立されたブランド。彼はディオール氏に才能を認められ、ディオール氏の死後、21歳の若さにして後継者となり、注目を浴びた。



アン・ドゥムルメステール

アン・ドゥムルメステールにより設立されたブランド。彼女はベルギーに生まれ、王立美術アカデミーを卒業後、卒業生とともにロンドンの展示会に参加。その際、バイヤーの注目を集めた6人は「アントワープの6人」として紹介されるようになる。



アラン・ミクリ

設立者であるミクリは、1955年のフランス生まれ。パリ・フレネル眼鏡学院を卒業後、眼鏡店勤務を経て独立したことが「アラン・ミクリ」の始まりである。



アーペーセー

ジャン・トゥイトゥにより設立された、カジュアルでベーシックな服こそおしゃれである、という価値観を定着させたブランドとして知られている。



アニエス・ベー

設立者は、アニエス・トゥルブレという女性である。アニエス・ベーの「B」は、最初の夫の姓の頭文字で、現在はその夫の長男が経営を担当している。



アナスイ

1955年にミシガン州で生まれたアナによって設立されたブランドである。コレクターだった母の影響を受け、5歳からダイアナ・ヴリーランドの「ヴォーグ」などのファッションページを切り取り、貼り付けることをし始めた。これが、後に有名になったアナのインスピレーションの源となる「ジーニアス・ファイル」(天才のファイル)である。



アディダス

ドイツのアドルフ・ダスラーと弟ルドルフによって「ダスラー兄弟社」が設立され、後に分裂、兄のアドルフによって「アディダス」が誕生した。弟は「ルーダ」(後の「プーマ」)を設立する。



アズディン・アライア

チュニジア出身のボディコンシャス・モードの創始者でもあるアズディン・アライアによって設立されたブランド。



アクアスキュータム

日本では、バーバリーと並ぶイギリスの2大コートブランドとして知られている。創始者であるジョン・エマリーが発明した防水加工したウール地の発明により一躍脚光を浴び、社名も現在の「アクアスキュータム」へと変えられた。



 

 

 

 

ファッションブランド一覧(索引)